スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

確定拠出年金法の成立と施行

投稿日:2015年5月23日 更新日:

・確定拠出年金法と確定給付企業年金法の成立と施行

確定拠出年金法と確定給付企業年金法の成立と施行により、今後の企業年金の体系は、厚生年金保険法の第9章に基づく「厚生年金基金」、確定給付企業年金法の第1章から第11章および第13章に基づく「確定給付企業年金」、確定拠出年金法に基づく「確定拠出年金」(基本的には、企業型年金)、の3つの制度を中心とする体系に再編成されており、かつ、企業の労使の選択により、この3つ制度の間において移行が可能となっている。

厚生年金保険法における厚生年金基金に関する規定の改正とその関連の改正(確定給付企業年金法附則第7条から第16条まで)、中小企業退職金共済法の一部改正(同附則第17条)、確定拠出年金法の一部改正(同附則第18条)、所得税や法人税など税法の改正とその関連の改正(同附則第19条から第34条まで)などが行われている。

新たな給付建ての企業年金の体系を整備したうえで

新たな給付建ての企業年金の体系を整備したうえで、適格退職年金を10年間で廃止して(2002《平成14》年4月1日以後新規契約は締結できず、既存の契約も2012《平成24》年4月1日以後は税制上の規定が適用されない)、基本的にこの新しい体系に移行するよう、必要な措置が講じられているのである。

確定給付企業年金法は、厚生年金基金から確定給付企業年金への移行に係る部分など一部を除き、2002(平成14)年4月1日から施行されている。確定給付企業年金法では、その本則において、新しい企業年金である確定給付企業年金の具体的な仕組み等、確定給付企業年金について税制上の措置を講じること、確定給付企業年金と他の企業年金である厚生年金基金や確定拠出年金の企業型年金との間の移行に関する事項が定められている。また、その附則において、確定給付企業年金制度の創設に伴う、関連諸制度の改正が行われている。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

CB型のメリットは

CB型のメリットは、確定拠出年金とは異なり、60歳に達する前に退職した場合でも、退職時点で一時金給付を受けることができる点である(もっともこれはCB型に限った話ではなく、給付建ての企業年金全般に言える …

no image

社会保険庁がもつ保険料滞納者への資産差し押さえの権限

ある専門家は語る。社会保険庁がもつ保険料滞納者への資産差し押さえの権限は、10年以上も前に5件ほど試されただけで、それ以降、その権限は行使されていないという状況は、妙に納得がいく。適切なインセンテイブ …

no image

負担を逃れられない税として負わなければならないもの

1999年度の基礎年金給付額は約14兆円であり、この給付額は、保険料を支払っている被保険者たちが免除制度の適用を受けようが受けないでいようが、変わるものではない。被保険者たちは、約14兆円の基礎年金給 …

no image

企業年金加入者及び受給者の受給権保護を図る観点

支払保証制度に関して、国会審議において確定給付企業年金法附則第6条の検討規定の対象に含まれていることが確認されたほか、衆参両院の厚生労働委員会の附帯決議においても、政府において適切な措置を講じるべき第 …

no image

規約で定める加入者資格を取得したとき

実施事業所に使用される者が、規約で定める加入者資格を取得したときには加入者となり(確定給付企業年金法第26条第4号)、その加入者資格を喪失したときには加入者でなくなることとなる(確定給付企業年金法第2 …