スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

確定拠出年金法の成立と施行

投稿日:2015年5月23日 更新日:

・確定拠出年金法と確定給付企業年金法の成立と施行

確定拠出年金法と確定給付企業年金法の成立と施行により、今後の企業年金の体系は、厚生年金保険法の第9章に基づく「厚生年金基金」、確定給付企業年金法の第1章から第11章および第13章に基づく「確定給付企業年金」、確定拠出年金法に基づく「確定拠出年金」(基本的には、企業型年金)、の3つの制度を中心とする体系に再編成されており、かつ、企業の労使の選択により、この3つ制度の間において移行が可能となっている。

厚生年金保険法における厚生年金基金に関する規定の改正とその関連の改正(確定給付企業年金法附則第7条から第16条まで)、中小企業退職金共済法の一部改正(同附則第17条)、確定拠出年金法の一部改正(同附則第18条)、所得税や法人税など税法の改正とその関連の改正(同附則第19条から第34条まで)などが行われている。

新たな給付建ての企業年金の体系を整備したうえで

新たな給付建ての企業年金の体系を整備したうえで、適格退職年金を10年間で廃止して(2002《平成14》年4月1日以後新規契約は締結できず、既存の契約も2012《平成24》年4月1日以後は税制上の規定が適用されない)、基本的にこの新しい体系に移行するよう、必要な措置が講じられているのである。

確定給付企業年金法は、厚生年金基金から確定給付企業年金への移行に係る部分など一部を除き、2002(平成14)年4月1日から施行されている。確定給付企業年金法では、その本則において、新しい企業年金である確定給付企業年金の具体的な仕組み等、確定給付企業年金について税制上の措置を講じること、確定給付企業年金と他の企業年金である厚生年金基金や確定拠出年金の企業型年金との間の移行に関する事項が定められている。また、その附則において、確定給付企業年金制度の創設に伴う、関連諸制度の改正が行われている。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

確定給付企業年金法について

・企業年金法は当初は、企業年金基本法として構想 企業年金法は当初は「企業年金基本法」として構想されていた。1998(平成10)年3月31日の「規制緩和推進3カ年計画」(閣議決定)も同趣旨の内容となって …

no image

相続税の最高税率が2003年1月1日より50%に引き下げられた

相続税の最高税率は2003年1月1日より50%に引き下げられた。まず、現代社会はく給付反対給付の原則とく機会均等の原則を基本原則にもつし、もつべきであると思う人々から構成されているものとしょう。このと …

no image

退職金がわが国の企業年金の給付原資であることが多い

わが国の企業年金の給付原資は退職金であることが多い。しかし、今後の企業年金のあり方を考えるうえでは、税制優遇を受けながら被用者の老後所得保障の柱の1つとしての役割を担っていくという意味において、企業年 …

no image

公的年金制度の再構築

国民年金には相当の高所得者も含まれているのであるが、定額の保険料しか徴収されていない。そこに、比例拠出・応能負担の職域年金から、所得が再分配されている。ゆえに、所得の垂直的再分配という納得の仕方も難し …

no image

適格退職年金を実施している企業が企業年金基金を設立するには

適格退職年金を実施している企業が企業年金基金を設立するには、事務所や企業年金基金の組織などを新たに用意することになる。一方、厚生年金基金が規約型企業年金に移行するには、福祉事業などを整理しなければなら …