スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

過去形でほめてみましょう

投稿日:

センスを伸ばしてあげたいなら「リズム感や音感がとてもよくなった」「創意工夫ができた」、生活力を伸ばしてあげたいなら「あなたはお片づけがしっかりできるようになった」、引っ込み思案な子に社会性や自主性をつけてあげたいなら「あなたはものをはっきり言えるようになった」と過去形でほめてみましょう。

子どもは今を肯定してあげるほうがうんとはやく伸びていくもの。「なった」「できた」とレッテルを貼り替えてあげると、脳が暗示を受けて本当にできるようになってしまうのです。何より子どもは「なった」「できた」自分になりたいと思っているのですから。

保育所に通っていたある男の子は、いくら注意してもほかの子に噛み付いて泣せてしまい、お母さんも保育士さんも大変に困っていました。それを聞いていたは、ある日その保育所に行った際に、その男の子にこのように言いました。

「〇ちゃん、お友達のことを噛まなくなったね。お友達を大事にするようになったんだね。お兄ちゃんになったんだねー」すると、これまで毎日のようにお友達に噛み付いていたその子が、その日は噛み付かずに過ごせたのです。言葉のパワーを日の当たりにして、私自身も感動してしまいました。

あとよし言葉でほめる

また、「あとよし言葉」でほめる。あとよし言葉とは、ほめ言葉を後にもってくる言い方を言います。言葉は後にくるもののほうが心に残ります。ほめ言葉も、後ろにもってくることで長所やよいところが強調され、子どもによいイメージがついていくのです。

例えば「お友達には親切だけれど、テキパキできないね」と先にほめ言葉がくると、あとの言葉のほうがインパクトとして強く残ってしまい、「自分はテキパキできない」というイメージをもちやすくなります。

過去形でほめてあげても、すぐにはできるようになっていかないかもしれません。でも繰り返し繰り返し、根気よく言い続けてみてください。言い続けて三週間もする頃には、子どもの顔が変わり、やれなかったことが少しずつでもやれるようになっていくはずです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの色々な動き

・赤ちゃんの動き あなたの手指につかまって、寝ている姿勢から座ろうとする。胸に抱いていると、立ち上がろうとしてあなたの手(指)を握ってくる。幼児用のイスやベビーサークルで座らせると、多前に歩こう、とし …

no image

お兄ちゃんなんだから我慢しなさいという言葉

長男の場合、一家の期待や親の願望を背負わされて、小さい頃から。勉強のできる優等生のいい子、でいることを強いられていることも少なくありません。長女なら弟妹たちのお世話やお母さんの手伝いなどを進んでしてく …

no image

伝えたいこと言いたいことがいっぱいあっても

伝えたいこと、言いたいことがいっぱいあっても、言葉を駆使してわかってもらう術を身につけていないのです。だからこそお母さんには、子どもの動作や表情といったボディランゲージまですべて含めて、子どもの全体の …

no image

思春期に暴れる子供に分かってもらうには

今の若いお母さんたちには、「自分の子育てはこれでいいのかしら」と絶え間ない不安を感じていらっしゃる方が多いようです。「こんなことでは子どもがきちんと育っていかないのではないかしら」「将来、こんな子にな …

no image

女の子の扱い方が粗末にならないよう気をつける

男尊女卑の意識の強い父親に対して反感を持ち、思春期以後になって、口をきかなくなった女の子もいます。きょうだいを比較することは、絶対にやめるべきです。親としては、激励する意味で、「お姉ちゃんは成績がよい …