スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

過去形でほめてみましょう

投稿日:

センスを伸ばしてあげたいなら「リズム感や音感がとてもよくなった」「創意工夫ができた」、生活力を伸ばしてあげたいなら「あなたはお片づけがしっかりできるようになった」、引っ込み思案な子に社会性や自主性をつけてあげたいなら「あなたはものをはっきり言えるようになった」と過去形でほめてみましょう。

子どもは今を肯定してあげるほうがうんとはやく伸びていくもの。「なった」「できた」とレッテルを貼り替えてあげると、脳が暗示を受けて本当にできるようになってしまうのです。何より子どもは「なった」「できた」自分になりたいと思っているのですから。

保育所に通っていたある男の子は、いくら注意してもほかの子に噛み付いて泣せてしまい、お母さんも保育士さんも大変に困っていました。それを聞いていたは、ある日その保育所に行った際に、その男の子にこのように言いました。

「〇ちゃん、お友達のことを噛まなくなったね。お友達を大事にするようになったんだね。お兄ちゃんになったんだねー」すると、これまで毎日のようにお友達に噛み付いていたその子が、その日は噛み付かずに過ごせたのです。言葉のパワーを日の当たりにして、私自身も感動してしまいました。

あとよし言葉でほめる

また、「あとよし言葉」でほめる。あとよし言葉とは、ほめ言葉を後にもってくる言い方を言います。言葉は後にくるもののほうが心に残ります。ほめ言葉も、後ろにもってくることで長所やよいところが強調され、子どもによいイメージがついていくのです。

例えば「お友達には親切だけれど、テキパキできないね」と先にほめ言葉がくると、あとの言葉のほうがインパクトとして強く残ってしまい、「自分はテキパキできない」というイメージをもちやすくなります。

過去形でほめてあげても、すぐにはできるようになっていかないかもしれません。でも繰り返し繰り返し、根気よく言い続けてみてください。言い続けて三週間もする頃には、子どもの顔が変わり、やれなかったことが少しずつでもやれるようになっていくはずです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が反抗しないのは逆に問題

反抗をしない子どもについて、どう考えたらよいでしょうか。それには、これまでにいたずらをしてきた子どもか、おとなしかった子どもかどうかを考えてみることです。いたずらをしてきた子ども、そして、それをお母さ …

no image

赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れる

それぞれの赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れることを忘れないようにして下さい。赤ちゃんに大きな変化、が起きると、例外なく扱いにくい危険な時期、が訪れます。気難しい赤ちゃんは、ふだんから親の注意を引こ …

no image

手の届かない所にある物をつかもうとするなどの赤ちゃんの特徴

赤ちゃんの特徴には色々ある 手の届かない所にある物をつかもうとする。 とりわけ、オモチャや自分の手、ロなどは細かい部分まで念入りに調べようとする。 魅せられたように繰り返しの動作をじっと眺める。例えば …

no image

子どもの食欲やからだの発育発達の「個性」を大切にすること

子どもの食欲やからだの発育の「個性」を大切にすることが必要です。子どものからだの発育の「個性」は、大きい子もあり小さい子もあり、太っている子もありやせている子もあり、さまざまな発育となって現われます。 …

no image

母親や父親が動物嫌い

動物には、小鳥にせよ、犬や猫にせよ、餌を与えなければなりません。お腹をすかせてはかわいそうです。また、寒い思いをさせてもかわいそうです。お腹がすいていないか、寒い思いをしていないか、さらには、洪しくな …