スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

過払い金還請請求権の消滅時効

投稿日:2015年8月3日 更新日:

・過払い金還請請求権の消滅時効

一度完済した取引について計算したところ、過払金が発生していたのですが、その過払金は時効で消滅してしまうのでしょうか。他の業者については、I0年以上前にいったん完済したのですが、その数年後に再び借入れをし、取引を継続してきました。

法定利率で引直計算をして過払金の返還請求をしたところ、貸金業者は「10年以上前の過払金返還請求権は時効で消滅しているので支払う義務はない」と主張してきました。10年以上前に、貸金業者から借入れをして、その後、途切れることなくずっと僧入れと返済を続けています。10年以上前に発生している過払金の返還請求は認められないのでしょうか。

「回答」

過払金が発生した日ごとに消滅時効が進行するとしても、取引が継続している限り、発生した過払金は次の借入れに充当されますから、10年前に発生した過払金は通常残っておらず、時効消滅することはありません。

過払金返還請求権の消滅時効期間は10年

過払金の消滅時効は、過払金が発生した日ごとに進行するのではなく、取引の全体について、最終取引日の翌日から進行すると考えられますから、最終取引日から10年以内であれば、消滅時効は完成していません。

途中完済により、取引が中断していても、発生した過払金は次の借入れに充当されますからこの場合も過払金が時効消滅することはありません。

過払金債権が、返済のたびに発生し、返済の回数分だけ複数存在すると考えても、取引(借入れと返済)が継続している場合には、借入れをするごとに「古い過払金」から順次充当されていきます。その結果、過払金返還請求訴訟を提訴する時点では、10年以上前に発生した過払金債権は、その後の借入れで充当されて消滅し、消滅時効の前提となる債権自体が失われ、時効の主張が意味をなさないと考えることができます。

過払金の消滅時効の起算点については、過払金が発生した日ごと(返済日ごと)に、発生した日から個別に消滅時効が進行するという考え方、過払金を発生した日ごと(各返済日ごと)に個別に評価しないで、全体として一定の時期(主には取引の終了時)から消滅時効が進行するという考え方があります。これについては、当該貸金業者との取引が継続している場合と、中断している場合とに分けて考える必要があります。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

訴訟提起とその後の訴訟活動

・訴訟提起とその後の訴訟活動 第1回の裁判後、どのような主張・立証活動を行えばよいでしょうか。貸金業者が全部の取引履歴を開示しないので、仕方なく自分の記憶に基づいて取引履歴を再現して訴訟を提起しました …

no image

法律が定める裁判所の管轄と移送

・法律が定める裁判所の管轄と移送 「移送」 裁判所は、提起された裁判が、その管轄に属しないと認めるときには、立てによりまたは職権で、管轄のある裁判所に移送します。 「合意管轄」 当事者が管轄について合 …

no image

下級審判例取引に中断があった場合に当然充当を認めた判例

下級審判例取引に中断があった場合に当然充当を認めた判例として、商工ローン関係の判例では東京高裁平成14年判決、大阪高裁平成14年1などがあります。サラ金関係では、約2年4カ月の空白期間がある場合に、第 …

no image

訴訟提起後の和解基準

過払金返還請求訴訟の現状として、裁判所の判決も圧倒的に顧客側に有利です。貸金業者であれば支払能力に問題もなく、減額和解に応じなければならない必要はありません。特段の事情がない限り、法定利率で引直計算を …

no image

訴状作成方法のポイント

・訴状作成のポイント 請求の原因の中の、消費貸借契約の特定、取引履歴の内容、利息の請求の根拠の記載について注意すべきポイントは何ですか?過払金返還請求訴訟の訴状を作成する際、当事者の選定や請求の趣旨の …