スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

過払い金還請請求権の消滅時効

投稿日:2015年8月3日 更新日:

・過払い金還請請求権の消滅時効

一度完済した取引について計算したところ、過払金が発生していたのですが、その過払金は時効で消滅してしまうのでしょうか。他の業者については、I0年以上前にいったん完済したのですが、その数年後に再び借入れをし、取引を継続してきました。

法定利率で引直計算をして過払金の返還請求をしたところ、貸金業者は「10年以上前の過払金返還請求権は時効で消滅しているので支払う義務はない」と主張してきました。10年以上前に、貸金業者から借入れをして、その後、途切れることなくずっと僧入れと返済を続けています。10年以上前に発生している過払金の返還請求は認められないのでしょうか。

「回答」

過払金が発生した日ごとに消滅時効が進行するとしても、取引が継続している限り、発生した過払金は次の借入れに充当されますから、10年前に発生した過払金は通常残っておらず、時効消滅することはありません。

過払金返還請求権の消滅時効期間は10年

過払金の消滅時効は、過払金が発生した日ごとに進行するのではなく、取引の全体について、最終取引日の翌日から進行すると考えられますから、最終取引日から10年以内であれば、消滅時効は完成していません。

途中完済により、取引が中断していても、発生した過払金は次の借入れに充当されますからこの場合も過払金が時効消滅することはありません。

過払金債権が、返済のたびに発生し、返済の回数分だけ複数存在すると考えても、取引(借入れと返済)が継続している場合には、借入れをするごとに「古い過払金」から順次充当されていきます。その結果、過払金返還請求訴訟を提訴する時点では、10年以上前に発生した過払金債権は、その後の借入れで充当されて消滅し、消滅時効の前提となる債権自体が失われ、時効の主張が意味をなさないと考えることができます。

過払金の消滅時効の起算点については、過払金が発生した日ごと(返済日ごと)に、発生した日から個別に消滅時効が進行するという考え方、過払金を発生した日ごと(各返済日ごと)に個別に評価しないで、全体として一定の時期(主には取引の終了時)から消滅時効が進行するという考え方があります。これについては、当該貸金業者との取引が継続している場合と、中断している場合とに分けて考える必要があります。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

新規カード会社の参入-業界の顔を脅かす存在に

成長余力が高く、イメージアップにも繋がるクレジットカード業界に進出しようと消費者金融は大手(アコム、プロミス、アイフル、三洋信販)をはじめとして活発な動きを見せていた。消費者金融市場は急拡大を遂げたが …

no image

クレジット産業はその成長性が注目されている数少ない分野

不況が長引き、低迷を余儀なくされる産業が多いなか、クレジット産業はその成長性が注目されている数少ない分野だ。販売信用のうち、クレジットカードによる支払いはカードショッピングと呼ばれて、販売信用の中心に …

no image

過払い金などの当然充当とは何か?

充当の根拠として、貸金業者の約定利息が高利(出資法により29.2%まで可)であることに比べ、借り手側の過払金返還請求の法定金利(5%〜6%)との間には大きな格差があり、衡平の観点からはそれを是正すべき …

no image

施行規則17条2項で貸金業者

・施行規則17条2項で貸金業者 電算化による貸金業者の一元管理の利益も考慮して、施行規則17条2項で貸金業者は、その営業所等において、その業務に関する法第19条に規定する帳簿の記載事項を記載した書面を …

no image

三井住友銀行フィナンシャルグループなどの業界の構図

三井住友フィナンシャルグループは、規模では三菱・UFJ連合には負けるが、核となる三井住友カードは、持ち株会社内では三井住友銀行と同等の立場で発言力が強い。銀行との強力なタッグでカードサービスの充実に邁 …