スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

過払い金回収の交渉は相当困難を要するが

投稿日:2019年9月2日 更新日:

引直計算の裏ワザ的方法が存在します。例えば、消費者金融業者が、取引経過を10年分しか出してこない場合に、開示された取引経過の当初残高をゼロ円として引直計算することができるのです。

・業者の抵抗が強いときは、弁護士に相談しよう

話し合いの交渉では、過払い金の回収は相当困難であることも事実です。残高ゼ口円計算に対し、消費者金融業者は強く抵抗します。残高ゼ口円計算は、誰にでもできる容易な計算方法です。しかし、現実の取引経過の一部分を取り出して計算する特殊な計算方法であることも事実です。難しいと思ったときには、訴訟をする前に弁護士に相談することをおすすめします。抵抗があまりに強いのに無理にこちらも負けじと抵抗しても、らちがあかない場合が多いので、あっさりと弁護士に任せてしまいましょう。

貸し付けたことの証明は貸した側が行うこと

・貸し付けたことの証明は貸した側が行うこと

貸付けがあったことについては、消費者金融業者側が証明しなければなりません。業者が残高があると主張するのであれば、契約当初からの全取引経過を開示したうえで、法定金利で引直計算して借金が残っていることを証明しなければなりません。しかし、業者側が当初貸付けの残高を証明せず、一方、借り手側が残高を争った場合、訴訟上は貸付残高はゼ口円として計算されることになります。

開示義務があるのに取引経過を出さない業者側が悪いのです。裁判になった後に、業者側が10年を超える取引経過を出してきたとさには、再度計算し直せばよいのです。

このような計算をした場合、消費者金融業者側は、いきなり返済から始まる取引きなどありえない。残高は〇〇円残っていたのだなどと反論してさます。しかし、そのときは、では、それだけの残高がある証拠として、それまでの取引経過を出してくださいと言ってください。こういったことを実践するのは勇気がいることではありますが、恐れずに毅然とした態度でのぞむようにしましょう。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

借主返済が遅れたり返済ができなくなる場合

借主(債務者)の返済が遅れたり、借金の返済ができなくなると、貸主(債権者)は様々な方法で貸金の回収をはかろうとします。被害にあったら、基本的には、消費生活センターや弁護士など専門家に相談することをお勧 …

no image

これ以前の取引はない取引履歴を廃棄したと主張された場合

・これ以前の取引はない、取引履歴を廃棄したと主張された場合 このような場合、どうしたらよいのでしようか。原告の主張する取引開始時にはそもそも取引がなかったから文書は存在しないと主張されました。また、文 …

no image

施行規則17条2項で貸金業者

・施行規則17条2項で貸金業者 電算化による貸金業者の一元管理の利益も考慮して、施行規則17条2項で貸金業者は、その営業所等において、その業務に関する法第19条に規定する帳簿の記載事項を記載した書面を …

no image

クレジットカードの包括契約の締結など

サラ金業者のほとんどが、借入限度額(極度額)の枠内であれば債務者は自由に借入れ・返済ができるという包括契約を締結しています。契約上の地位の移転は、単に債権の移転をするのではなく、債権を発生させた原契約 …

no image

包括契約であっても個別契約であっても計算方法は同一

取引に約5年9カ月間の空白期間がある事案で、「消費者金融における顧客にとって過払金がいつどれだけ発生しているのかといった事実を認識することは困難であり(この事実は、通常、事後に判明する。)過払金に係る …