スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

カード発行枚数は頭打ちだがショッピング取扱高は伸びている

投稿日:2019年9月9日 更新日:

カードを10枚持っていた人も2〜3枚に減らしている。そのため、カード発行枚数は頭打ちとなり、これ以上は大きく伸びないと見られている。それなのに、ショッピング取扱高は順調に伸びている。それは何故かというと、カードが日常生活に浸透していることがある。カードをもって、使ってみて、みながキャッシュレスの便利さに気づき始めたからだ。

国民1人あたりほぼ2枚は持っている発行枚数については、ここに来て伸び悩みの傾向がはっきりでている。これはカード会社がカード発行枚数のカウント法を変えたことが関係している。

これま日本クレジット産業協会の調べによると、1992年のバブル崩壊以来、日本経済がマイナス成長を続けるなかで、クレジットカードのショッピング取扱高だけは、ほぼ毎年10%内外の割合で伸びている。2002年にはショッピング取扱高は24兆6790億円で前年比6%増であった。また、同協会が発表したクレジットカードの発行枚数も2003年3月末で2億5400万枚と前年比3・8%の増加となった。

手持ちのカード枚数を絞り込んでいる

では累積発行枚数をカウントして発表していたが、今は残高ベースに変わってきたからだ。しかし、それ以上に利用者がデフレ不況にともない、手持ちのカード枚数を絞り込んでいることが大きい。

融資額の伸びは続いているものの、不況やリストラの影響で個人の自己破産が急増しており、それにともなって消費者金融の貸し倒れも増加し、専門業者の利益を圧迫している。実際、各社ともここにきて貸し倒れ損失を計上して減益を余儀なくされている。こうしたことから、これまで成長著しかった消費者金融業界も伸びに一服感が出ており、今後の新たな展開が注目されるところだ。大手業者のシェア拡大が目立っており、04年の融資残高ではトップのアコムが1兆6128億円を確保しているほか、武富士、プロミス、アイフルの上位4社で約6兆円の融資残高を誇っている。しかし、近年になって課題も生じてきている。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

個品割賦は長期的に-シェア拡大の余地は少ない

個品割賦ではクレジットカードと違ってその都度審査や契約が必要で、利用しにくい面があることは確かだ。現在のようにクレジットカードが広く普及し、カードが利用できる加盟店が急増しているなかにあっては、手続き …

no image

クレジットカードの包括契約の締結など

サラ金業者のほとんどが、借入限度額(極度額)の枠内であれば債務者は自由に借入れ・返済ができるという包括契約を締結しています。契約上の地位の移転は、単に債権の移転をするのではなく、債権を発生させた原契約 …

no image

下級審判例取引に中断があった場合に当然充当を認めた判例

下級審判例取引に中断があった場合に当然充当を認めた判例として、商工ローン関係の判例では東京高裁平成14年判決、大阪高裁平成14年1などがあります。サラ金関係では、約2年4カ月の空白期間がある場合に、第 …

no image

トヨタTSカードキャッシングなどの躍進

トヨタカードは今後、カードと保険、証券、リース、ローンと組み合わせて、相乗効果を得ようとしている。トヨタTS3カードは、ドライビングファイナンシングライフスタイルという3つのトータルサポート(TS)を …

no image

4大メガバンクの下で再編が進み母体行との間で相乗効果

4大メガバンク(みずほ、三井住友、LFJ、三菱東京)の誕生の影響で、系列のカード会社の再編も進み、銀行との関係が一層緊密になったが、その過程で消えたブランドもある。一方、自動車、電気、通信、交通など各 …