バイク

カーブの切り返しテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足(外側)に力を入れ、同時にお尻をサッと左へ移動し、やや遅れて上半身を追従させる。これでマシンは垂直になるはずだ。

右フルバンクから左フルバンクへ切り返すには、どのような動作を行ったらよいか考えてみよう。1つめが右コーナーであれは、対向車がこないことを確認して、センター寄りを通過し、1つめの出口で切り返す場所を見きわめる。右コーナーを回っているが次は左なので、ヘングオンを行う場合も腰はあまり内側へ落とさず、つねに先の左コーナーを想定する。

アクセルは、マシンを切り返すときにタイミングよくポンと全開から少し戻し、左バンクが決まる寸前に、再び全開にする。1つめと2つめのコーナーが離れている場合は、切り返すスピードを遅らせ、近い場合は、一気に切り返す。

上りコーナーでの注意点は

上りコーナーでの注意点は、確実にパワーバンドに入るギヤを使用する。右カーブの場合は対向車に注意し、あまり早くからセンターへ寄らない。タイトターンの左カーブでは、エンストに注意する。ビギナーは、カーブ入口からアクセルオンで立ち上がる練習をする。タイミングが早すぎて2つめのイン側へ入りすぎた場合は、バンク角を少し減らし、逆の場合は、より深くバンクさせてコースを修正するとよい。

コーナーの場合は、ブレーキがよく効くので、下りてくる対向車に気をつけていれば、あとはそれほど難しくない。ビギナーや女性の場合、大きくバンクのついたタイトな左コーナー(20km/h以下で曲がるへアピンコーナー)では、十分注意しなければならない。バンクがついているために、ついアクセルを開けて入っていくと、意外にカーブがきつく、バンク角を増したり、ギヤダウンせざるを得ないことがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加