スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

カーブの切り返しテクニック

投稿日:

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足(外側)に力を入れ、同時にお尻をサッと左へ移動し、やや遅れて上半身を追従させる。これでマシンは垂直になるはずだ。

右フルバンクから左フルバンクへ切り返すには、どのような動作を行ったらよいか考えてみよう。1つめが右コーナーであれは、対向車がこないことを確認して、センター寄りを通過し、1つめの出口で切り返す場所を見きわめる。右コーナーを回っているが次は左なので、ヘングオンを行う場合も腰はあまり内側へ落とさず、つねに先の左コーナーを想定する。

アクセルは、マシンを切り返すときにタイミングよくポンと全開から少し戻し、左バンクが決まる寸前に、再び全開にする。1つめと2つめのコーナーが離れている場合は、切り返すスピードを遅らせ、近い場合は、一気に切り返す。

上りコーナーでの注意点は

上りコーナーでの注意点は、確実にパワーバンドに入るギヤを使用する。右カーブの場合は対向車に注意し、あまり早くからセンターへ寄らない。タイトターンの左カーブでは、エンストに注意する。ビギナーは、カーブ入口からアクセルオンで立ち上がる練習をする。タイミングが早すぎて2つめのイン側へ入りすぎた場合は、バンク角を少し減らし、逆の場合は、より深くバンクさせてコースを修正するとよい。

コーナーの場合は、ブレーキがよく効くので、下りてくる対向車に気をつけていれば、あとはそれほど難しくない。ビギナーや女性の場合、大きくバンクのついたタイトな左コーナー(20km/h以下で曲がるへアピンコーナー)では、十分注意しなければならない。バンクがついているために、ついアクセルを開けて入っていくと、意外にカーブがきつく、バンク角を増したり、ギヤダウンせざるを得ないことがある。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでカーブに進入するスピード

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。 …

no image

オートバイのメカニズムを大別すると5パートに分かれる

オートバイのメカニズムを大別すると、次の5パートになる。前後サスペンション、フレーム・駆動装置、ホイール・ブレーキ装置、保安部品、エンジン本体。 前後サスペンションは、オートバイの種類や用途に合わせ。 …

no image

バイクではできるだけクラッチを切らないようにすること

コーナーで出口近くにきて、あわててクラッチをミートさせるが、今度はミッションが低かったりすると急に後輪にブレーキがかかり、スリップしたり、リーンしているボディが突然として立ち上がる現象が起きて、フロン …

no image

バイクで足が届かない場合

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、 …

no image

路面の状況に応じた走りが必要

一般公道は生き物、とよくいわれる。例えば、行きに走った時は何にもなかった帰りに走ったら溝ができていたとか、砂が出ていたとか、工事中で鉄板が敷いてあったなどはよくあるケースである。従ってライダーは常に気 …