スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

遺族給付金とは?

投稿日:2015年5月24日 更新日:

遺族給付金は、給付対象者、具体的には、加入者、老齢給付金、障害給付金、脱退一時金の受給権者、脱退者のうち老齢給付金の支給開始要件を満たせば老齢給付金の受給権を有することとなる者(いわゆる受給待期脱退者)が死亡したときに、その者の遺族に支給することができる(確定給付企業年金法第47条、令第33条)。

障害給付金の場合と同様、項族給付金の水準は、基本的に、老齢給付金の水準を超えないようにという趣旨が示されているといえる。遺族給付金の額にも、障害給付金の額と同様、老齢給付金の受給権者となった者が同時に死亡した場合における遺族給付金の年金の現価および一時金の額が、年金として支給する老齢給付金の現価を上回ってはならない(令第23条第1項第4号)という上限が定められている。

老齢給付金と障害給付金との間の関係

老齢給付金と障害給付金との間の関係は、障害給付金がいつ支給開始されるかによって多様であるので、あらゆる年齢とか加入者期間などについて規定することは現実的ではない。給付の額については、加入者期間または加入者であった期間の給与の額その他これに類するものに照らして適正かつ合理的に算定されるものでなければならないので(確定給付企業年金法第32条第2項)、基本的な一時点における関係を規定することにより、障害給付金の水準は、基本的に、老齢給付金の水準を超えないようにという趣旨が示されているといえる。

遺族給付金は、年金として支給することとしてもよいし、一時金として支給することとしてもよい(確定給付企業年金法第49条)。遺族給付金の、給付対象者、遺族の範囲や順位は、規約で定めることとなっている(確定給付企業年金法第47条、第48条)。たとえば、遺族の範囲として配偶者のみを定めてもよい。遺族の範囲は、配偶者(事実婚を含む)、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、そしてこれらのほか、給付対象者の死亡の当時、主としてその収入によって生計を維持していたその他の親族である(確定給付企業年金法第48条)。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

適格退職年金を実施している企業が企業年金基金を設立するには

適格退職年金を実施している企業が企業年金基金を設立するには、事務所や企業年金基金の組織などを新たに用意することになる。一方、厚生年金基金が規約型企業年金に移行するには、福祉事業などを整理しなければなら …

no image

年金積立不足に係る掛金債権

制度終了時の積立不足に係る掛金債権は、母体企業の更生手続きや清算手続きにおいて最も優先的に弁済されるべき債権の1つとして位置づけるとともに、加入員・受給者の年金受給権を保護する「最後の砦(ラスト・リゾ …

no image

給付に見合う資産の分配が行われない

厚生年金基金については、従来から、積立基準、受託者責任、情報開示等の受給権を保護するための規定が順次整備され、実施され、状況変化に応じて見直しも行われてきたが、法人税法上の制度である適格退職年金につい …

no image

社会保険庁がもつ保険料滞納者への資産差し押さえの権限

ある専門家は語る。社会保険庁がもつ保険料滞納者への資産差し押さえの権限は、10年以上も前に5件ほど試されただけで、それ以降、その権限は行使されていないという状況は、妙に納得がいく。適切なインセンテイブ …

no image

不足金の償却(積立水準の回復)などについて

不足金の償却(積立水準の回復)について、一定の範囲内で弾力的に対応できるようにすること(たとえば時価の変動による一時的な積立不足について、一定の範囲内では掛金の引上げを軽減することができる等の措置)が …