スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

遺族給付金とは?

投稿日:2015年5月24日 更新日:

遺族給付金は、給付対象者、具体的には、加入者、老齢給付金、障害給付金、脱退一時金の受給権者、脱退者のうち老齢給付金の支給開始要件を満たせば老齢給付金の受給権を有することとなる者(いわゆる受給待期脱退者)が死亡したときに、その者の遺族に支給することができる(確定給付企業年金法第47条、令第33条)。

障害給付金の場合と同様、項族給付金の水準は、基本的に、老齢給付金の水準を超えないようにという趣旨が示されているといえる。遺族給付金の額にも、障害給付金の額と同様、老齢給付金の受給権者となった者が同時に死亡した場合における遺族給付金の年金の現価および一時金の額が、年金として支給する老齢給付金の現価を上回ってはならない(令第23条第1項第4号)という上限が定められている。

老齢給付金と障害給付金との間の関係

老齢給付金と障害給付金との間の関係は、障害給付金がいつ支給開始されるかによって多様であるので、あらゆる年齢とか加入者期間などについて規定することは現実的ではない。給付の額については、加入者期間または加入者であった期間の給与の額その他これに類するものに照らして適正かつ合理的に算定されるものでなければならないので(確定給付企業年金法第32条第2項)、基本的な一時点における関係を規定することにより、障害給付金の水準は、基本的に、老齢給付金の水準を超えないようにという趣旨が示されているといえる。

遺族給付金は、年金として支給することとしてもよいし、一時金として支給することとしてもよい(確定給付企業年金法第49条)。遺族給付金の、給付対象者、遺族の範囲や順位は、規約で定めることとなっている(確定給付企業年金法第47条、第48条)。たとえば、遺族の範囲として配偶者のみを定めてもよい。遺族の範囲は、配偶者(事実婚を含む)、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、そしてこれらのほか、給付対象者の死亡の当時、主としてその収入によって生計を維持していたその他の親族である(確定給付企業年金法第48条)。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

老齢給付金の支給要件などについて

確定給付企業年金の老齢給付金は(年金ではなく)一時金として支給するといった旨を規約で定めることはできない。一時金として受給することができるのは、年金給付としての老齢給付金に保証期間(受給権者の生死にか …

no image

企業年金の掛金の負担が大きい

企業年金は、公的年金とは違って賦課方式による財政運営はとり得ず、給付に必要な原資を退職時までに積み立てる事前積立方式による財政運営が必須である。過去分の給付債務はリストラによっても減少するものではない …

no image

規約型企業年金制度について

規約型企業年金は、信託会社、生命保険会社または農業協同組合連合会との間の信託、生命保険または生命共済といった契約の仕組みを活用して、年金資産を企業の外に積み立てるという点で、従来の適格退職年金の仕組み …

no image

年金の大量脱退による一時金給付の発生など

大量の脱退に伴う大量の一時金給付の発生など、財政運営の困難につながりかねない予測不可能な事態が生じる蓋然性が高まることにもなってしまう。こうした選択の問題は、保険の仕組みを活用していることに由来してい …

no image

障害給付金とは?

障害給付金は、ある傷病について初めて医師または歯科医師の診療を受けた日(初診日)において加入者であった者であって、初診日から1年6月を経過した日(1年6月を経過する前に傷病が治ったり症状が固定したりし …