スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

イタズラできない子どもになるのはよくない

投稿日:

子どもの心よりも物の方を大切にしている家族がいると、どうしてもいたずらに圧力を加えることになります。そのような家族としては、お年寄りを第一にあげることができます。年を取ってくると、きちんと整った部屋で、静かに余生を楽しみたくなります。幼い子どもにがちゃがちゃとかき回されることをいやがります。

それに「気がね」をしたお母さんは、ちょっとした子どものいたずらでも許容できなくなって、叱ってしまいます。そして、子どもがおとなしくしていると、ほめるようになってしまいます。だれでも、ほめられるのはうれしいものです。そこで、いたずらをしたい気持があっても、それをおさえてしまいます。そのうちに、いたずらのできない子どもになってしまいます。

探索欲求にもとづいて次々といたずらをしている子どもは、経験の内容も豊かになります。経験内容が豊かになるということは、それだけ行動選択の範囲がひろがり、ものを考える力が育つとともに、よい選択もできる可能性が大きくなるのです。そこで、いたずらの範囲はできるだけひろげてあげたいのです。

小さなけがをたくさんする子どもは

小さなけがをたくさんする子どもは、活動のさかんな子どもであり、活動がさかんだということは、それだけいきいきとした生活を送っているということになります。けがをすることによって、次の行動が慎重になる。それが、大きなけがの予防にも役立つ。とくに行動のさかんな子どもは、それだけに小さなけがも多くなります。

おとなしくて大人のいうことはよくきくーということになりますと、大人にとっては扱いやすい子どもなので、ますますほめることが多くなります。それが、誤った子どもの見方から生じた「よい子」です。いたずらから意欲が芽ばえる子どもの心よりも物の方を大切にする両親もいます。それは、高価なマンションに住むこと、家具などのセットが豪華であったりすることなどをあげることができます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

無言の子育てという方法もある

親に「まかされる」ことによって自発性が発達すると、「口答え」がでてきますし、行儀が悪くなったりします。ところが、友だちとはよく遊ぶことができるようになります。友だちを呼んできたり、友だちの家に呼ばれた …

no image

子供がひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしている

自分自身は親との関係に葛藤し、ひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしているのに、親のほうはそれにまったく気がついていないということも実際にたくさんあります。大きくなった娘さんから「お母さんには一度も言わ …

no image

幼児などでも自分のことは自分でするようにさせる

お母さんは一家のマネージャーとしての権限を持ってほしいと願っています。家事や育児・教育について計画や立案をする人です。その計画や立案に従って、家族が協力すること、とくに子どもたちがお母さんに協力して家 …

no image

母親や父親が動物嫌い

動物には、小鳥にせよ、犬や猫にせよ、餌を与えなければなりません。お腹をすかせてはかわいそうです。また、寒い思いをさせてもかわいそうです。お腹がすいていないか、寒い思いをしていないか、さらには、洪しくな …

no image

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要

お母さんが投げかけている言葉が、わが子を創りあげていることをお母さんたちにはもっと自覚していただきたい。子どもは声の波長にも敏感です。叫ぶことなく低めの落ち着いた優しく明るい声で話すようにしましょう。 …