スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

イタズラできない子どもになるのはよくない

投稿日:

子どもの心よりも物の方を大切にしている家族がいると、どうしてもいたずらに圧力を加えることになります。そのような家族としては、お年寄りを第一にあげることができます。年を取ってくると、きちんと整った部屋で、静かに余生を楽しみたくなります。幼い子どもにがちゃがちゃとかき回されることをいやがります。

それに「気がね」をしたお母さんは、ちょっとした子どものいたずらでも許容できなくなって、叱ってしまいます。そして、子どもがおとなしくしていると、ほめるようになってしまいます。だれでも、ほめられるのはうれしいものです。そこで、いたずらをしたい気持があっても、それをおさえてしまいます。そのうちに、いたずらのできない子どもになってしまいます。

探索欲求にもとづいて次々といたずらをしている子どもは、経験の内容も豊かになります。経験内容が豊かになるということは、それだけ行動選択の範囲がひろがり、ものを考える力が育つとともに、よい選択もできる可能性が大きくなるのです。そこで、いたずらの範囲はできるだけひろげてあげたいのです。

小さなけがをたくさんする子どもは

小さなけがをたくさんする子どもは、活動のさかんな子どもであり、活動がさかんだということは、それだけいきいきとした生活を送っているということになります。けがをすることによって、次の行動が慎重になる。それが、大きなけがの予防にも役立つ。とくに行動のさかんな子どもは、それだけに小さなけがも多くなります。

おとなしくて大人のいうことはよくきくーということになりますと、大人にとっては扱いやすい子どもなので、ますますほめることが多くなります。それが、誤った子どもの見方から生じた「よい子」です。いたずらから意欲が芽ばえる子どもの心よりも物の方を大切にする両親もいます。それは、高価なマンションに住むこと、家具などのセットが豪華であったりすることなどをあげることができます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れる

それぞれの赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れることを忘れないようにして下さい。赤ちゃんに大きな変化、が起きると、例外なく扱いにくい危険な時期、が訪れます。気難しい赤ちゃんは、ふだんから親の注意を引こ …

no image

家庭の中の暖かい雰囲気を味わうことの重要性

「思いやり」のないお母さんは、子どもが学校から帰ってくると、待ち構えていたように、「どんな勉強をしたの?」「宿題は?」などと、勉強の話を持ち出します。そのようなお母さんは、学習にばかりこだわって、子ど …

no image

赤ちゃんが母親に求めるもの

赤ちゃんが求めていることは、ママがそばにいて、自分を見て話しかけたり、いっしょに遊んでくれることです。赤ちゃんは見慣れない人に人見知勘しますか?赤ちゃんはあまり見かけない人には微笑んでくれませんし、泣 …

no image

最初の子どもの育児はお母さんにとっては最初の経験

最初の子どもの育児は、お母さんにとっては最初の経験ですから、どうしても不安がつきまといます。お母さんの口から、「同じように育てているのに、どうしてきようだい間で性質がちがうのでしょうか」といった質問が …

no image

ありがたいと思う気持ちほどポジティブな考え方の芽をたくさんくれる

あなた次第でどんな人生にもしていけるのに、自らマイナスばかり拾って不幸せな気分で生きていくなんて、なんと損なのだろうと思いませんか?子育ても人間関係も、あなた自身の生き方も、気持ちのもち方ひとつでいか …