スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

哲学入門

インドの哲学者はアートマンという語を多く用いている

投稿日:

ギリシア、ローマの哲学者たちはrogspirtusnensあるいはanimaなどの観念をもってそれを把握しようとつとめたのに対して、インドの哲学者は「アートマン」という語を多く用いている。しかし古代ギリシア人の思索が、このような、主体を客観化した術語を以て、しかも〈自己〉を表現している場合が無いわけではない。

近世哲学にいて「次」に対立する「我」(dasch)は哲学の中心問題とされたが、「自己」(dasSebs)は、インドにおけるような重要な概念とはならなかった。インドの哲学者たちは哲学的思索を行なう場合にも、精神作用の主体を「アートマン」(自己)という語で表明する場合が多かった。そうして、精神作用の主体を客体的概念として把捉することを避けている。

「プシュケー」という語が〈自分自身〉を意味していると考えられる場合がある。キリストの語として次のように伝えられている。『だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも(heauoupsykhen)捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となることはできない。』。ここでは自分を捨てるということが強調されている。

ヘアートマンは「呼吸」「息」を意味する語

ヘアートマンはもともと「呼吸」「息」を意味する語であるから、それに対応するギリシア語はプシュケー(psykhé)である。しかしそのプシュケーは普通は「霊魂」と訳され、またプシュケーはそのようなものとして把捉される傾向が強かったことを示しているが、インドの「アートマン」も霊魂と訳してよい場合が少なくない。だからアートマンの哲学とプシュケーの哲学とには何かしら共通の問題の存することは、これを承認せざるを得ないであろう。

psykheを邦訳新約聖書では「命」と訳すから、インド思想とはつながらないが、もしもそれをギリシア哲学的な意味に解するならば、そのまま無我説になってしまう。すなわちpsykheもatnanもともに原義は「いき」(呼吸)を意味するのであり、それが転じてともに「自己」を意味しうるに至ったのであるからである。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

自我の自覚から導き出される結論

迷いの無い最高我というものが実際に存在するであろうか?それも抽象的思惟によって構成されただけのものではなかろうか?自我の自覚から導き出される結論は、われわれが〈自我〉とか〈自己〉として自覚するものが否 …

no image

われわれは近代的な自我観を確立せねばならない

われわれは近代的(つまり西洋的)な自我観を確立せねばならぬ。ーこれがわが国の知識人一般のあいだの了解である。そこで近代の自我観に〈右へならえ〉をせよ、ということが合ことばになって、今日にまで至っている …

no image

善良だけであってなんの能力もない者たちをニーチェは激しく告発

善良だけであってなんの能力もない者たちをニーチェは激しく告発しました。いたるところに「善人」に対する彼の怒りが煮えたぎっている。善人たちはただ長生きをし、あわれむべき快適な生活をするために、徳をもだが …

no image

アートマン(自我)の存在するということが直観によって知られる

アートマンが直証されるものであるということは、後世ミーマーンサー学派のうちクマーリラ派の説くところであり、ブラメーカラ派の哲学説との相違点を構成している。 アートマン(自我)の存在するということが直観 …

no image

インドの代表的哲学者と目されるシャンカラはいう

インドの代表的哲学者と目されるシャンカラはいう、『また「絶対者」(ブラフマン)はあらゆる人のアートマンであるから、ブラフマンの存在することが確定する。何となれば、あらゆる人は アートマン(自己)の存在 …