スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

哲学入門

インドの哲学者はアートマンという語を多く用いている

投稿日:

ギリシア、ローマの哲学者たちはrogspirtusnensあるいはanimaなどの観念をもってそれを把握しようとつとめたのに対して、インドの哲学者は「アートマン」という語を多く用いている。しかし古代ギリシア人の思索が、このような、主体を客観化した術語を以て、しかも〈自己〉を表現している場合が無いわけではない。

近世哲学にいて「次」に対立する「我」(dasch)は哲学の中心問題とされたが、「自己」(dasSebs)は、インドにおけるような重要な概念とはならなかった。インドの哲学者たちは哲学的思索を行なう場合にも、精神作用の主体を「アートマン」(自己)という語で表明する場合が多かった。そうして、精神作用の主体を客体的概念として把捉することを避けている。

「プシュケー」という語が〈自分自身〉を意味していると考えられる場合がある。キリストの語として次のように伝えられている。『だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも(heauoupsykhen)捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となることはできない。』。ここでは自分を捨てるということが強調されている。

ヘアートマンは「呼吸」「息」を意味する語

ヘアートマンはもともと「呼吸」「息」を意味する語であるから、それに対応するギリシア語はプシュケー(psykhé)である。しかしそのプシュケーは普通は「霊魂」と訳され、またプシュケーはそのようなものとして把捉される傾向が強かったことを示しているが、インドの「アートマン」も霊魂と訳してよい場合が少なくない。だからアートマンの哲学とプシュケーの哲学とには何かしら共通の問題の存することは、これを承認せざるを得ないであろう。

psykheを邦訳新約聖書では「命」と訳すから、インド思想とはつながらないが、もしもそれをギリシア哲学的な意味に解するならば、そのまま無我説になってしまう。すなわちpsykheもatnanもともに原義は「いき」(呼吸)を意味するのであり、それが転じてともに「自己」を意味しうるに至ったのであるからである。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

絶対精神の理論から史的唯物論に至るまでは

絶対精神の理論から史的唯物論に至るまでーは、個の問題を解決しない。わが子が亡くなったのを嘆いて、恐山の地蔵尊に詣でている農婦の悩みは、絶対精神の理論や史的唯物論を百万遍説いて聞かせても、解決され得ない …

no image

ゴータマ・ブッダはべチレスにとどまっていたのちに

ゴータマ・ブッダはべチレスにとどまっていたのち、かつてさとりを開いた場所であるウルヴェーラーに向って旅に出た。あるとき、かれは道を離れて一つの密林のところに到り、その中に入って一樹のもとに巫した。 そ …

no image

男に関係するすべてがプラスの価値をもっている

トランクスをはいている若い女性はファッショナブルであるけれど、ブラジャーやパンティーを身につけている青年は「変態」である。ミルク飲み人形の髪をとかしお母さんごっこばかりする男の子に親は心を悩ませる。 …

no image

仏教では古来「我」とは「常・一・主宰」の義であると解する

仏教では古来「我」とは、「常・一・主宰」の義であると解する。西洋における一例としては、ロック(一六三二ー一七四年)は世俗的生活の領域においては自我を承認している。『自分「ないし自我」とは、快苦を感知し …

no image

外界や他人との関係を考察の範囲に入れないで

“ego”はもともとラテン語で、「われは」という主格(noninative)に用いられる一人称単数の代名詞であり、“self”はどの格(case)にでも用いられるので、両者はもともと異なる …