スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

育児・教育・しつけは二人の間で意見の一致が必要

投稿日:

育児や教育については、二人の間で意見の一致が必要です。お母さんは子どもとの接触が多いので、子どもとの間のやりとりは自然にうまくなっていきますが、とかく接触時間の少ないお父さんの場合には、たまたま子どもといっしょにいるときに、お母さんのしつけの方針とちがったことをして、子どもをめんくらわせたり、お母さんに対する不信感を与えるようなことをいってしまったりすることがあります。

話し合いを継続するコツある夫婦は、一カ月に一回は二人だけで外出し、食事を外でとりながら、そのときだけはゆつくりとした気分で、家事や育児について、あるいは年寄りの問題について話し合うことにしていました。それは、幸い、そのときに子どもたちの面倒をみてくれる人がいたからですが、それ以上に大切なのは、努力をして話し合いのときを作り出そうとしたことです。

新婚当初はよく話し合っていた夫婦でも、子どもができたり、会社の仕事が忙しくなったりすると、いつの間にか話し合いの時間が遠のいてしまうことがあります。その点を考えるならば、話し合いの日を定例的にする工夫がいります。さもないと、ほとんど話し合いがないままに数カ月もたってしまい、話し合いをうるさく思うようなことが生じます。

二人で話し合う時間をどこに設けるか

ゆっくりと二人で話し合う時間をどこに設けるか、それも継続しなければならないので、工夫がいります。子どもとの接触時間が少なければ少ないほど、子どもについての情報を妻君から得ておくことが必要で、そのためにも、話し合いの時間を作るように工夫すべきです。

話し合いがないということは、心理的には離婚しているのに等しいと思います。夫の中には、初めから話し合いをうるさがる人もいるかも知れません。妻の中にも、家事や育児といったこまごましたことを夫に話してはいけないなどと思っている人がいます。それは、終戦までの封建時代のしきたりであり、夫は、外でのことを話すべきではなく、妻も、家のことを話すべきではないと教えられたからです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子ど …

no image

子どもの思いを無視され十分に甘えられることなく育った場合

子どもの思いを無視し、十分に甘えられることなく育ち、心が満ち足りている状態を経験してこなかった子は、言葉には出さなくても「愛してもらってこなかった」という愛情飢餓感や親への恨みつらみを抱えていきやすく …

no image

赤ちゃんは生まれつき人の声に興味をもっている

赤ちゃんは生まれつき人の声に興味をもっていて、それを聞くと心に安らぎを感じる。一般に、赤ちゃんは子宮内で慣れ親しんできたような環境に喜びを感じるといわれています。ですから、母親が妊娠中にいつも騒がしい …

no image

生後一年の間に赤ちゃんが越えなければならない試練

新しい感覚を受け入れるために、赤ちゃんには時間が必要ですし、不安を取り除き自分を守ってくれる場所もほしくなります。そこで、赤ちゃんは自分のリズムに従ってこの世界で成長していくために、再びママといっしょ …

no image

叱られるのがうれしい子供はいない

悩みを口にするお母さんたちには共通している部分があります。ずっと「これをしなさい」「あれをしちゃダメ」と、子どもを管理する。それも早くから「叱るしつけ」をされてきた方が多いのです。聞き分けのない子にな …