スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

生きる力、暮らす力などを身につける

投稿日:

「生きる力」に加えて、そこから派生するプラスの力が強く、大きくなっていけば、その次には社会の中で生きていく力、すなわち「暮らす力」というものも身についていきます。
「暮らす力」とは、

・生活力(達成感)
・センス(好奇心)
・責任感(使命感)
・尊敬する心(感謝)
・社会性(人に役立つ)

です。

「生きる力」と「暮らす力」「自分を好きになる力、自分を信じる力(自信)、自分を肯定する力、なにごとも乗り越えていく力、周りを信頼する力などは、言うなれば「生きる力」といえるものです。世の中で幸せに生きていくための根っこの力といってもいいでしょう。

親がうるさく言わなくても、人として生きていくうえでとても大切な「ごめんなさい」「ありがとう」が言える子になっていくのです。これは大きく言えば、宇宙の理ともいえる真・善・美に基づいた、人としての品格を創りあげていくことができるということ。

子どもの中に「生きる力」が育っていくと

さらに、子どもの中に「生きる力」が育っていくと、判断力、決断力、思考力、挑戦力、向上心、やる気など、さまざまなプラスの力も育っていきます。社会性とは、挨拶ができる、人に親切にできるといったコミュニケーション力があること、いいことと悪いことの判断ができるということです。

自分より年上の人に対して「ありがとう」と感謝する心、誰かに何かをしてもらったときに「すごいですね」と認め、「してくれてありがとう」と思える心です。責任感とは、自分で最後まで責任をもってやり遂げようという気持ちをもつことです。義務と責任ということをしっかりと考え、使命として果たしていこうとする力です。

これらの力は社会の中で生きていくため、特に仕事力、結婚力の低下している今こそ大切な、暮らしていくために必要な基礎となる力です。尊敬する心とは、相手を認めることができて相手を賛美することができるということ、そして「ありがたい」と感謝する気持ちがもてるということです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんを観察してみましょう

赤ちゃんの前にぶら下げたオモチャの方へ両手を伸ばし、オモチャの片側に左手を、もう片側に右手をもっていって両手を同時に閉じようとしました。ところが、オモチャは手からスルリと抜けてしまった。赤ちゃんがとて …

no image

自分を受け入れることができるようになると

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にするこ …

no image

母親が子供の栄養について配慮する場合

栄養について配慮しているお母さんであれば、身長や体重は気にする必要がない。それは、個々の子どもによってちがった発育をするからです。たくさん食べて、よく太る子どももあれば、余り太らない子どももいますし、 …

no image

子供を甘えさせてあげる

子どもを甘えさせましょう。そう言われても、甘えさせるとはどういうことか、イメージのつかない方も多いかもしれません。「甘えさせる」ことと「甘やかす」ことを勘違いしている方が多いのです。「子どもを甘えさせ …

no image

伝えたいこと言いたいことがいっぱいあっても

伝えたいこと、言いたいことがいっぱいあっても、言葉を駆使してわかってもらう術を身につけていないのです。だからこそお母さんには、子どもの動作や表情といったボディランゲージまですべて含めて、子どもの全体の …