スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

生きる力、暮らす力などを身につける

投稿日:

「生きる力」に加えて、そこから派生するプラスの力が強く、大きくなっていけば、その次には社会の中で生きていく力、すなわち「暮らす力」というものも身についていきます。
「暮らす力」とは、

・生活力(達成感)
・センス(好奇心)
・責任感(使命感)
・尊敬する心(感謝)
・社会性(人に役立つ)

です。

「生きる力」と「暮らす力」「自分を好きになる力、自分を信じる力(自信)、自分を肯定する力、なにごとも乗り越えていく力、周りを信頼する力などは、言うなれば「生きる力」といえるものです。世の中で幸せに生きていくための根っこの力といってもいいでしょう。

親がうるさく言わなくても、人として生きていくうえでとても大切な「ごめんなさい」「ありがとう」が言える子になっていくのです。これは大きく言えば、宇宙の理ともいえる真・善・美に基づいた、人としての品格を創りあげていくことができるということ。

子どもの中に「生きる力」が育っていくと

さらに、子どもの中に「生きる力」が育っていくと、判断力、決断力、思考力、挑戦力、向上心、やる気など、さまざまなプラスの力も育っていきます。社会性とは、挨拶ができる、人に親切にできるといったコミュニケーション力があること、いいことと悪いことの判断ができるということです。

自分より年上の人に対して「ありがとう」と感謝する心、誰かに何かをしてもらったときに「すごいですね」と認め、「してくれてありがとう」と思える心です。責任感とは、自分で最後まで責任をもってやり遂げようという気持ちをもつことです。義務と責任ということをしっかりと考え、使命として果たしていこうとする力です。

これらの力は社会の中で生きていくため、特に仕事力、結婚力の低下している今こそ大切な、暮らしていくために必要な基礎となる力です。尊敬する心とは、相手を認めることができて相手を賛美することができるということ、そして「ありがたい」と感謝する気持ちがもてるということです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの興味に沿って冒険の旅に手を貸してあげて下さい

あなたに音楽のセンスがないのに、赤ちゃんが音に対してひどく敏感でも心配はいりません。赤ちゃんは何もシンフォニーが聴きたいわけではなく、話しかけてもらったり、鼻歌を口ずさんでもらったりしたいだけです。 …

no image

動物の死を理解させるのも子供への教育

空腹の動物を見ていられないーその「思いやり」の気持はよくわかります。動物にはかわいそうですが、子どもに「思いやり」の心を育てるには、一時は、心を鬼にすることが大切になるのです。動物がどんなにかわいそう …

no image

何でもやってあげる育児の末路

子供を叱る以上に怒るは論外です。怒るは単なるストレスの発散でしかありません。どうしつけるかはお母さんの腕次第ですが、甘えさせることにお母さんの力シ関係しません。子どもをガミガミ怒鳴りつけたり、ネチネチ …

no image

三つ子の魂百までを考えた子育て

「三つ子の魂百まで」ではありませんが、親子関係をつくり、子どもの心の土台をつくるうえで三歳までは基礎固めとなる大事な時期です。したがって、とにかく三歳までは気絶するほど甘えさせてあげましょう。 「お母 …

no image

赤ちゃんの要求が多くよく泣く場合

いっしょに遊んでやると、赤ちゃんはぎこちない動きでついてきます。ある姿勢をとると、赤ちゃんは少しの間、その姿勢を維持しようとするでしょう。たとえ、その動きがゼンマイ仕掛けの人形のようでも、赤ちゃんは同 …