スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

生きる力、暮らす力などを身につける

投稿日:

「生きる力」に加えて、そこから派生するプラスの力が強く、大きくなっていけば、その次には社会の中で生きていく力、すなわち「暮らす力」というものも身についていきます。
「暮らす力」とは、

・生活力(達成感)
・センス(好奇心)
・責任感(使命感)
・尊敬する心(感謝)
・社会性(人に役立つ)

です。

「生きる力」と「暮らす力」「自分を好きになる力、自分を信じる力(自信)、自分を肯定する力、なにごとも乗り越えていく力、周りを信頼する力などは、言うなれば「生きる力」といえるものです。世の中で幸せに生きていくための根っこの力といってもいいでしょう。

親がうるさく言わなくても、人として生きていくうえでとても大切な「ごめんなさい」「ありがとう」が言える子になっていくのです。これは大きく言えば、宇宙の理ともいえる真・善・美に基づいた、人としての品格を創りあげていくことができるということ。

子どもの中に「生きる力」が育っていくと

さらに、子どもの中に「生きる力」が育っていくと、判断力、決断力、思考力、挑戦力、向上心、やる気など、さまざまなプラスの力も育っていきます。社会性とは、挨拶ができる、人に親切にできるといったコミュニケーション力があること、いいことと悪いことの判断ができるということです。

自分より年上の人に対して「ありがとう」と感謝する心、誰かに何かをしてもらったときに「すごいですね」と認め、「してくれてありがとう」と思える心です。責任感とは、自分で最後まで責任をもってやり遂げようという気持ちをもつことです。義務と責任ということをしっかりと考え、使命として果たしていこうとする力です。

これらの力は社会の中で生きていくため、特に仕事力、結婚力の低下している今こそ大切な、暮らしていくために必要な基礎となる力です。尊敬する心とは、相手を認めることができて相手を賛美することができるということ、そして「ありがたい」と感謝する気持ちがもてるということです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供のいたずらについて

子供のいたずらは、お母さんやお父さんがうける被害も少なくないのです。それだからこそ「いたずら(悪戯)」といってとめたくもなるのですが、子どもの立場にたっていうならば、児童心理学ですでにいわれているよう …

no image

父と息子の確執から人生の挫折

ある青年はどうも途中で仕事をやめてしまう自分を何とかしたくて、ある相談所にみえました。教育パパということもあり、出世街道まつしぐらの優秀な企業戦士。青年が大学受験のとき、剣道の副主将を務め、卒業のとき …

no image

赤ちゃんが手に負えないとき

赤ちゃんが泣いて手に負えない時期には、多くの母親は肉体疲労、頭痛、吐き気、背中の痛み、および心気症などに苦しめられます。障害の理由は、そんな赤ちゃんの世話を休みなく続けなければならないことにある。かか …

no image

パパとママが仲良しじゃないと

お母さんが父親であるご主人への不満をもっている家の子どもたちは、態度は一見普通でもどこかに陰を帯びています。どんなに小さい子でも、目には哀秋が浮かび、視線も下向きがちで、子どもらしいキラキラとしたエネ …

no image

あなたなら大丈夫とやることを受け入れてもらっている子は

何をしても「あなたがしていることは正しいのよ」「あなたなら大丈夫よ」とやることを受け入れてもらっている子は、相手の気持ちも受け入れることができるようになります。ときに悪さをして叱られても、素直に受け止 …