スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

投稿日:

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲れ果ててしまいました。

「おやめなさい!いいかげんにしなさい!」とほとんど毎日のように厳しく叱り続け、当然のことながら子どもは叱れば叱るほどに、ますます言うことを聞かなくなっていきました。私には息子三人、娘ひとりの四人の子がいますが、長男の子育てでは最初の子ということもあって思い入れが強く、じつは多くのお母さんたちと同じように、叱るしつけで育てていたのです、というある母親。

あるとき、そんな状況にふと「なんてばかばかしいことをしているのかしら。私の子育てはきっと何かが違うんだ」という思いが湧いて、母校で教育学や発達心理学を学び始め、子どもの発達、カウンセリングの手法などをいろいろ学ぶ中で覚えたのでした。

カウンセリングで学ぶ一般的な「私メッセージ」は、「私はこうしてくれるとうれしい」「こうされると悲しい」と気持ちを伝えるところまでですが、「私はこう思うのだけれど、あなたはどう思う?」を加えて伝えるようにしたら、驚くぐらい言葉で言うだけですんなりやめてくれるようになった。

それまで怒って叱って伝えていたことを

それまでは怒って叱って伝えていたことを、「お母さんはそういうことされると、こうこうこうなって困ってしまうの。だからやめてほしいのだけれど、あなたはどう思う?」と「私メッセージ」で伝えていったらどうでしょう!さんざん叱っても言うことを聞いてくれなかった長男が言うことを聞いてくれるようになり始めたのです。

・自分がどういう思いでいるか本音を言う
・「お話聞いてくれてありがとう」と感謝する
・事実をはっきり忠実に伝える
・親である自分への影響を具体的に伝える

この六要素を入れて伝えていくと、見事に叱る必要はなくなっていきます。それからは同じことがあっても「ほらほら。わかってる?」と言うだけでパタッとやめてくれるようになり、子育てがすっかりラクになりました、とのこと。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

父と息子の確執から人生の挫折

ある青年はどうも途中で仕事をやめてしまう自分を何とかしたくて、ある相談所にみえました。教育パパということもあり、出世街道まつしぐらの優秀な企業戦士。青年が大学受験のとき、剣道の副主将を務め、卒業のとき …

no image

子供が必死に物をねだる場合

買ってと言われたモノを買ってあげられないとき、「そうだよね、ほしいよね。お母さんも大好きな〇〇くんのために買ってあげたいんだけれど、今日は買えないの」と言えば、子どもは「わかった」と納得してそれ以上の …

no image

両親で話し合いをしているか?

話し合いの伝統がなかったわが国の過去の歴史から考えますと、さて話し合いをーとなると、水くさかったり、どのようなことから話し合いを行ったらよいかわかを感ずる方も少なくないと思います。その点で欧米の家庭の …

no image

三歳以降のしつけで叩くよりも生きてくるのが言葉の力

三歳を過ぎると、歯磨きができる、ひとりでお着替えができる、挨拶や「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるなど、生活習慣や礼儀についても身につけさせていきたい時期です。これは裏返すと、お母さんの「ダメ」「 …

no image

ありがたいと思う気持ちほどポジティブな考え方の芽をたくさんくれる

あなた次第でどんな人生にもしていけるのに、自らマイナスばかり拾って不幸せな気分で生きていくなんて、なんと損なのだろうと思いませんか?子育ても人間関係も、あなた自身の生き方も、気持ちのもち方ひとつでいか …