スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

投稿日:

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲れ果ててしまいました。

「おやめなさい!いいかげんにしなさい!」とほとんど毎日のように厳しく叱り続け、当然のことながら子どもは叱れば叱るほどに、ますます言うことを聞かなくなっていきました。私には息子三人、娘ひとりの四人の子がいますが、長男の子育てでは最初の子ということもあって思い入れが強く、じつは多くのお母さんたちと同じように、叱るしつけで育てていたのです、というある母親。

あるとき、そんな状況にふと「なんてばかばかしいことをしているのかしら。私の子育てはきっと何かが違うんだ」という思いが湧いて、母校で教育学や発達心理学を学び始め、子どもの発達、カウンセリングの手法などをいろいろ学ぶ中で覚えたのでした。

カウンセリングで学ぶ一般的な「私メッセージ」は、「私はこうしてくれるとうれしい」「こうされると悲しい」と気持ちを伝えるところまでですが、「私はこう思うのだけれど、あなたはどう思う?」を加えて伝えるようにしたら、驚くぐらい言葉で言うだけですんなりやめてくれるようになった。

それまで怒って叱って伝えていたことを

それまでは怒って叱って伝えていたことを、「お母さんはそういうことされると、こうこうこうなって困ってしまうの。だからやめてほしいのだけれど、あなたはどう思う?」と「私メッセージ」で伝えていったらどうでしょう!さんざん叱っても言うことを聞いてくれなかった長男が言うことを聞いてくれるようになり始めたのです。

・自分がどういう思いでいるか本音を言う
・「お話聞いてくれてありがとう」と感謝する
・事実をはっきり忠実に伝える
・親である自分への影響を具体的に伝える

この六要素を入れて伝えていくと、見事に叱る必要はなくなっていきます。それからは同じことがあっても「ほらほら。わかってる?」と言うだけでパタッとやめてくれるようになり、子育てがすっかりラクになりました、とのこと。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親とこれまでの自分をさかのぼって書き出す

親と自分のこれまでを書き出してみましょう自分の親との関係を整理していく方法のひとつとして、小さい頃から親に何をしてもらい、それに対して自分は何ができたかを順を追って書き出してみるのもよいと思います。 …

no image

子育てで怒ってしまう

子供が食べ物をこぼすことは大目に見ましょう。その間に、じょうずに食べる状態が少しずつ現われてきます。それをほめることによって、子どももその技術を伸ばしていくのです。自分で食べようという意欲が現われてか …

no image

生後11週以降の赤ちゃんの仕草や行動

生後一一週から一二週にかけて、あなたの赤ちゃんは次に紹介するような一連の仕草や行動を見せてくれるでしょう。これは移り変わる世界、で、次の成長のステップをク迎える準備をしているサインなのです。 ・親指を …

no image

子供が膝に乗るのは情緒の不安を解消する場であるから

幼時期後半(三〜五歳)もひざにのることは残ります。幼稚園から帰ってきたときに、ちょっとひざにのせてあげるだけで、幼稚園でのつらい経験とか緊張感を、自分で解消できるのです。その意味で、お母さんのひざは、 …

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …