スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

投稿日:

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲れ果ててしまいました。

「おやめなさい!いいかげんにしなさい!」とほとんど毎日のように厳しく叱り続け、当然のことながら子どもは叱れば叱るほどに、ますます言うことを聞かなくなっていきました。私には息子三人、娘ひとりの四人の子がいますが、長男の子育てでは最初の子ということもあって思い入れが強く、じつは多くのお母さんたちと同じように、叱るしつけで育てていたのです、というある母親。

あるとき、そんな状況にふと「なんてばかばかしいことをしているのかしら。私の子育てはきっと何かが違うんだ」という思いが湧いて、母校で教育学や発達心理学を学び始め、子どもの発達、カウンセリングの手法などをいろいろ学ぶ中で覚えたのでした。

カウンセリングで学ぶ一般的な「私メッセージ」は、「私はこうしてくれるとうれしい」「こうされると悲しい」と気持ちを伝えるところまでですが、「私はこう思うのだけれど、あなたはどう思う?」を加えて伝えるようにしたら、驚くぐらい言葉で言うだけですんなりやめてくれるようになった。

それまで怒って叱って伝えていたことを

それまでは怒って叱って伝えていたことを、「お母さんはそういうことされると、こうこうこうなって困ってしまうの。だからやめてほしいのだけれど、あなたはどう思う?」と「私メッセージ」で伝えていったらどうでしょう!さんざん叱っても言うことを聞いてくれなかった長男が言うことを聞いてくれるようになり始めたのです。

・自分がどういう思いでいるか本音を言う
・「お話聞いてくれてありがとう」と感謝する
・事実をはっきり忠実に伝える
・親である自分への影響を具体的に伝える

この六要素を入れて伝えていくと、見事に叱る必要はなくなっていきます。それからは同じことがあっても「ほらほら。わかってる?」と言うだけでパタッとやめてくれるようになり、子育てがすっかりラクになりました、とのこと。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

抱いて欲しいと赤ん坊がサインを出したら

四カ月の赤ん坊ですから、まだ目はよく見えません。ですから、抱かれ心地で、お母さんを見分けたのだと思います。そこで、赤ん坊の気持を「思いやる」ならば、抱いてほしいと赤ん坊が要求しているときに、抱いてあげ …

no image

詰め込み式の勉強社会で見放された子供たち

詰め込み式の教育、超スピードで進んでいく現在の教育の中では、落ちこぼれができるのも当然のことです。子どもによっては、ゆっくりと教育を受けさえすれば力を発揮できる子どもがいるのです。そのような子どもは、 …

no image

思いやりのない親の人たち

「思いやる」ことのできないお母さんは、「もう大きいんでしょ」といいながら、子どもをひざからおろしてしまうでしょう。中には、子どものことを考える暇もなく、「重いね」とか「暑いね」といって、うるさそうに追 …

no image

親として伝えるべきこと

親御さんがこうしてほしいと思っていること、それはやめてほしいと思っていることなど、親御さんの主張を叱らずに伝えていくことができれば、感情的になって子どもを攻撃してしまうことも減っていきます。 子どもの …

no image

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要

お母さんが投げかけている言葉が、わが子を創りあげていることをお母さんたちにはもっと自覚していただきたい。子どもは声の波長にも敏感です。叫ぶことなく低めの落ち着いた優しく明るい声で話すようにしましょう。 …