スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

投稿日:

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲れ果ててしまいました。

「おやめなさい!いいかげんにしなさい!」とほとんど毎日のように厳しく叱り続け、当然のことながら子どもは叱れば叱るほどに、ますます言うことを聞かなくなっていきました。私には息子三人、娘ひとりの四人の子がいますが、長男の子育てでは最初の子ということもあって思い入れが強く、じつは多くのお母さんたちと同じように、叱るしつけで育てていたのです、というある母親。

あるとき、そんな状況にふと「なんてばかばかしいことをしているのかしら。私の子育てはきっと何かが違うんだ」という思いが湧いて、母校で教育学や発達心理学を学び始め、子どもの発達、カウンセリングの手法などをいろいろ学ぶ中で覚えたのでした。

カウンセリングで学ぶ一般的な「私メッセージ」は、「私はこうしてくれるとうれしい」「こうされると悲しい」と気持ちを伝えるところまでですが、「私はこう思うのだけれど、あなたはどう思う?」を加えて伝えるようにしたら、驚くぐらい言葉で言うだけですんなりやめてくれるようになった。

それまで怒って叱って伝えていたことを

それまでは怒って叱って伝えていたことを、「お母さんはそういうことされると、こうこうこうなって困ってしまうの。だからやめてほしいのだけれど、あなたはどう思う?」と「私メッセージ」で伝えていったらどうでしょう!さんざん叱っても言うことを聞いてくれなかった長男が言うことを聞いてくれるようになり始めたのです。

・自分がどういう思いでいるか本音を言う
・「お話聞いてくれてありがとう」と感謝する
・事実をはっきり忠実に伝える
・親である自分への影響を具体的に伝える

この六要素を入れて伝えていくと、見事に叱る必要はなくなっていきます。それからは同じことがあっても「ほらほら。わかってる?」と言うだけでパタッとやめてくれるようになり、子育てがすっかりラクになりました、とのこと。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

不満が爆発してしまう前に

子どもが小さいときも、洗濯物の山の前で「なんで毎日毎日こんなに汚してくるのかしらーどうして私ばかりがこんなことをしなきゃならないの!」と不満が爆発しそうになることがしょっちゅう。そのときも「でも、もし …

no image

子供の怪我をいつまでも怖いとばかり言っていてはダメ

活動的な子どもは、それだけけがを多くします。いろいろなけがの体験は、それに対しての注意力を養うのには大切なことで、それによって、大きなけがを防ぐことができるのです。小さなけがをしたことから、だんだんに …

no image

親がしてあげられることは環境を整えてやることぐらい

身体は環境さえ整っていればある程度、成長していきます。親でなくとも口から栄養が取れれば、五歳なら五歳の身体、十五歳なら十五歳の身体、二十歳なら二十歳の身体になっていきます。しかし心の部分はそうはいかな …

no image

赤ちゃんが安心や心の安らぎや保護を求めるのは当然

スキンシップは、赤ちゃんが子宮の中にいるような安心できる世界を再現するのに最適な方法です。それは赤ちゃんの心の支えになるのです。赤ちゃんの頭には子宮が自分の体を包み込み、あなたが動くたびに体をマッサー …

no image

ありがとうを口に出すようにしよう

「ありがとう」「ありがたい」をできる限り口にしていくようにしてみましょう。口と心がバラバラであってかまいません。無理をしてでも、呪文を唱える気持ちで「ありがとう」「ありがたい」を言い続けてみてください …