スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

いい子すぎる子の評価

投稿日:

誤って「よい子」と評価されたことによる犠牲者。そのような誤った「よい子」の評価は、大人のいうことをよくきく子、おとなしい子、きちっとしている子、まじめな子に向けられています。それが、自発性の発達を抑圧してしまっている。

登校拒否の中で、中学生や高校生になって急に現われる登校拒否は、それまでの生育史の中で、親や先生から「よい子」といってほめられていた子どもたちばかりです。その「よい子」の姿は、実は、「みせかけ」であり「にせ」であったにもかかわらず、親にも先生にもそれを見抜く力がなかった。

また、「反抗」をしながらも、そうした反抗によって周囲にいる人々に迷惑をかけることがあることを体験することによって、少しずつ自制心を強めていくことが大切であって、「反抗」をしないでいうことをよくきく子どもが「よい子」ではない。

本当の適応の能力は

本当の適応の能力は、きちっと自発性の発達に裏づけられていないと、「みせかけ」や「にせもの」になっているのです。反抗しない子が「よい子」ではないつまり、「いたずら」をしながらも、それによって困る人がいることを体験していく過程をたどり、人が困るようなことはしないようにしようという気持が育つことが必要です。ですから、「いたずら」をしない子が「よい子」ではないのです。

子どもの本当の発達は、いたずらをすることもあり、きちっとする面もあり、反抗するときもあり、すなおに従うこともあり、けんかをすることもあり、仲よくすることもあるーといった具合に、ゆれ動きながら、実現されていくものであることを、よく知っている必要があります。

両親や先生は「すなおな子ども」が好きですが、本当の「すなお」は、自分の心の中にある欲求をもちゃんと外に出せる子どもの姿であって、大人のいうことをきちっときく子どもの姿ではないのです。ですから、子どもの扱いには、そのときどきに面倒なことがあり、扱いにくさを伴うものなのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の怪我をいつまでも怖いとばかり言っていてはダメ

活動的な子どもは、それだけけがを多くします。いろいろなけがの体験は、それに対しての注意力を養うのには大切なことで、それによって、大きなけがを防ぐことができるのです。小さなけがをしたことから、だんだんに …

no image

泣き叫ぶ赤ちゃんの対処法を知っておこう

自分の夫や親類の人、友人、近所の人など、誰もがママの大切な宝物をはた迷惑なうるさいチビ、だと思っていると心配する母親も多いようです。そんな人たちが赤ちゃんをもっと厳しく育てた方がいいと口を差しはさんで …

no image

子供の要求が多いのに全て叶えてあげてしまうと

四歳になるTくん。ガムやお菓子、おもちゃなど、「ママこれ買って」というモノは、「また買うの?しょうがないなあ」と思いながらも、「はいはい、わかった」と買ってあげ続けたそうです。ところが年齢が大きくなる …

no image

抱いて欲しいと赤ん坊がサインを出したら

四カ月の赤ん坊ですから、まだ目はよく見えません。ですから、抱かれ心地で、お母さんを見分けたのだと思います。そこで、赤ん坊の気持を「思いやる」ならば、抱いてほしいと赤ん坊が要求しているときに、抱いてあげ …

no image

倹約生活で子供の心が養われる

ドイツでは、アパートの階段の電気はボタンを押す方式になっており、三分たったら自動的に消える装置になっている。わが国の家庭では、いかに電気のつけっ放しなどによって、むだに消費していることか。 夕食は、「 …