スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

いい子すぎる子の評価

投稿日:

誤って「よい子」と評価されたことによる犠牲者。そのような誤った「よい子」の評価は、大人のいうことをよくきく子、おとなしい子、きちっとしている子、まじめな子に向けられています。それが、自発性の発達を抑圧してしまっている。

登校拒否の中で、中学生や高校生になって急に現われる登校拒否は、それまでの生育史の中で、親や先生から「よい子」といってほめられていた子どもたちばかりです。その「よい子」の姿は、実は、「みせかけ」であり「にせ」であったにもかかわらず、親にも先生にもそれを見抜く力がなかった。

また、「反抗」をしながらも、そうした反抗によって周囲にいる人々に迷惑をかけることがあることを体験することによって、少しずつ自制心を強めていくことが大切であって、「反抗」をしないでいうことをよくきく子どもが「よい子」ではない。

本当の適応の能力は

本当の適応の能力は、きちっと自発性の発達に裏づけられていないと、「みせかけ」や「にせもの」になっているのです。反抗しない子が「よい子」ではないつまり、「いたずら」をしながらも、それによって困る人がいることを体験していく過程をたどり、人が困るようなことはしないようにしようという気持が育つことが必要です。ですから、「いたずら」をしない子が「よい子」ではないのです。

子どもの本当の発達は、いたずらをすることもあり、きちっとする面もあり、反抗するときもあり、すなおに従うこともあり、けんかをすることもあり、仲よくすることもあるーといった具合に、ゆれ動きながら、実現されていくものであることを、よく知っている必要があります。

両親や先生は「すなおな子ども」が好きですが、本当の「すなお」は、自分の心の中にある欲求をもちゃんと外に出せる子どもの姿であって、大人のいうことをきちっときく子どもの姿ではないのです。ですから、子どもの扱いには、そのときどきに面倒なことがあり、扱いにくさを伴うものなのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

育児・教育・しつけは二人の間で意見の一致が必要

育児や教育については、二人の間で意見の一致が必要です。お母さんは子どもとの接触が多いので、子どもとの間のやりとりは自然にうまくなっていきますが、とかく接触時間の少ないお父さんの場合には、たまたま子ども …

no image

親子のつながりや情緒的な心の結びつきが過去に不足していた場合

親子の間の情緒的な心の結びつきが過去に不足していたことがはっきりすれ努力して下さい。なお、うちの子どもは、いっさいねだることがないーといって、誇らしげにいうお母さんやお父さんがいますが、このような子ど …

no image

幸せに生きるための宇宙からいただいた法則

あなた自身は満ち足りていますか?自分の子育てに自信がもてない、子どもとうまく関わっていくことができないというお母さんの中には、育ってくる過程の中で、ご自身も愛された実感がもてていないという方がいらっし …

no image

動物の死を理解させるのも子供への教育

空腹の動物を見ていられないーその「思いやり」の気持はよくわかります。動物にはかわいそうですが、子どもに「思いやり」の心を育てるには、一時は、心を鬼にすることが大切になるのです。動物がどんなにかわいそう …

no image

自分の信条・信念を持たせるように育てる

大抵の親御さんたちは、後輪を十分に育てないうちから、前輪に力を注いで育てていこうとしてしまいます。とくに後輪の中でより大切なのが「感情」すなわち心を十二分に育てるということなのですが、それをしっかりと …