スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

いい子すぎる子の評価

投稿日:

誤って「よい子」と評価されたことによる犠牲者。そのような誤った「よい子」の評価は、大人のいうことをよくきく子、おとなしい子、きちっとしている子、まじめな子に向けられています。それが、自発性の発達を抑圧してしまっている。

登校拒否の中で、中学生や高校生になって急に現われる登校拒否は、それまでの生育史の中で、親や先生から「よい子」といってほめられていた子どもたちばかりです。その「よい子」の姿は、実は、「みせかけ」であり「にせ」であったにもかかわらず、親にも先生にもそれを見抜く力がなかった。

また、「反抗」をしながらも、そうした反抗によって周囲にいる人々に迷惑をかけることがあることを体験することによって、少しずつ自制心を強めていくことが大切であって、「反抗」をしないでいうことをよくきく子どもが「よい子」ではない。

本当の適応の能力は

本当の適応の能力は、きちっと自発性の発達に裏づけられていないと、「みせかけ」や「にせもの」になっているのです。反抗しない子が「よい子」ではないつまり、「いたずら」をしながらも、それによって困る人がいることを体験していく過程をたどり、人が困るようなことはしないようにしようという気持が育つことが必要です。ですから、「いたずら」をしない子が「よい子」ではないのです。

子どもの本当の発達は、いたずらをすることもあり、きちっとする面もあり、反抗するときもあり、すなおに従うこともあり、けんかをすることもあり、仲よくすることもあるーといった具合に、ゆれ動きながら、実現されていくものであることを、よく知っている必要があります。

両親や先生は「すなおな子ども」が好きですが、本当の「すなお」は、自分の心の中にある欲求をもちゃんと外に出せる子どもの姿であって、大人のいうことをきちっときく子どもの姿ではないのです。ですから、子どもの扱いには、そのときどきに面倒なことがあり、扱いにくさを伴うものなのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの体温調節をしなければなりません

パパやママは赤ちゃんの体温を調節しなければなりません。ですから、雪の降る日や冷え込む日に、長時間赤ちゃんを撃に連れ出すことは愚かなことなのです。いくら赤ちゃんの体を毛布で包んでも、体がひどく冷え切って …

no image

倹約生活で子供の心が養われる

ドイツでは、アパートの階段の電気はボタンを押す方式になっており、三分たったら自動的に消える装置になっている。わが国の家庭では、いかに電気のつけっ放しなどによって、むだに消費していることか。 夕食は、「 …

no image

子供の嘘に対する対処方法

ウソをつくのはよくないことですが、子どもがウソをついたときは「なんでウソなんかつくの!」「どうしていつもウソばかり言うの!」と責めないで、いったんだまされてあげましょう。明らかにウソをついているとわか …

no image

完全を求めることは不可能

子どもに不自由をさせたくないーなどの考え方があれば、よい教育はできません。もう一度、日常生活の中にむだがないかを点検してみましょう。そして、むだをしていたことがあれば、それを一つずつ取り除いていきまし …

no image

母親や父親が動物嫌い

動物には、小鳥にせよ、犬や猫にせよ、餌を与えなければなりません。お腹をすかせてはかわいそうです。また、寒い思いをさせてもかわいそうです。お腹がすいていないか、寒い思いをしていないか、さらには、洪しくな …