自動車

クロスオーバー中型セダン「i40(アイフォーティ)」を正式発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代自動車(会長チョン·モング)は、釜山広安里の前の海のクルーズ船上で新車発表会を持ってヨーロピアンプレミアムクロスオーバー中型セダン「i40(アイフォーティ)」を正式発表しました。「i40」は、セダンの感覚的なスタイルとSUVの実用性を兼ね備えた、新中型モデルで価値があると実用性、快適さ、優雅さを一緒に追求したヨーロピアン中型車である。この日の新車発表会は、その中にとは異なり、釜山港を出発して釜山周辺海域を回すクルーズ船上で繰り広げられた。

ヤンスンソク現代車社長はあいさつで、「今日披露ヨーロピアンプレミアム慎重型 i40は顧客に新しい価値と感性を伝えたい現代車の新たな試み」と所感を明らかにした。彼は、ヨーロピアンの感性が溶け込んでいる洗練されたラインと中型車級を超越する、商品性、ダイナミックな走行感覚を前面に出した「i40」が「プレミアム中型市場」という新たな市場を開拓する」と自信を持った。

プロジェクト名「VF」で本格的な研究開発に着手

「i40」は、2007年からプロジェクト名「VF」で本格的な研究開発に着手、4年6ヶ月間の総2300億ウォンを投入して完成した。グローバル単一車名である「i40」はintelligent(賢い)、innovative(革新的な)、ingenious(独創的な)など最先端の高度な画像と一緒に、または(I、myself )を愛し、大切にする若い世代を象徴する「i」と中型セグメントを意味する数字「40」を組み合わせて準中型モデル「i30」に続き「i」シリーズの車名を継承した。

「i40」は、現代車のデザイン哲学」プルルイディックスカルプチャー(Fluidic Sculpture)」をそのまま継承しながらも洗練さを加味した「モダンフロー(Modern Flow)」と翼の形状を高級なイメージで表現した「プレミアムウィング(Premium Wing)」をコンセプトに設計した。横型クロムラジエーターグリルとウイング(Wing)タイプフォグランプを適用してスポーティなイメージを実装しており、ダイナミックな側面文字列が交わって独創的でダイナミックなスタイルで完成した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加