自動車

現代自動車の新型ジェネシスクーペ国内型モデルを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

霊岩コリアインターナショナルサーキットで発表される予定だった現代自動車の新型ジェネシスクーペ国内型モデルの写真がインターネットを介して最初に公開された。あるネチズンは、自動車のコミュニティ宝ドリームの自由掲示板に霊岩(ヨンアム)サーキットで発見したと新型ジェネシスクーペの外観と内部の写真を掲載した。ジェネシスクーペのフェイスリフトモデル(部分変更モデル)は、最近、スパイショットと各種公式写真がインターネットを飾るしたが、これまで公開された写真は、すべての米国輸出型であった。

ナビゲーションも装着されておりトーク表記も国内式国内型モデルが公開されたのは今回が初めて。新型ジェネシスクーペは、現代車のファミリールックを継承ヘキサゴナルグリルを採用しており、さらに素早くなったバンパーを適用して、前面部に変化を与えた。ホイールをはじめ、ヘッドランプ、テールランプも従来モデルに比べ大きく変わった。一部のメディアに公開された仕様によると、「ジェネシスクーペ380 GT」は、3.8リットルの直噴エンジンが取り付けられ、最高出力350馬力、40.8kg·mの最大トルクを発揮する。

ジェネシスクーペ200ターボ

停止状態から時速100kmまでの時間は5.9秒。これは、従来のモデルに比べて47馬力が高くなり、最大トルクも4.0kg·m強化されたこと。「ジェネシスクーペ200ターボ」は、2.0 TCIエンジンが取り付けられ、最高出力275馬力、最大トルク38.0kg·mの性能を発揮する。停止状態から時速100kmまでの時間は7.2秒。以前のモデルに比べて65馬力高くなり、最大トルクも7.5kg·mに向上した。

ジェネシスクーペの競争車として注目されているインフィニティG37クーペ、シボレーカマロ、フォードマスタングなどと比較し優れた性能を誇る。写真を見たネチズンは、「以前に比べて洗練された感じが消えた」、「直接見なければなら分かるだろうが都会的な印象である」、「私の目に、今回のバージョンでは、はるかに見栄えが良いと映った」と、様々な反応を見せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加