自動車

現代自動車が大型セダンジェネシスの便宜仕様を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代自動車が大型セダンジェネシスの便宜仕様を強化したアップグレードモデルを新たに発売した。 現代車はナビゲーションを標準装備してブルーリンクサービス、レキシコンプレミアムサウンドシステムなど顧客優先の仕様を適用した「ジェネシス2013」を発表した。

新モデルは、既存のオプションだった▲インテリジェントナビ▲リアカメラ▲ボタンブーツ&スマートキーシステム▲前後駐車補助システムなどがデフォルトのオプションに含まれているのが特徴である。

「ジェネシス2013」はまた、▲ブルーリンクサービス▲レキシコンプレミアムサウンドシステム▲駐車場ガイドシステムなど多様な機能が合わさって、既存のパフォーマンスが改善された「DISⅡ(Driver Information System)ナビゲーション」を3.3プレミアムモデル以上に基本適用した。

新規DISⅡナビゲーションには、3D地図表示機能を追加し、直感的操作性が改善された統合操作キーと文字入力画面のタッチスクリーン機能を提供します。これと共に、現代車の先端テレマティクスサービスである「ブルーリンク(Blue Link)」を新たに適用して、車両の現在の状況と各種情報を運転者にリアルタイムで通知運転手がこれを能動的に制御することができるようにした。

スマートフォンを利用して距離に関係なく

運転者は、スマートフォンを利用して距離に関係なく、リモート起動、空調装置の制御、駐車場の場所の確認などの車両のリモート制御が可能なだけでなく、消耗品管理、故障診断などの車両管理と緊急救助、盗難追跡などの安全セキュリティサービスも利用することができる。

また、「駐車場ガイドシステム(PGS:Parking Guide System)」を新規適用してハンドルの向きと連動した後進時の予想進行経路を表示してガイド解き放ち、運転者の駐車利便性と事故防止を向上させた。

「ジェネシス2013」3.3モデルは10.7km /ℓ、3.8モデルは10.3km /ℓの燃費効率を達成し、従来モデルに比べ、経済性を向上させた。また、▲18インチホイールに新規デザインを適用▲電子パーキングブレーキ(EPB)▲タイヤ空気圧警報装置(TPMS)▲運転席/助手席冷暖房換気シートなど便宜仕様を強化した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加