スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

包括契約であっても個別契約であっても計算方法は同一

投稿日:2015年8月2日 更新日:

取引に約5年9カ月間の空白期間がある事案で、「消費者金融における顧客にとって過払金がいつどれだけ発生しているのかといった事実を認識することは困難であり(この事実は、通常、事後に判明する。)過払金に係る不当利得債権の権利行使や相殺の意思表示を期待することは困難」であり、当然充当を認めないと「利息制限法に違反する高利の利得が放置されることになって結果的に利息制限法1条の規定の実効性を害する」ことを理由に当然充当を認めた判決があります。

9年9カ月間もの空白期間がある事案でも、充当を認めた判決(この問題で最高裁判所が明示的に判断した判決は今のところありません)があります。仮に当然充当が認められない場合でも、「黙示の相殺の合意がある」との主張も可能です。

また、約7年の空白期間がある場合に、会員番号が同一であること、取引終了後も取引をする可能性は常に有していたことなどの事情から「原告には、弁済者の合理的意思として、過払金が生じた場合は、被告との間で将来発生する債務にも充当指定する意思があり、これによって充当したと認めるのが相当である」としたものがあります。複雑な権利関係の存在を望まないという当事者間の合理的意思が根拠と考えられます。

包括契約であっても個別契約であっても

包括契約であっても個別契約であっても、計算方法は同一です。ただし、包括契約の場合には、個別契約が完済となっても包括契約は終了せずそれ自体で一個の契約ないし一連の取引であることから一連計算と主張するのに対して、個別契約の場合で一連の取引と評価されないときには、当然充当の理論などで根拠づけるという違いがあります。

第2借入れにつき過払金が発生していない場合。第2借入れだけでは、未だ過払金が発生していない場合に、相殺の意思表示をすることにより、または黙示の相殺の合意に基づき、残存債務と過払金とは相殺適状時(相殺されるべき両債権が民法505条1項の規定する要件を満たした時点)にさかのぼって計算されるので、充当と同様な結果になります。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

クレジットカードが普及していった大きな理由

ごくあたりまえに使われているクレジットカードだが、クレジットとは日本語で信用とか信頼という意味である。手持ちの現金がなくてもモノが買えるカラクリ。この発明がクレジットカードの普及を促進している。 カー …

no image

真実擬制を適用して債務者側の推定計算の主張を事実と認める裁判例は多い

真実擬制の効果は絶大。文書提出命令の決定が出たときは、貸金業者に対して極めて大きなダメージを与えることになります。真実擬制を適用して債務者側の推定計算の主張を事実と認め、過払金の返還を命じた裁判例も多 …

no image

カード会社の収益の柱

カード会社の仕組みを説明してみよう。カード会社は、加盟店からの手数料のほかに、会員からの分割払いやリボ払いの金利、それに年会費などが入ってくる。これらがカード会社の収益の柱となっているが、薄利多売の業 …

no image

法定利率を守らせるという意味から満額に近い金額でなければ和解したくない

裁判官は積極的に和解を勧めます。私としては金額を下げたくないだけでなく、法定利率を守らせるという筋を通す意味からも満額に近い金額でなければ和解したくありません。提訴して、主張・立証を方ーくし、貸金業者 …

no image

借主返済が遅れたり返済ができなくなる場合

借主(債務者)の返済が遅れたり、借金の返済ができなくなると、貸主(債権者)は様々な方法で貸金の回収をはかろうとします。被害にあったら、基本的には、消費生活センターや弁護士など専門家に相談することをお勧 …