スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

何でも否定的に向き合う母親の子の心境は

投稿日:

どのような家庭であるかはそこにいる人たちの思いで決まっていきます。その中心にいるのがお母さんです。お母さんの思いで家庭の雰囲気がつくられていきます。ですからお母さん自身が「私はこんなに素晴らしい。うれしい」という気持ちになっていただきたいのです。幸せがどんどん広がっていく生き方をしていただきたいのです。

いろいろなことに否定的に向き合い、お母さんが始終悪口やグチばかり言っているような環境では、子どもの心はつらくなるばかり。ステーキを食べながら「まったくあの人ったら何よ。しっかり働きもしないで生活は苦しくなるばかりじゃないの」とブツブツ聞かされ続ける家庭より、「お父さんの働きは少ないけれど、みんな元気でこうやって一緒にご飯が食べられてうれしいね」と言われる家庭のほうが、子どもの人生ははるかに幸福です。

何かうまくいかない、ご主人に対して不満がある、自分の思うようにいかない、やることがいっぱいで睡眠不足になっているなど、ストレスがあったり、心のどこかに不満の種があっていっぱいいっぱいになっていることが少なくありません。

不満がムクムク湧いてきたり

不満がムクムク湧いてきたり、頭に来たり、イライラしたとき、気持ちを立て直すための秘訣は、今よりちょっと悪いことを考えて、「それに比べると今の状態は有難い」と思うようにする方法もあります。

心が満たされているときはあまり怒らないものです。「まあ、いいか」と見過ごしていけるゆとりがもてるようになっていくものです。心にゆとりをもつことができず、子どもを叱ってばかりというお母さんは、必ずどこかに不満を抱えています。

心に不満やストレスがあるとやはり子どもにあたってしまうことが多くなります。そのような状態のときに、ゆとりをもちましょうと言われても、なかなかできることではありませんね。でも頭の中をちょっと切り替えることで、「まあ、いいか」という気持ちになることはできます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親の子供に対する異常なまでの過保護

ある校長先生は、新任の先生に向かって、「校内ではけがをさせないようにしてほしい」といったそうです。自分の身にふりかかる面倒を避けようとしていったのでしょう。そこで、子どもたちが全力をあげて活動しようと …

no image

我慢する力を子供につけさせる

本などについても、字が読めるとか、本が好きな子どもだということで、子どもにほしいといわれればそのまま買っているお母さんやお父さんがいます。しかし、小学校にも中学校にもいろいろな教科があります。理科が嫌 …

no image

動物の死を理解させるのも子供への教育

空腹の動物を見ていられないーその「思いやり」の気持はよくわかります。動物にはかわいそうですが、子どもに「思いやり」の心を育てるには、一時は、心を鬼にすることが大切になるのです。動物がどんなにかわいそう …

no image

赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら

あなたの赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら、あなたの前に議な姿勢で座らせてあげましょう。背中をしっかり支えてやり、両足を曲げ、あなたの隠の上に顔を上に向け、やさし<寝かせて下さい。この姿勢をと …

no image

いたずらっ子は探究心の現われ

早くからお母さんから離れていても平気な子どもがいて、お母さんにとっては独立心のある子のように思えるかも知れませんが、そうではないのです。お母さんとの情緒的な心の結びつきができなかったために、お母さんに …