スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

何でも否定的に向き合う母親の子の心境は

投稿日:

どのような家庭であるかはそこにいる人たちの思いで決まっていきます。その中心にいるのがお母さんです。お母さんの思いで家庭の雰囲気がつくられていきます。ですからお母さん自身が「私はこんなに素晴らしい。うれしい」という気持ちになっていただきたいのです。幸せがどんどん広がっていく生き方をしていただきたいのです。

いろいろなことに否定的に向き合い、お母さんが始終悪口やグチばかり言っているような環境では、子どもの心はつらくなるばかり。ステーキを食べながら「まったくあの人ったら何よ。しっかり働きもしないで生活は苦しくなるばかりじゃないの」とブツブツ聞かされ続ける家庭より、「お父さんの働きは少ないけれど、みんな元気でこうやって一緒にご飯が食べられてうれしいね」と言われる家庭のほうが、子どもの人生ははるかに幸福です。

何かうまくいかない、ご主人に対して不満がある、自分の思うようにいかない、やることがいっぱいで睡眠不足になっているなど、ストレスがあったり、心のどこかに不満の種があっていっぱいいっぱいになっていることが少なくありません。

不満がムクムク湧いてきたり

不満がムクムク湧いてきたり、頭に来たり、イライラしたとき、気持ちを立て直すための秘訣は、今よりちょっと悪いことを考えて、「それに比べると今の状態は有難い」と思うようにする方法もあります。

心が満たされているときはあまり怒らないものです。「まあ、いいか」と見過ごしていけるゆとりがもてるようになっていくものです。心にゆとりをもつことができず、子どもを叱ってばかりというお母さんは、必ずどこかに不満を抱えています。

心に不満やストレスがあるとやはり子どもにあたってしまうことが多くなります。そのような状態のときに、ゆとりをもちましょうと言われても、なかなかできることではありませんね。でも頭の中をちょっと切り替えることで、「まあ、いいか」という気持ちになることはできます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の自立心を育てること

合宿の中で生活の条件が変ったので、すっかり条件づけがくずれてしまった。一方、合宿中、顔を洗ったり、歯を磨いたり、着替えをすることにはきちっとしている子どもであるのに、遊びとなると全く傍観している子ども …

no image

生後一年の間に赤ちゃんが越えなければならない試練

新しい感覚を受け入れるために、赤ちゃんには時間が必要ですし、不安を取り除き自分を守ってくれる場所もほしくなります。そこで、赤ちゃんは自分のリズムに従ってこの世界で成長していくために、再びママといっしょ …

no image

真・善・美・宗教などとかかわりのある感情

子どもに関係することとして、例えば、どのような小学校がよい学校かーという相談をお母さんから受けることがあります。すでに、お母さん自身が決めていて、〇〇小学校はよい学校と聞いていますがーといった話を持ち …

no image

子どもの力を信じることが必要

西ドイツでは、クリスマスツリーを買ってもらった子どもは、ときどき手を休めながらも、その木を家にまで運んでいきました。お母さんは、「がんばれ」といった顔つきで、腕を組んだままそばについて歩いています。日 …

no image

子供の喘息には乾布摩擦が効果的

近ごろの子どもは、なかなか靴下を脱ぎたがらず、はだしで土を踏むことさえいやがるようになってしまいました。それだけ、皮ふを弱くしているのです。子どもは風の子という言葉をもう一度かみしめて下さい。小児科医 …