ニキビ

皮脂を取り過ぎるとニキビができやすくなるので注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗顔後、タオルで水気をふき取って、何もつけない状態でそのまま5分間。そのあと、顔に指を当てて、スムーズに動かないようなら乾燥気味のドライ肌。また朝起きたときに頼がカサカサする人もこの肌タイプです。季節を問わずにカサつきが気になる肌でも、ときどキビが部分的にできるニキビ。ゾーンだけがべタつき、頼はカサつくミックス肌の人も、ドライ肌の洗顔でケアして。

キメが細かくて、比較的ニキビにはなにくいけれど、乾燥を気にしすぎるあまりに乳液などの油分を与えすぎて、ときどきニキビに悩まされます。乾燥を気にした過剰な油分補給に気をつけましょう。ミックス肌もスキンケアの間違いから二キビに。とにかくオイリー肌の洗顔剤は、ベタつく皮脂を取り去ることが目的。だから洗顔後に、少し肌がつっばるくらいのさっばりタイプを選びましょう。顔全体を洗顔してから、ニキビの部分だけ指先で力を入れずにソフトになでるように洗うことも効果的。

大切な皮脂まで取り去ってしまうと

大切な皮脂まで取り去ってしまうと、肌が力サついて、そのあとに、乳液などの油分を多く与えがちとなり、ニキビの原因になります。洗い方も、できるだけ指の力を抜いてゴシゴシこすらずに、ソフトに洗うことを心がけましょう。こうすると、肌に必要な皮脂をゴッソリ取りすぎることが防げるのです。ただし、スクラブ洗顔剤や、フェースブラシはニキビを傷つけて悪化させる恐れがあるので、なるべく使用しないことも覚えておきましょう。

洗顔剤を選んだら、肌のタイプにかかわらず、まず基本の洗顔法をマスターして洗いましょう。大切なことは、充分に泡を立てる。肌を泡て包んて洗う。ニキビのできやすい部分をていねいに忘れずに洗うこれがニキビ洗顔のコッです。ここて正しい洗顔法をマスターして、朝晩必ず実行することを習慣にしてください。内から外へが洗顔の道顔の中心から外側へ向けて指の腹を動かして洗つことが、ポイントです。こうすると顔の筋肉の動きに沿って軽くマッサージできるため、肌の新陳代謝を活発にする働きもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加