スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

昼間のヘッドライトの点灯の意味

投稿日:

昼間でもへッドライトを点灯して走っているバイクを見かける。たしかに、昼間でもへッドライトを点灯して走ることは、バイクの存在を他のクルマに知らせるには効果的。バックミラーにピカッとライトが反射すれば、だれだって気がついてくれる。ところが、これが一般化し、だれもが点灯するようになると、はたしてじゅうぶんな効果が期待できるだろうか。4輪ドライバーが、バイクはみんなへッドライトを点灯するものだ、と思い込んでしまうと、いくらライトをつけていても最後にはさほど注意を引かなくなってしまうのではないだろうか。

もともと夜間走行だけにへッドライトをつけるように作られているのだから、昼間のへッドライト点灯はバイクの持っている電気系統の容量をオーバーしてしまう。やはり、その状況に応じて点灯するのがよさそうだ。混雑する場所ではもちろん点灯する。そして夕暮れになると、いち早くつける。これを励行してはどうだろうか。

前方にクルマがいないのにライトをつけるのは無駄以外のなにものでもない。もともと容量の小さいバイクのバッテリーに負担をかけることにもなる。バイクを例にとると、バッテリー容量は小さいものではわずか2A程度。普通に走ればバッテリーに負担をかけない程度には設計されているが、バッテリーが古くなったりすると、ますますバッテリーあがりに拍車をかけることになる。

タクシーの恐ろしさはダンプカー並み

タクシーの恐ろしさはダンプカー並み。発進時に気をつけたい。停止と同じくらい荒っぽく、ウインカーを出したかと思うとすぐに動き出す。運転の荒っぽさはもちろんのこと、客を見ればところかまわず左に寄って停止する急ブレーキが最も怖い。客を乗せなければ商売にならぬのはよくわかるが、その止め方の急なこと。すぐ後ろを2輪で走っていれば、こちらも急ブレーキングするしか手はない。しかもタクシーはドアをすぐに開ける。側面を抜けようにも左側は完全に塞がれてしまうのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのローリング族について

ローリング族は、ひとつの峠道を毎日のように通い、何回も往復しては速さを磨き、自分より速そうなヤツがくるとすぐに追いかけていって抜き去るところに快感を覚える人たちだ。最近は、有名な峠道ならどこに行っても …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

バイクのエンジンブレーキの仕組みや使い方

エンジンブレーキをご存知だろうか?エンジンがブレーキになるものか、と思う人がいたら、その人はオートバイのメカニズムに弱い人。エンジンをブレーキングに使う、といわれたら、すぐにエンジンブレーキのことだな …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …