スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

投稿日:

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。もちろん、500kmを走るからにはそれなりの厳しさもあるが。要は、その人がツーリングの目的とスケジュールをどのように設定するかによってきまってくる。

せっかく高いお金を出して買ったバイクをちょい乗りだけに使っているのは残念。休日や休暇を利用してすばらしいツーリングのだいごみを満喫してもらいたい。ツーリングの楽しさはプランづくりから始まることに変わりなく、地図を開き、ガイドブックを読んでツーリングの夢を広げていくのがべターだ。

よし、今日は400km走るぞ、と朝の6時に出発して夕方までみっちり走れば400kmは軽い。しかし、そのほとんどがワインディングロードであったり、逆に市街地ばかりで交通渋滞がひどかったりすしくなってしまう。また、途中で雨が降ってきたとか、雪が降ってきた、道路工事でデコボコ道が多かったなど、予想できなかった環境の変化があっても、400kmは難しくなるだろう。

200〜250kmぐらいまでに下げてやる

これは日帰りツーリングの場合だったが1泊、2泊、3泊とロングツーリングになるにつれて1日当りの走行距離は短く計画すことが大切だ。ロングツーリングになると体力や精神力は徐々に衰えてくるし、緊張感も低くなるから無理のない計画にしたい。1日当りの距離は高速を使わないで300km前後に押え、見物する場所を多くするなら、さらに200〜250kmぐらいまでに下げてやる。

また、途中でパンクや事故、転倒などのアクシデントによっても走行距離は大きく変わってきてしまう。従って、アクシデントが生じた場合の予備のコース、短縮するコース、などを出発前に考えておくことも大切。特に、グループツーリングで、その人数が多くなればなるほどアクシデントが生じる可能性は高くなるし、行動の時間もより多く費やすので余分な時間を用意しておくことが必要だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ライダースキルを上げて上級になるには?

ロードレースやモトクロスという限られた条件の中では、2〜3年のキャリアで上級ライダーになれる人もいるが、一般公道を走る場合は、はっきり言ってレース以上にキャリアとテクニック、そして精神力を必要とする。 …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …

no image

周回コース・幹線コースの走り方など

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カ …

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …