スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

投稿日:

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。もちろん、500kmを走るからにはそれなりの厳しさもあるが。要は、その人がツーリングの目的とスケジュールをどのように設定するかによってきまってくる。

せっかく高いお金を出して買ったバイクをちょい乗りだけに使っているのは残念。休日や休暇を利用してすばらしいツーリングのだいごみを満喫してもらいたい。ツーリングの楽しさはプランづくりから始まることに変わりなく、地図を開き、ガイドブックを読んでツーリングの夢を広げていくのがべターだ。

よし、今日は400km走るぞ、と朝の6時に出発して夕方までみっちり走れば400kmは軽い。しかし、そのほとんどがワインディングロードであったり、逆に市街地ばかりで交通渋滞がひどかったりすしくなってしまう。また、途中で雨が降ってきたとか、雪が降ってきた、道路工事でデコボコ道が多かったなど、予想できなかった環境の変化があっても、400kmは難しくなるだろう。

200〜250kmぐらいまでに下げてやる

これは日帰りツーリングの場合だったが1泊、2泊、3泊とロングツーリングになるにつれて1日当りの走行距離は短く計画すことが大切だ。ロングツーリングになると体力や精神力は徐々に衰えてくるし、緊張感も低くなるから無理のない計画にしたい。1日当りの距離は高速を使わないで300km前後に押え、見物する場所を多くするなら、さらに200〜250kmぐらいまでに下げてやる。

また、途中でパンクや事故、転倒などのアクシデントによっても走行距離は大きく変わってきてしまう。従って、アクシデントが生じた場合の予備のコース、短縮するコース、などを出発前に考えておくことも大切。特に、グループツーリングで、その人数が多くなればなるほどアクシデントが生じる可能性は高くなるし、行動の時間もより多く費やすので余分な時間を用意しておくことが必要だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …

no image

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右に …

no image

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいか …

no image

バイクのマフラーの改造の意味

「暴走ライダーは、あっちへ行ってくれ」、というほかはない。迷惑するのは当の本人ではなく、2輪を正しく乗っている正統派ライダーたちだ。彼らは乗る場所を間違えているのだ。大きな音を出したいなら、またムチャ …

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …