スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

投稿日:

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。もちろん、500kmを走るからにはそれなりの厳しさもあるが。要は、その人がツーリングの目的とスケジュールをどのように設定するかによってきまってくる。

せっかく高いお金を出して買ったバイクをちょい乗りだけに使っているのは残念。休日や休暇を利用してすばらしいツーリングのだいごみを満喫してもらいたい。ツーリングの楽しさはプランづくりから始まることに変わりなく、地図を開き、ガイドブックを読んでツーリングの夢を広げていくのがべターだ。

よし、今日は400km走るぞ、と朝の6時に出発して夕方までみっちり走れば400kmは軽い。しかし、そのほとんどがワインディングロードであったり、逆に市街地ばかりで交通渋滞がひどかったりすしくなってしまう。また、途中で雨が降ってきたとか、雪が降ってきた、道路工事でデコボコ道が多かったなど、予想できなかった環境の変化があっても、400kmは難しくなるだろう。

200〜250kmぐらいまでに下げてやる

これは日帰りツーリングの場合だったが1泊、2泊、3泊とロングツーリングになるにつれて1日当りの走行距離は短く計画すことが大切だ。ロングツーリングになると体力や精神力は徐々に衰えてくるし、緊張感も低くなるから無理のない計画にしたい。1日当りの距離は高速を使わないで300km前後に押え、見物する場所を多くするなら、さらに200〜250kmぐらいまでに下げてやる。

また、途中でパンクや事故、転倒などのアクシデントによっても走行距離は大きく変わってきてしまう。従って、アクシデントが生じた場合の予備のコース、短縮するコース、などを出発前に考えておくことも大切。特に、グループツーリングで、その人数が多くなればなるほどアクシデントが生じる可能性は高くなるし、行動の時間もより多く費やすので余分な時間を用意しておくことが必要だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでの追い越しでは事故に気をつけよう

直線や登り坂、下り坂での追い越しをする条件としては、対向車がいないこと、追い越した後に自分の入れるスペースが十分にあること、路地からクルマや子供などが飛び出してこない確認が得られることなどが必要。 道 …

no image

バイクでカーブに進入するスピード

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。 …

no image

道路標識などに気をつけよう

路肩に立ててある道路標識に気をつけよう。道路標識は最高速度ばかりでなく、コーナーあり、警笛鳴らせ、崖くずれや落石に注意などさまざまな状況を教えてくれる。遠方の路面を見ることも大切だが、これらの標識を見 …

no image

街中をオートバイで走行する場合のポイント

オートバイで街中走行をする場合、好き嫌いにかかわらず、進路変更をするケースが実に多い。また、進路変更は、上手に行わないと事故に直結する場合もあるので、次の注意点を守ることである。 緊急に進路変更する必 …

no image

バイクレースの世界最高峰

ロードレースは、日本をはじめ欧州、東南アジアなど、世界中で開催され、どこででも人気を集めている。世界最高峰のレースは、国際モーターサイクル協会が行う世界ロードレース選手権シリーズで、選手権では全12戦 …