スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

投稿日:

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。もちろん、500kmを走るからにはそれなりの厳しさもあるが。要は、その人がツーリングの目的とスケジュールをどのように設定するかによってきまってくる。

せっかく高いお金を出して買ったバイクをちょい乗りだけに使っているのは残念。休日や休暇を利用してすばらしいツーリングのだいごみを満喫してもらいたい。ツーリングの楽しさはプランづくりから始まることに変わりなく、地図を開き、ガイドブックを読んでツーリングの夢を広げていくのがべターだ。

よし、今日は400km走るぞ、と朝の6時に出発して夕方までみっちり走れば400kmは軽い。しかし、そのほとんどがワインディングロードであったり、逆に市街地ばかりで交通渋滞がひどかったりすしくなってしまう。また、途中で雨が降ってきたとか、雪が降ってきた、道路工事でデコボコ道が多かったなど、予想できなかった環境の変化があっても、400kmは難しくなるだろう。

200〜250kmぐらいまでに下げてやる

これは日帰りツーリングの場合だったが1泊、2泊、3泊とロングツーリングになるにつれて1日当りの走行距離は短く計画すことが大切だ。ロングツーリングになると体力や精神力は徐々に衰えてくるし、緊張感も低くなるから無理のない計画にしたい。1日当りの距離は高速を使わないで300km前後に押え、見物する場所を多くするなら、さらに200〜250kmぐらいまでに下げてやる。

また、途中でパンクや事故、転倒などのアクシデントによっても走行距離は大きく変わってきてしまう。従って、アクシデントが生じた場合の予備のコース、短縮するコース、などを出発前に考えておくことも大切。特に、グループツーリングで、その人数が多くなればなるほどアクシデントが生じる可能性は高くなるし、行動の時間もより多く費やすので余分な時間を用意しておくことが必要だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

タイヤの空気圧を適正に保っていますか?

空気圧が低ければタイヤは腰くだけになり、反対硬いとタイヤが跳ね回り、グリップどころではなくなってしまう。では空気圧をどの程度に保っておけばいいのかというと、やはりそのオートバイに合った基準ということに …

no image

ファミリーバイクは最も安く手軽に買えるが

バイクをまず最初に手に入れるとしよう。最も安く手軽に買えるのはファミリーバイク。車種構成も豊富でデザインもバリエーションに富んでいる。しかしファミリーバイクのメカニズムをよく調べてみよう。エンジンはほ …

no image

バイクのコーナー進入時の注意するポイント

コーナリングに夢中になって近くばかりを見ていると上下感覚を失いがちだ。防止策は、走っているときにできるだけ遠方を見ることだ。それにコーナーとコーナーの間の直線部分では、少しでもいいから遠い山や建物など …

no image

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやり …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …