ニキビ

皮脂の分泌は男性ホルモンから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、医師たちの間では、ニキビの原因として次のような項目があげられています。

・細菌の繁殖
・生活習慣
・生活環境
・ストレスホルモンバランスの乱れ
・皮フの機能低下

これらは互いに関連しており、どれか一つということではなく複合要因であることがニキビ治療の難しさの理由となっています。

思春期ニキビが女性より男性で目立つというのは、思春期ニキビがこの男性ホルモンの影響を強く受けているからです。男性ホルモンは、男性では主に睾丸、女性では主に副腎皮質から分泌されます。思春期に見られるニキビは、男性ホルモンの影響が主因と考えられています。

ニキビは毛穴に皮脂がつまって、そこに細菌が繁殖して炎症を起こす症状です。しかし、どうしてこんなに悩みの種となるニキビができてしまうのでしょうか。白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、これらのニキビやニキビ跡は混在することも多く、総合的な治療方針が必要なことが多いのです。女性ホルモンのバランスの乱れは、アダルトニキビが月経前にできやすいことからもニキビの原因となっていることがわかります。

男性ホルモンは皮脂の分泌を盛んにするので

男性ホルモンは皮脂の分泌を盛んにするので、この皮脂が排出されきれずに毛穴につまってニキビを引き起こします。しかし、最近増えているアダルトニキビについては、男性ホルモン(アンドロゲン)の働きだけでは説明できません。まだ医学的に解明されていないのですが、女性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲンなどのバランスが崩れることと関連があるのではないかと考えられています。

皮フの機能低下は老化による新陳代謝の衰えと密接な関連があります。そのため、アダルトニキビの治療のなかに皮フの若返り治療(アンチエイジング)を取り入れて、治療効果を高めることもあります。思春期ニキビが盛んな皮脂の分泌によって起こるのに対し、アダルトニキビは皮フの保湿能力が低下している乾燥肌の人にもできやすいという特長があります。これは、皮フの機能が低下すると発症しやすいということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加