スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ヘルメットのあごひもが痛いからといって締めないと

投稿日:

へルメットはSGおよびJ1Sマーク、あるいはスネル規格をパスした本格的なもの。それをかぶったそこまではいい。問題はそのあと。あなたはアゴひもをきちんと締めているか?思うに、あれはいちいちアゴひもを締めるのはめんどうくさいし、アゴひもをダラリとぶら下げて走るのは、ネクタイをゆるめたのと同じようなラフなカッコよさとでもいったものに通じると受け取られているからだろう。それにテレビや映画もオートバイに関してはよくない。

主人公がへルメットをかぶりざま、ろくにアゴひもも締めないで悪漢を追いかけていく。あれもアゴひもなしで運転するとカッコイイと思うような土壌を育てているように思われる。このアゴひもをしていない人が意外と多いのだ。せっかく締めていてもュルュルにしている人がなんと多いことか。こんなことではノーへルと同じ、とまではいかなくてもそれに近い危険な状態なのだ。

たしかにへルメットのアゴひもは締めるのはやっかいなもの。だが、やっかいなだけ万一のときにも脱げない効果があるのだ。これをじゅうぶんに頭に入れて、ぜひともひもを締めてもらいたい。そしてアゴひもがくたびれてしまったら、思い切りよく買い換えることだ。もったいないようだけど、命を守るためにはやむを得ない。

へルメットから始まり靴にいたるまで

これは2輪ライダーの服装、すなわちへルメットから始まり靴にいたるまでのすべてについていえるのだが、俺が最も心配するのはへルメット。人間の体のなかで最も重要な頭を保護するへルメットの選び方がなおざりにされている。

締め方がゆるいのも困りもの。たしかにギュッと締めると圧迫感をともない、気持ちのよいものではないが、ある程度固く、転倒しても脱げないくらいには締めたい。へルメットが頭をショックから守ってくれる前に、へルメットだけ転がってのではなんの意味もない。また、若者によく見かけるのが工事用へルメット、いわゆるドカへルというやつはやめておこう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

腹筋トレーニングメニュー

体力より精神力が問われるのがトレーニング。あせらずにコツコツと積み重ねてはじめて筋力が備わってくる。あせりは大敵だ。前側つまり腹筋を強化。腹筋の大切さはここであらためて説明するまでもないだろう。どんな …

no image

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと。何度にも分けて、コン、コン、コンといった要領でかけるのがコツだ。機構的にはホイールのハブの内部に2個のシューを持っており、ブレーキペダルで与えられた力 …

no image

ライダースキルを上げて上級になるには?

ロードレースやモトクロスという限られた条件の中では、2〜3年のキャリアで上級ライダーになれる人もいるが、一般公道を走る場合は、はっきり言ってレース以上にキャリアとテクニック、そして精神力を必要とする。 …

no image

ソロツーリングの楽しみ方

ソロツーリングは、文字通りひとりでツーリングすることであり、自由にコースやスケジュールを組んで、気分に合った走りを楽しむことができるのが最大のメリットといえる。だれにも遠慮はいらないし、規制されること …

no image

バイクのフレームの剛性などについて

マシンそのものの剛性はフレームに頼るところが大きく、最近ではコンピューター分析によってフレーム設計を行うことも盛んになってきている。フレームは強ければ強いほどよいというわけではなく、ある程度のよじれ、 …