スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ヘルメットのあごひもが痛いからといって締めないと

投稿日:

へルメットはSGおよびJ1Sマーク、あるいはスネル規格をパスした本格的なもの。それをかぶったそこまではいい。問題はそのあと。あなたはアゴひもをきちんと締めているか?思うに、あれはいちいちアゴひもを締めるのはめんどうくさいし、アゴひもをダラリとぶら下げて走るのは、ネクタイをゆるめたのと同じようなラフなカッコよさとでもいったものに通じると受け取られているからだろう。それにテレビや映画もオートバイに関してはよくない。

主人公がへルメットをかぶりざま、ろくにアゴひもも締めないで悪漢を追いかけていく。あれもアゴひもなしで運転するとカッコイイと思うような土壌を育てているように思われる。このアゴひもをしていない人が意外と多いのだ。せっかく締めていてもュルュルにしている人がなんと多いことか。こんなことではノーへルと同じ、とまではいかなくてもそれに近い危険な状態なのだ。

たしかにへルメットのアゴひもは締めるのはやっかいなもの。だが、やっかいなだけ万一のときにも脱げない効果があるのだ。これをじゅうぶんに頭に入れて、ぜひともひもを締めてもらいたい。そしてアゴひもがくたびれてしまったら、思い切りよく買い換えることだ。もったいないようだけど、命を守るためにはやむを得ない。

へルメットから始まり靴にいたるまで

これは2輪ライダーの服装、すなわちへルメットから始まり靴にいたるまでのすべてについていえるのだが、俺が最も心配するのはへルメット。人間の体のなかで最も重要な頭を保護するへルメットの選び方がなおざりにされている。

締め方がゆるいのも困りもの。たしかにギュッと締めると圧迫感をともない、気持ちのよいものではないが、ある程度固く、転倒しても脱げないくらいには締めたい。へルメットが頭をショックから守ってくれる前に、へルメットだけ転がってのではなんの意味もない。また、若者によく見かけるのが工事用へルメット、いわゆるドカへルというやつはやめておこう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのアクセルの構造など

ほとんどのスポーツバイクのアクセルは、キャブレターとの間をワイヤーケーブルで結んで、アクセルを開くとキャブレターの吸入ロも開いて燃料(ガソリン、エアー)をエンジンに送り込むシステムになっている。そして …

no image

バイクのミラーの死角に気をつける

唯一の後方の目であるバックミラーは死角というやっかいな問題をもっている。すなわちオールマイティではないのだ。だが、その欠点を知っていてバックミラーを使えばより安全な走行ができるというわけだ。バックミラ …

no image

車の間をバイクですり抜けていく危険

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいが …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …