スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

初デートに持っていく資金には余裕を持たせること

投稿日:

カードとは切り離して、一万円という特別予算、を組んでおく。そうすると、デートのスタートから気分に余裕が生まれる。言い換えると、食事でいくら、ワインの追加でいくらという細かい計算を抜きにした、「大ざっばな気分」でいられる。

今は、カードの時代である。だから、サイフの中身がカラになっても身動きがとれないという心配はない。しかし、初デートというのは特別なイベントだ。その特別な日には、サイフの中身は潤沢にしておきたい。それは、何よりも自分に余裕を持たせるためだ。

セコセコとしたダンドリ君とは正反対のくつろいだムードがかもし出される。女性は、くつろいだムードに弱い。たとえ自分よりもチビでも、とんでもないヤセでも、くつろいだムードを持った男には頼もしさをおほえる。これは、確かなことである。

サイフの中にギリギリの予算しかない男は、たとえば、ワインリストの中で安いワインばかりに目を走らせることになる。当然、その目つきは、何か臆病で落ち着きのないものになる。「チリワインは、安くてうまいから、チリにしようよ」というノリは、相当に親しくなってこそ通用するものだ。

親しくない男に対しては冷酷

サイフの中に一万円が入っているせいだと知ったら、「なあんだ」とシラけてしまうだろう。だが、その理由が知られないかぎりは、「どことなくゆったりした男」という魅力を感じさせることができるのだ。

かなり親密になってくると、女は、男の経済状態を心配することに喜びを感じてくる。しかし、女の「包容力」によりかかるのは、初デートでは通用しない。初デートでそれをされた女は、かならず、こう思うだろう。「申し訳ないけど、よくも知らない男のためにサイフの中身を心配する義理はありません」はっきり言うと、女性は、親しくない男に対しては「冷酷」である。

それは、動物学的な本能に由来するものらしい。雌が、雄に行為を許すにおいて厳しい審査をおこなうのは、あらゆる動物に共通しているパターンだ。つまり、彼女は、「この男は、どこまで自分に金を使うつもりがあるのか」を、試験官のような目で見ているのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

社内のイベントでは世話をする役目に徹してみる

社内のイベントでは世話役に徹するカルト漫画の永遠の古典というべき『かっこいいスキヤキ』(泉昌之著)には、こんなセリフが登場する。「スキヤキの肉を横目に、しらたきを食うオレって、シブいなあ」ここで光を当 …

no image

恋のワクチンは世の中にあふれ出ている愛の歌

恋ワクチンとは、世の中にあふれ出ている恋愛ドラマ、愛の歌である。彼女らはこれらを通して擬似恋愛体験をする。つまり、それが恋ワクチンなのだ。ワクチンを体内に注入したために、自分はもう、恋を体験したかのよ …

no image

息子が可愛くてたまらない

3歳になりたての息子が、かわいくてたまらない、とある人は語る。女にキビしく男にアマい私の性格を改めて思い知らされた。7歳の長女とは、本気でののしりあっての大ゲンカをするくせに、息子は何をしょうと、あら …

no image

女性の本性はきわめて保守的

今や、日本の市場でもマーガリンがバターをはるかにしのいでいるのは、知ってのとおりだが、こんな話がある。かつて、マーガリンは、バターのニセモノのような見方をされていた。アメリカのマーガリン会社は、そのこ …

no image

デート中に犬などに出くわしたら撫でてあげよう

犬好きの女性にとって、犬好きの男は、それだけで「心が温かい」と映る。だが、特別に犬好きではない女性でも、動物をいつくしむ男には安心感をおぼえところがある。いかにも環末でセコいノウハウのように思われるか …