スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

破産手続の開始決定がされたら借金はすべて消えてしまうの?

投稿日:2015年4月20日 更新日:

・破産手続きの開始があると、借金はすべて消えてしまうのですか?

破産手続の決定を受け、さらに破産手続きが終了しても、それだけでは返せなくなった借金はなくなりません。めぼしい資産がない場合は、破産管財人を選任せず、破産手続き開始の決定と同時に破産手続きを終了させる同時廃止という)のが普通です。破産手続き開始の決定後も借金の返済義務が残ったままでは、経済的な更生など望めません。破産物が破産を申し立てるのは、最終的には借金を整理して立ち直ることが目的です。裁判所が免責を決定して、初めて破産者の借金がなくなるのです。そこで、破産手続き開始の決定を受けた破産者は、すぐに免責を申し立てるのが普通です。免責決定により、破産者は一切のなくなります。

・自己破産すると、できなくなること、困ることはありますか?

ほとんど処分する資産がなく破産管財人が選任されない場合には、破産宣告と同時に破産手続きが終了します(同時廃止という)。破産者が受ける制限には、大きく分けて、財産の管理・処分権の喪失、一定の自由の制限、公法上の資格制限(弁護士、司法書士、公安委員、不動産業者、風俗営業者、警備員、証券会社外交員などにはなれない)、私法上の制限(代理人、後見人、遺言執行人などにはなれない)、があります。

免責決定後、貸主が返済を請求したら?

・免責決定後、貸主が返済を請求したら?

貸主の請求は法律的に何の根拠もなく、違法で悪質な取立てと言えます。免責により借金の支払義務はなくなったのですから、借主には返済義務はありません。ちなみに、破産手続き開始の決定を受けても、免責を受けないと、借金は無くなりません。

・免責が認められないのは、どんな場合?

免責が認められない理由としては、破産法の規定する破産者の義務に違反した場合、浪費やギャンブルによる借金、申立ての前7年以内に免責を受けている場合、返済可能と偽装して借りた場合です。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

データ保管の都合上廃棄したと主張する貸金業者

貸金業者は、10年以上の取引履歴は保存していない、破棄したなどと主張する場合があります。しかし、貸金業者にとって重要なデータの廃棄は考えられません。「データ保管の都合上廃棄した」といっても、コンピュー …

no image

債権譲渡・合併・営業譲渡を貸金業者がした場合の相手方

・債権譲渡・合併・営業譲渡を貸金業者がした場合の相手方 合併後の貸金業者に過払金返還請求をしたのですが、その貸金業者は「合併前の過払金は、当社が返還すべきものではなく、合併前の会社が返還すべきものなの …

no image

流通系カードは高率のポイント提供などお得が多い

流通系カード各社は、会員に積極的にカードを利用してもらおうと、会員限定セールなど様々な特典をつけている。ジャスコ、サティなどのイオングループでは毎月20日、30日はイオンカード会員限定で5%引きセール …

no image

専属的合意管轄であっても移送は認められない

専属的合意管轄であっても、当事者の衡平の観点から移送は認められない。専属的な合意がなされた裁判所以外の法定管轄裁判所に訴訟が提起された場合、訴訟の遅滞を避けるためまたは当事者間の衡平を図るため必要なと …

no image

貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えている

近年の傾向として、裁判例で、当初残高もしくは貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えています。残高無視計算による場合、真実の過払金額より多額の請求が認められる余地が出てきますが、正確な …