スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ハンドルをこじるなどのバイク用語

投稿日:

・ハンドリング

主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。

・ハンドルをこじる

「ハンドルをこじる」というのは、車体をバンクさせ、なおかつハンドルに力を入れ、内側へひねり倒すことである。この動作は、ケースバイケースで行うべきで、絶対にいけないというものではない。オートバイの方向を変えるには、キャンベースラストを発生させるために、マシンをバンクさせればよい。四輪車のようにヘンドルを内側へ切るのは、極低速時の限られた場合のみである。アメリカンタイプやモトクロッサーでは必要度が高く、F16インチのマシンでは必要度はきわめて低くなっている。

・パワーレスポンス

単にエンジン回転の上昇具合を表現する場合は、レスボンス性とか、ピックアップという言葉を使用する。エンジンの馬力が高い(仕事量が多い)ほど。エンジン回転の上昇に豪快さと力強さが加わってくる。このパワフルな感じを「パワーレスボンスがすばらしい」などと表現する。

パワーバンド、ハーフスロットル

・パワーバンド

エンジンの全回転域を通じ、最もレスポンスがよく、加速性がよい回転域のこと。サーキットなどを速く走るには、このパワーバンドを有効に生かすシフト動作が必要である。パワーバンドの広さは、エンジン型式や、マシンの種類によって異なっており、2000rpmぐらいしかない狭いものもあれば、2000〜10000rpmまですべてパワーバンドのマシンもある。

・ハーフスロットル

ハーフスロットルとは、半分スロットルを開け(全開ではないという意味)、後輪のグリップを確保しつつ加速している状態をいう。ハーフス口ットルコーナーリング中のスロットル操作をいいあらわす言葉。パーシャル状態とは、アクセルを一定に保ち、マシンが加速でもなし、減速でもなしの中立状態でスピードを保つことをいう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右に …

no image

バイクウェアなどの革製品の手入れ

レザーウェア、グローブ、ブーツなどは手入れの仕方しだいでは一生もつほどになる。小まめに手入れをすれば、革というものはそれにこたえて、いつまででもライダーのために働いてくれるものなのだ。最近は、グリップ …

no image

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわ …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …