スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ハンドルをこじるなどのバイク用語

投稿日:

・ハンドリング

主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。

・ハンドルをこじる

「ハンドルをこじる」というのは、車体をバンクさせ、なおかつハンドルに力を入れ、内側へひねり倒すことである。この動作は、ケースバイケースで行うべきで、絶対にいけないというものではない。オートバイの方向を変えるには、キャンベースラストを発生させるために、マシンをバンクさせればよい。四輪車のようにヘンドルを内側へ切るのは、極低速時の限られた場合のみである。アメリカンタイプやモトクロッサーでは必要度が高く、F16インチのマシンでは必要度はきわめて低くなっている。

・パワーレスポンス

単にエンジン回転の上昇具合を表現する場合は、レスボンス性とか、ピックアップという言葉を使用する。エンジンの馬力が高い(仕事量が多い)ほど。エンジン回転の上昇に豪快さと力強さが加わってくる。このパワフルな感じを「パワーレスボンスがすばらしい」などと表現する。

パワーバンド、ハーフスロットル

・パワーバンド

エンジンの全回転域を通じ、最もレスポンスがよく、加速性がよい回転域のこと。サーキットなどを速く走るには、このパワーバンドを有効に生かすシフト動作が必要である。パワーバンドの広さは、エンジン型式や、マシンの種類によって異なっており、2000rpmぐらいしかない狭いものもあれば、2000〜10000rpmまですべてパワーバンドのマシンもある。

・ハーフスロットル

ハーフスロットルとは、半分スロットルを開け(全開ではないという意味)、後輪のグリップを確保しつつ加速している状態をいう。ハーフス口ットルコーナーリング中のスロットル操作をいいあらわす言葉。パーシャル状態とは、アクセルを一定に保ち、マシンが加速でもなし、減速でもなしの中立状態でスピードを保つことをいう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのミッションの重要性

ミッションは多ければ、それだけ有利な走りが可能だが多くすればするほど操作が忙しくなり実用性から遠ざかっていくため、現在では6段が限界と考えられているのだろう。エンジンは何回転、スピードは何km/hでど …

no image

バイクに乗る際の基本フォームを知っておこう

国際A級ライダーでも、転倒が多くなったり、成績不振のときは、もう一度、走り込んで自分なりのフォームを再チェックしている。基本フォームからやり直すことは、けっして遠まわりにはならない。むしろ、よりハイテ …

no image

バイクを寝かせるまでのコツ

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つ …

no image

スローインファーストアウト走行

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や …

no image

バイクのタンクパッドでニーグリップ

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るた …