スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ハンドルをこじるなどのバイク用語

投稿日:

・ハンドリング

主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。

・ハンドルをこじる

「ハンドルをこじる」というのは、車体をバンクさせ、なおかつハンドルに力を入れ、内側へひねり倒すことである。この動作は、ケースバイケースで行うべきで、絶対にいけないというものではない。オートバイの方向を変えるには、キャンベースラストを発生させるために、マシンをバンクさせればよい。四輪車のようにヘンドルを内側へ切るのは、極低速時の限られた場合のみである。アメリカンタイプやモトクロッサーでは必要度が高く、F16インチのマシンでは必要度はきわめて低くなっている。

・パワーレスポンス

単にエンジン回転の上昇具合を表現する場合は、レスボンス性とか、ピックアップという言葉を使用する。エンジンの馬力が高い(仕事量が多い)ほど。エンジン回転の上昇に豪快さと力強さが加わってくる。このパワフルな感じを「パワーレスボンスがすばらしい」などと表現する。

パワーバンド、ハーフスロットル

・パワーバンド

エンジンの全回転域を通じ、最もレスポンスがよく、加速性がよい回転域のこと。サーキットなどを速く走るには、このパワーバンドを有効に生かすシフト動作が必要である。パワーバンドの広さは、エンジン型式や、マシンの種類によって異なっており、2000rpmぐらいしかない狭いものもあれば、2000〜10000rpmまですべてパワーバンドのマシンもある。

・ハーフスロットル

ハーフスロットルとは、半分スロットルを開け(全開ではないという意味)、後輪のグリップを確保しつつ加速している状態をいう。ハーフス口ットルコーナーリング中のスロットル操作をいいあらわす言葉。パーシャル状態とは、アクセルを一定に保ち、マシンが加速でもなし、減速でもなしの中立状態でスピードを保つことをいう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクは滑りやすい路面に気をつける

2輪にとって問題となるのは、摩擦係数が低い状態、いわゆるすべりやすい路面。だれでも経験があるように雨の日はすべりやすいものだが、晴れでもそれと同じような状態にあるのが砂および路面の交通標示ペイント。こ …

no image

バイクのタンクパッドでニーグリップ

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るた …

no image

バイクのコーナリングテクニック

バイクは車体を寝かせてコーナーを曲がる。これは当然のこと。さらにコーナーが大きければ、すなわち半径が大きければ、あまり寝かすことなく高いスピードで走る。これは当然。すると速いコーナリングとは、より大き …

no image

バイクのブレーキングとシフトダウン

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。 …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …