スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ハンドルグリップが遠すぎて腕が伸びきってしまうとき

投稿日:

ハンドルグリップが遠すぎて、腕が伸びきってしまうとき=ハンドルの取り付け角度を変えてみる。車種によってはストレートハンドルのほかにアップハンドルのオプションパーツを揃えているものもある。角度を変えてもピッタリこないときは、同メーカー、同クラスで、タイプの違うオートバイのハンドルに交換する方法がある。

自分の体に合ったようにマシンを直そう。といっても大幅な改造はすべきではない。警察の御用になることはもちろんだが、メーカーが安全性を配慮して設計したバイクにとって、不正改造によって起こる操安性の変化は、大きな危険を呼ぶことになる。改造といっても、安全を確保できる範囲でしかも簡単にできる。

足が遠いとき=シートを交換するか、シートのなかのアンコを抜いてシートを薄くするとよい。また、リアサスペンションの調整でも多少車高を低くできるし、ダンパーを交換するとより効果的だが、これもディーラーなどに相談して適切なものを選ぶ必要がある。

大幅な外観の変更は

また、ペダルやステップも自分のポジションに合うように多少の調整はできる。しかし、あまり大幅な外観の変更は、4輪と同様に下取り価格が下がってしまうことも覚えておいたほうがよい。

実際に交換するときはディーラーに依頼するか、相談にのってもらうとよい。また、ブレーキやクラッチのレバーも自分の手の大きさに合わせて、レバーの引き代を調整すればよい。角度も自分の手首を楽に使えるように調整しよう。またクランク型に曲がった握りやすいパワーレバー、に交換する方法もある。

街中なのに背中を丸めて走っている人をよく見かける。高速走行でなら多少前屈姿勢を取って、上体にかかる空気抵抗を減らす意味もあるが、街中でやるのはいただけない。見た目もカッコ悪いが、ネコ背になっている、腰が安定しない。野球などスポーツ全般でも腰の安定が最も大事といわれるが、オートバイでもももちろん腰が重要な役割を果たすのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのギアを常にトップに入れたい人

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者 …

no image

バイクのミラーの死角に気をつける

唯一の後方の目であるバックミラーは死角というやっかいな問題をもっている。すなわちオールマイティではないのだ。だが、その欠点を知っていてバックミラーを使えばより安全な走行ができるというわけだ。バックミラ …

no image

バイク用レインウェアのワンピースタイプ

レインウェアのワンピースタイプは、高速走行の場合や、脱いだり着たりすることが少ないケースには向いているが、運動性はそれほどよくないものが多い。耐久性にやや難があるが4〜5年は使用できる。価格も手ごろだ …

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

バイクでカーブに進入するスピード

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。 …