スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

投稿日:

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやりたい、と考える。たしかにハイパワーのバイクでのコーナリングは魅力的だ。

つねにリーンウイズ。とにかくこれがベスト。初心者がわざと重心を移動して走っても、よい結果は生まれないのだ。そして上手になったら、自分なりの姿勢を考えること。それまではリーンウイズ一本で。もしやるならリーンアウトだけ。それも林道などでバランスを取りにくい場合か、ブラインドコーナーで進行方向を確認するときだけ。しかもスピードを出してはいけない。自分から姿勢をくずすのだから、これは当然のこと。

テクニックがないものほどムチャクチャなスピードでコーナーに突っ込んでいく。そしてコーナーへはいってからスピードが乗りすぎていることがわかり減速、つぎにあわてて加速するのだから、タイムロスはじつに大きい。これではファストイン・スローアウトだ。下手するとコーナーで外へ飛び出すことだって考えられる。無謀なスピードでのコーナリングは、とにかくつつしむべし。

スピードが上がれば上がるほど危険は増す

スピードが上がれば上がるほど危険は増す。いくら高性能・高出力のバイクでも、スピードが乗れば危険なのだ。ライダーが自分のテクニックの程度とバイクの限界を知らない場合には、なおのことだ。ではどうする?じゅうぶんな減速である。シフトダウンを巧みに使いながら、クリアすべきコーナーを見定めたら、最終的に何速に落とすか頭のなかで決定する。

そしてつねにタコメーターの指針を最大トルク発生回転数近くにキープしながら、シフトダウンしていく。コーナー最深部までいったら、そこから加速する。いわゆるスローイン・ファストアウトだ。コーナリングではこれがいちばん安全かつ最速の方法なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの左右コーナー の走行テク

オートバイは、750ccや1000ccでもない限り、ちょっとした坂でもすぐにスピードが落ちてしまうので、坂道では、4速なり3速で走行するほうが望ましい。シフトダウンのタイミングは、スピードが落ちてから …

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

バイクのライディングフォームはおかしくないですか?

マシンは、二輪で走っているために平衡感覚によるバランスが非常に大切だ。放っておけば転倒するし、止まっている時も足を着いたり、スタンドをかけなければ転んでしまう。従って、マシンに乗っている時は、ライダー …

no image

バイクのギアチェンジによる加速について

ツーリングなどに行って、1日中走行すれば、何十回・何百回もくり返すことになり、たいへんな労働を強いられるので、疲労度もかなりのものだ。そのため、できる限りスムーズに、そして疲れないようなライディングが …

no image

バイクでコーナーを曲がる際の目線の移し方

目はあらゆる環境から情報を採り入れる大切な役割をする。直線では先へ先へと視線を移しながらバックミラー、両サイド、路面などを追いつづける。教習所で習うように例えば一本橋、走行ではあまり直前をみているとマ …