スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

投稿日:

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやりたい、と考える。たしかにハイパワーのバイクでのコーナリングは魅力的だ。

つねにリーンウイズ。とにかくこれがベスト。初心者がわざと重心を移動して走っても、よい結果は生まれないのだ。そして上手になったら、自分なりの姿勢を考えること。それまではリーンウイズ一本で。もしやるならリーンアウトだけ。それも林道などでバランスを取りにくい場合か、ブラインドコーナーで進行方向を確認するときだけ。しかもスピードを出してはいけない。自分から姿勢をくずすのだから、これは当然のこと。

テクニックがないものほどムチャクチャなスピードでコーナーに突っ込んでいく。そしてコーナーへはいってからスピードが乗りすぎていることがわかり減速、つぎにあわてて加速するのだから、タイムロスはじつに大きい。これではファストイン・スローアウトだ。下手するとコーナーで外へ飛び出すことだって考えられる。無謀なスピードでのコーナリングは、とにかくつつしむべし。

スピードが上がれば上がるほど危険は増す

スピードが上がれば上がるほど危険は増す。いくら高性能・高出力のバイクでも、スピードが乗れば危険なのだ。ライダーが自分のテクニックの程度とバイクの限界を知らない場合には、なおのことだ。ではどうする?じゅうぶんな減速である。シフトダウンを巧みに使いながら、クリアすべきコーナーを見定めたら、最終的に何速に落とすか頭のなかで決定する。

そしてつねにタコメーターの指針を最大トルク発生回転数近くにキープしながら、シフトダウンしていく。コーナー最深部までいったら、そこから加速する。いわゆるスローイン・ファストアウトだ。コーナリングではこれがいちばん安全かつ最速の方法なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …

no image

オートバイのメカニズムを大別すると5パートに分かれる

オートバイのメカニズムを大別すると、次の5パートになる。前後サスペンション、フレーム・駆動装置、ホイール・ブレーキ装置、保安部品、エンジン本体。 前後サスペンションは、オートバイの種類や用途に合わせ。 …

no image

バイクのミラーの死角に気をつける

唯一の後方の目であるバックミラーは死角というやっかいな問題をもっている。すなわちオールマイティではないのだ。だが、その欠点を知っていてバックミラーを使えばより安全な走行ができるというわけだ。バックミラ …

no image

ワンダリングなどのバイク用語など

・ワンダリング 大型トラックが多く走行する街道では、タイヤがよく通る個所だけ「軌」ができており、そこを斜めに横切るような場合に、時として、後輪側からヨロヨロと揺れがくることがある。これがワンダリングで …

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …