スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

投稿日:

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやりたい、と考える。たしかにハイパワーのバイクでのコーナリングは魅力的だ。

つねにリーンウイズ。とにかくこれがベスト。初心者がわざと重心を移動して走っても、よい結果は生まれないのだ。そして上手になったら、自分なりの姿勢を考えること。それまではリーンウイズ一本で。もしやるならリーンアウトだけ。それも林道などでバランスを取りにくい場合か、ブラインドコーナーで進行方向を確認するときだけ。しかもスピードを出してはいけない。自分から姿勢をくずすのだから、これは当然のこと。

テクニックがないものほどムチャクチャなスピードでコーナーに突っ込んでいく。そしてコーナーへはいってからスピードが乗りすぎていることがわかり減速、つぎにあわてて加速するのだから、タイムロスはじつに大きい。これではファストイン・スローアウトだ。下手するとコーナーで外へ飛び出すことだって考えられる。無謀なスピードでのコーナリングは、とにかくつつしむべし。

スピードが上がれば上がるほど危険は増す

スピードが上がれば上がるほど危険は増す。いくら高性能・高出力のバイクでも、スピードが乗れば危険なのだ。ライダーが自分のテクニックの程度とバイクの限界を知らない場合には、なおのことだ。ではどうする?じゅうぶんな減速である。シフトダウンを巧みに使いながら、クリアすべきコーナーを見定めたら、最終的に何速に落とすか頭のなかで決定する。

そしてつねにタコメーターの指針を最大トルク発生回転数近くにキープしながら、シフトダウンしていく。コーナー最深部までいったら、そこから加速する。いわゆるスローイン・ファストアウトだ。コーナリングではこれがいちばん安全かつ最速の方法なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

交通3悪の危険に注意する

交通3悪なんてよくいわれるが、2輪の大敵がつぎの3つ。子ども、ダンプカー、タクシー、この3つは、オートバイライダーが最も気をつけなければならない相手。くれぐれもこれらに気をつけて走らなければならない。 …

no image

フレキシブルなどの用語

・フレキシブル 低中速トルクが強く、上り坂でも出足がよい。しかも、高速パワーも十分で、回転に伸びがあり、いかなる場所でもパワフルに走るエンジンを、「フレキシブルなエンジン」とか、「フレキシブルなパワー …

no image

グリップ・トラクションなどの用語

・グリップ・トラクション 単に「グリップ」という場合は、タイヤが路面をとらえる表現として使用される。「トラクション」という場合は、そのマシンのサスペンション性能+タイヤのグリップを総合して判断した場合 …

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …

no image

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次 …