スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

投稿日:

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやりたい、と考える。たしかにハイパワーのバイクでのコーナリングは魅力的だ。

つねにリーンウイズ。とにかくこれがベスト。初心者がわざと重心を移動して走っても、よい結果は生まれないのだ。そして上手になったら、自分なりの姿勢を考えること。それまではリーンウイズ一本で。もしやるならリーンアウトだけ。それも林道などでバランスを取りにくい場合か、ブラインドコーナーで進行方向を確認するときだけ。しかもスピードを出してはいけない。自分から姿勢をくずすのだから、これは当然のこと。

テクニックがないものほどムチャクチャなスピードでコーナーに突っ込んでいく。そしてコーナーへはいってからスピードが乗りすぎていることがわかり減速、つぎにあわてて加速するのだから、タイムロスはじつに大きい。これではファストイン・スローアウトだ。下手するとコーナーで外へ飛び出すことだって考えられる。無謀なスピードでのコーナリングは、とにかくつつしむべし。

スピードが上がれば上がるほど危険は増す

スピードが上がれば上がるほど危険は増す。いくら高性能・高出力のバイクでも、スピードが乗れば危険なのだ。ライダーが自分のテクニックの程度とバイクの限界を知らない場合には、なおのことだ。ではどうする?じゅうぶんな減速である。シフトダウンを巧みに使いながら、クリアすべきコーナーを見定めたら、最終的に何速に落とすか頭のなかで決定する。

そしてつねにタコメーターの指針を最大トルク発生回転数近くにキープしながら、シフトダウンしていく。コーナー最深部までいったら、そこから加速する。いわゆるスローイン・ファストアウトだ。コーナリングではこれがいちばん安全かつ最速の方法なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

二輪の半クラッチのコツ

半クラッチが効果的なのはクラッチを切った瞬間にレスポンスが回復するエンジンで、4ストロークの単気筒ではほとんど必要ない。ゆるい上り坂で瞬時に追い越しを必要とするときに、シフトダウンすると回転が上がりす …

no image

ノンスナッチスピードなどの用語

・ノンスナッチスピード マシンのトップギヤ(6速ギヤであれば6速)で走行できる最低速度のこと。ノッキング(不整爆発を生じ、エンジンがガクガクする)寸前のときのスピードを計測する。 ・ニュートラルステア …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …