スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

投稿日:

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやりたい、と考える。たしかにハイパワーのバイクでのコーナリングは魅力的だ。

つねにリーンウイズ。とにかくこれがベスト。初心者がわざと重心を移動して走っても、よい結果は生まれないのだ。そして上手になったら、自分なりの姿勢を考えること。それまではリーンウイズ一本で。もしやるならリーンアウトだけ。それも林道などでバランスを取りにくい場合か、ブラインドコーナーで進行方向を確認するときだけ。しかもスピードを出してはいけない。自分から姿勢をくずすのだから、これは当然のこと。

テクニックがないものほどムチャクチャなスピードでコーナーに突っ込んでいく。そしてコーナーへはいってからスピードが乗りすぎていることがわかり減速、つぎにあわてて加速するのだから、タイムロスはじつに大きい。これではファストイン・スローアウトだ。下手するとコーナーで外へ飛び出すことだって考えられる。無謀なスピードでのコーナリングは、とにかくつつしむべし。

スピードが上がれば上がるほど危険は増す

スピードが上がれば上がるほど危険は増す。いくら高性能・高出力のバイクでも、スピードが乗れば危険なのだ。ライダーが自分のテクニックの程度とバイクの限界を知らない場合には、なおのことだ。ではどうする?じゅうぶんな減速である。シフトダウンを巧みに使いながら、クリアすべきコーナーを見定めたら、最終的に何速に落とすか頭のなかで決定する。

そしてつねにタコメーターの指針を最大トルク発生回転数近くにキープしながら、シフトダウンしていく。コーナー最深部までいったら、そこから加速する。いわゆるスローイン・ファストアウトだ。コーナリングではこれがいちばん安全かつ最速の方法なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのクラッチのつなぎ方

バイクのクラッチの継ぎ具合と低速トルクのあるなしは、発進に大きく影響するので、体でタイミングを覚えることはもちろん、クラッチの遊びもつねに調整しておくことが大切である。また、発進時は車体を垂直に保ち、 …

no image

バイク用つなぎは体にピッタリフィットするものを

バイク用のツナギ。レース用であれば、フルにパット類を入れ、前傾フォームが無理なく決まり体にピッタリフィットする大きさで仕立てる。ツーリング専用の場合は、下に薄手のトレーナーを着られるくらいの余裕が必要 …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

コーナーをアウトインアウトで曲がる

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することにより …