スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

母親の2つのタイプ

投稿日:

お母さんには大きく二つのタイプがある。二つのタイプは、お母さんに特化したものではなく、人のタイプといってもよいのですが、ひとつのタイプは、感受性や情緒が豊かで、いろいろなことを受け入れる柔軟性があり、コツコツと積み上げていくこともできるタイプです。ただし反面、受容的であるため、依存的になりやすいという側面をもっています。もうひとつは駆け引きや取引がうまく、情よりは頭脳で考えていくタイプです。よくいえば論理的、知性的ですが、心ではなく頭が優先されるため、現実主義的で計算高いところがあります。

子育てを、自分の直感ではなく、情報やマニュアルに頼って行うようになり、心ではなく頭でする子育てになっていきやすいのです。ですから、お母さん方にお願いがあります。ご自分の中にあるバランスをもう一度見つめ直してみてください。

もちろんどちらのタイプがよくて、どちらがいけないということではありません。要はどちらの要素がより強いかということなのです。また人の評価や世間の評価を重視するようになり、子どもの気持ちや思いょりも、「わが子をこうしよう」という親の理想像を押し付けがちになります。

どちらに身を置きたいですか?

二つの生き方、どちらに身を置きたいですか?「子育てには母親自身の心のゆとりが大事ということはわかるけれど、もちなさいと言われたってもてないわ。ゆとりがもてるようになるにはどうしたらいいの?」と思われている方も多いことでしょう。講演などでお話をさせていただくと、必ず会場から同じ質問をお受けします。

豊かささえ手に入れることが可能な時代が到来しました。右肩上がりの経済成長が続いていた時代は、時代の波も大きく激しく躍動し、ある時期からグローバルの名のもとに世界規模のうねりを見せるようになっていきました。しかし世の中の動きというのは大きなひとつのエネルギー体です。自分の内面の世界がどう幸せであるかが、より幸せを感じる主軸となっていくのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

お兄ちゃんなんだから我慢しなさいという言葉

長男の場合、一家の期待や親の願望を背負わされて、小さい頃から。勉強のできる優等生のいい子、でいることを強いられていることも少なくありません。長女なら弟妹たちのお世話やお母さんの手伝いなどを進んでしてく …

no image

肌の触れ合いによって気持が落ちつく赤ん坊

生後二、三カ月もすると、いわゆる抱きぐせがつく状態が現われますが、これは、抱かれることの快さを味わったからです。子どもは、生まれながらにして、肌のふれ合いを求めているといってもよいでしょう。その点で母 …

no image

子供に車の危険性をしっかりと教えておこう

「バックミラーは何のためについているのだろうか?」と子どもたちにきいたところ、「お巡 りさんが来ないかを見る」と答えた子どもがいました。明らかに、お父さんの運転するときの態度が子どもに反映しています。 …

no image

父と息子の確執から人生の挫折

ある青年はどうも途中で仕事をやめてしまう自分を何とかしたくて、ある相談所にみえました。教育パパということもあり、出世街道まつしぐらの優秀な企業戦士。青年が大学受験のとき、剣道の副主将を務め、卒業のとき …

no image

赤ちゃんはいつも同じ物を見て退屈しています

赤ちゃんは生まれて初めて、同じオモチャ、同じ景色、同じ音、布や物質の同じ感触、同じ味覚などにうんざりする。赤ちゃんはさまざまな変化が好きで、そこから多くのことを学び取るのです。もし、赤ちゃんが退屈して …