スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

お母さんは大切な時間を小言でつぶしてしまわないようにしましょう

投稿日:

一緒にいる時間が少ないと、一緒にいるときにあれもこれもとワアワア言いたくなるかもしれませんが、せっかくお母さんと過ごせる大切な時間をお小言でつぶしてしまっては残念です。子どもも悲しくなりますし、心に満ち足りた思いを得ることはできなくなります。

フルタイムで働いているお母さんやシングルのご家庭では、子どもと過ごす時間も少なくなります。それによって子どもが寂しい思いをしているのではないか、しつけが行き届かなくなってしまうのではないかと心配になることも多いのではないかと思います。でもよく言われるように、大切なのは時間の長さではなく質です。

子どもと一緒にいられる大切な時間だからこそ、お母さんは楽しい時間をつくってあげましょう。子どもにとってうれしくなる時間にしてあげれば、それだけで十分です。家に帰ってきたときも、疲れていても「みんなに会えてうれしいちを抱きしめてあげましょう。ほんの数秒抱っこして「会いたかっ」と子どもたたよ!」と言ってあげるだけで子どもは十分に甘えられて満ち足りるのです。

どうしても注意が必要なときは

どうしても注意が必要なときは叱るしつけはいけないと言いながらも、ときにはピシッと叱らなくてはいけない場面もあります。例えば子どもが危険な場所で遊んでいたり、大ケガにつながりかねない危ないことをしていたり、人を傷つけたり、乱暴したりという場合は、毅然とした態度で注意をすることが必要です。

離れているとき、「どうぞ、今日一日楽しく子どもが過ごせますように」と子どものことを祈る気持ちをもち続けていれば、お母さんの思いは子どもに伝わります。子どもといる時間がなくても、子どものことを思い、お母さんの祈りの気持ちをのせて「どうか無事で楽しくいますように」と思い続けていれば、そのお母さんの愛情を子どもはきちんと感じ取ってくれます。大切なのは、その行為だけをその場で「それはよくないことだよ」とピシッと伝えることです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

いたずらっ子は探究心の現われ

早くからお母さんから離れていても平気な子どもがいて、お母さんにとっては独立心のある子のように思えるかも知れませんが、そうではないのです。お母さんとの情緒的な心の結びつきができなかったために、お母さんに …

no image

幼少期から音楽をさせることについて

音楽に伝統を持つオーストリアや西ドイツの幼稚園で、ピアノを全廃したのをご存じでしょうか?幼児たちにピアノをきかせて教育することはほとんどないのです。それはなぜでしょうか。幼児教育の専門家たちが、いろい …

no image

赤ちゃんが興味を持つおもちゃや道具は?

生後一〇週目あたりで、赤ちゃんには比較的穏やかな時期が訪れます。母親は二、三週前に経験した不安な思いや恐怖から、すっかり解放されます。そして、赤ちゃんの聞き分けのよいおとなしい態度に感心して、まるでこ …

no image

三つ子の魂百までを考えた子育て

「三つ子の魂百まで」ではありませんが、親子関係をつくり、子どもの心の土台をつくるうえで三歳までは基礎固めとなる大事な時期です。したがって、とにかく三歳までは気絶するほど甘えさせてあげましょう。 「お母 …

no image

夫への不満やストレスで離婚をする前にすべきこと

暴力を振るわれている、夫から虐待されているといった拠所ない事情がある場合は別です。自分や子どもに危害が及びそうな環境にいる場合は一刻も早くそこから逃げなければなりません。しかし「冷たい夫とはわかり合え …