スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

お母さんは大切な時間を小言でつぶしてしまわないようにしましょう

投稿日:

一緒にいる時間が少ないと、一緒にいるときにあれもこれもとワアワア言いたくなるかもしれませんが、せっかくお母さんと過ごせる大切な時間をお小言でつぶしてしまっては残念です。子どもも悲しくなりますし、心に満ち足りた思いを得ることはできなくなります。

フルタイムで働いているお母さんやシングルのご家庭では、子どもと過ごす時間も少なくなります。それによって子どもが寂しい思いをしているのではないか、しつけが行き届かなくなってしまうのではないかと心配になることも多いのではないかと思います。でもよく言われるように、大切なのは時間の長さではなく質です。

子どもと一緒にいられる大切な時間だからこそ、お母さんは楽しい時間をつくってあげましょう。子どもにとってうれしくなる時間にしてあげれば、それだけで十分です。家に帰ってきたときも、疲れていても「みんなに会えてうれしいちを抱きしめてあげましょう。ほんの数秒抱っこして「会いたかっ」と子どもたたよ!」と言ってあげるだけで子どもは十分に甘えられて満ち足りるのです。

どうしても注意が必要なときは

どうしても注意が必要なときは叱るしつけはいけないと言いながらも、ときにはピシッと叱らなくてはいけない場面もあります。例えば子どもが危険な場所で遊んでいたり、大ケガにつながりかねない危ないことをしていたり、人を傷つけたり、乱暴したりという場合は、毅然とした態度で注意をすることが必要です。

離れているとき、「どうぞ、今日一日楽しく子どもが過ごせますように」と子どものことを祈る気持ちをもち続けていれば、お母さんの思いは子どもに伝わります。子どもといる時間がなくても、子どものことを思い、お母さんの祈りの気持ちをのせて「どうか無事で楽しくいますように」と思い続けていれば、そのお母さんの愛情を子どもはきちんと感じ取ってくれます。大切なのは、その行為だけをその場で「それはよくないことだよ」とピシッと伝えることです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

三歳までの子供にはしつけよりもただ愛情をたっぷり注げばいい

ただただ愛情をたっぷり注いで、かわいがってあげさえすればほぼ大丈夫なのですから。ほんの数年間全力を注いでおくだけで、間違いなく後の子育てがラクになります。そのように思って、わが子に向き合ってあげてくだ …

no image

強制は子どもを抑圧する

六歳になるまで、非常に少食で、体重も十四キロという子どもを治療したことがあります、というある人。お母さんが食べさせることが多かったので、著を使う技術も習得していなかったからです。そこで、一年かかって食 …

no image

赤ちゃんは過去の記憶や出来事で今を積み重ねていく

生後二週日(約三カ月)あたりでは、あなたが目の前に置いてあげた物を両手でつかむのに、赤ちゃんは目を凝らし必死になって努力しなければなりませんでした。ところが、今ではよく見ると、赤ちゃんは物を触り、それ …

no image

運動嫌いの子どもは友だちができにくい

ある合宿に参加した三年生の女の子は、なかなか戸外遊びをしようとしません。誘い出してもすぐに部屋に戻って、本ばかり読んでいるのです。しかも、夕方、ベッド作りをしてシーツを敷いたあと、子どもたちがその子の …

no image

新生児はさまざまな感覚が全くわからないのか?

新生児はこの世界から受け取るさまざまな感覚に全く反応することができないのでしょうか?いいえ。幸いなことに新生児にはそのような欠陥を埋め合わせる特別な機能が生まれつき備わっているのです。生後しばらくの間 …