スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

義理の母親が過干渉で孫を奪い取る

投稿日:

孫ができると、孫を母親から奪い取ってしまうお年寄りがいます。それは、自分なりの老後設計がないからです。お母さんは「子どもをおばあちゃんに取られてしまった」という表現をします。

似て非なるとは、「意気地がないから母親のいうことに従っているに過ぎない」という意味です。この場合、子どもがいないと、嫁は家を飛び出してしまうでしょう。ところが、子どもがいるとそうもできず、関々と悩みの多い日を送り、それが子どもの人格にも影響することになっています。

年寄りの育て方が過保護と溺愛そのもので、子どもはわがままで依存性が強くなっているにもかかわらず、どうにもしようがないという状況にあるお母さんもいます。夫に話しても、まあまあ主義が多く、そのような家庭ではきちっとした解決法をとってくれないのがふつうです。

孫との関係にはきちっとした限界をつける

年寄りはあくまでも、お母さんと子どもとの関係が順調に発達することを願って、孫との関係にはきちっとした限界をつけることの必要です。お母さんに叱られると、逃げ場としてお年寄りの部屋を利用したり、お母さんには内緒で菓子類をもらったりする子供は、ルールを学習することができないばかりでなく、お母さんを信頼する気持をも失ってしまいます。

年寄りが死んでから、いよいよお母さんの手に戻ってきたときに、お母さんが子どもとの情緒的な関係をつける努力をすればよいのですが、親子だからといった安易な気持でいて、二人間で「気がね」が多くなり、わがままをいうので、いっそう対立した関係となり、子どもには家庭離れの気持が強くなって、非行集団の仲間に入った例があります。

お母さんも、お年寄りに甘やかされている子どもには、せめて自分のそばにいるときにはきちっとしたしつけをしようと焦りますので、どうしても叱ることが多くなってしまいます。それを見ているお年寄りは、冷たい嫁だと思い込み、孫をふびんに思って、ますます「甘やかす」ようになり、悪循環の中で、子どもの人格形成にはゆがみが生じている例が少なくありません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

甘えられてダメな人間なっていく子はひとりもいません

「甘えられる」は、自己肯定感、自己信頼感などの自己愛の大本を満たしてもらうこと。そんな大きなパワーを大好きな人からもらえたら、子どもにとってこれほどの喜びと幸せはありません。ですからお母さんはいつもニ …

no image

何でも否定的に向き合う母親の子の心境は

どのような家庭であるかはそこにいる人たちの思いで決まっていきます。その中心にいるのがお母さんです。お母さんの思いで家庭の雰囲気がつくられていきます。ですからお母さん自身が「私はこんなに素晴らしい。うれ …

no image

赤ちゃんが母親に求めるもの

赤ちゃんが求めていることは、ママがそばにいて、自分を見て話しかけたり、いっしょに遊んでくれることです。赤ちゃんは見慣れない人に人見知勘しますか?赤ちゃんはあまり見かけない人には微笑んでくれませんし、泣 …

no image

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか、それらの能力をどのようにして身に付けたのか、これまで考えたことがあるでしょうか?私たちは子供の認識能力がその成長とともに改善され、変化していくことを知ってい …

no image

この世界にまったく同じ赤ちゃんは二人とはいません

どんな行動にも挑戦しようとする赤ちゃんもいれば、特定の行動にだけ興味を抱く赤ちゃんもいます。このような個人差がそれぞれの赤ちゃんの個性を形成していくわけです。ですから、あなたが赤ちやんの仕草や行動をよ …