スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

母親が子供の栄養について配慮する場合

投稿日:

栄養について配慮しているお母さんであれば、身長や体重は気にする必要がない。それは、個々の子どもによってちがった発育をするからです。たくさん食べて、よく太る子どももあれば、余り太らない子どももいますし、食事の量が少なくやせている子どももいます。

子どものからだについて、お母さんやお父さんが第一に思い浮べるのは、身長や体重ではないでしょうか。子どもの年齢が低ければ低いほど、体重の増し方が気になるでしょう。そして、育児書に書いてある平均値と比較して、喜んでみたり、焦ったりするのではないでしようか。しかし、これは全くむだなことです。

何とかして太った子どもにしようと、食事を強制しないでほしいのです。やせていますと、どうしても貧弱に見えます。お母さんが子どものために何もしてやっていないのではないかいわれる不安もあるでしょう。あるいは、誤って、小児科医や保健婦から「もっと太らせるように」という指導を受けて焦るようになったお母さんがいるかもしれません。

身長や体重を熱心に測る必要はありません

身長や体重を熱心に測る必要はありません。とくに食事量が少なく、しかもやせている子どもを持ったお母さんにお願いしたいことは、決してむりに食べさせないようにして頂きたいということです。

食欲は、どの人間にも備わっている本能です。食欲は、特別の病気のある子ども以外には、どの子どもにも備わっています。ただし、生まれつき、食欲が非常にさかんな子どもとそれほどでもない子どもとがあるようで、これは、乳児期(生後六カ月まで)の子どもを観察していますと、感じ取れます。

少しでも多くの量を食べてもらいたいと、子どもの口に食べ物をつっ込むようになるでしょう。それを続けていると、人間には本能的に備わっている食欲が減退してしまい、ついには食欲のない子どもになってしまいます。ミルク嫌いも、そのような養育を受けた結果ですし、食欲不振も同様です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

幼児などでも自分のことは自分でするようにさせる

お母さんは一家のマネージャーとしての権限を持ってほしいと願っています。家事や育児・教育について計画や立案をする人です。その計画や立案に従って、家族が協力すること、とくに子どもたちがお母さんに協力して家 …

no image

赤ちゃんにはモロー反射などの色々な反射が起きる

赤ちゃんが、いわゆるモロー反射、とよばれる動作をする時には少し驚かされます。背中を曲げ、頭を内側に折り曲げ、腕と足を内と外に交互に動かした後、胸の上や胃の上で折りたたんでしまう奇妙な動作です。まるで、 …

no image

自分を信じる力を育てる

自分を好きだと、自分を信じる力が育っていきます。自分を好きだから、自分のことを信じることができて、自信がもてるようになります。「自分は間違っていない」、「自分のやることは正しい」と思えるようになり、名 …

no image

動物の死を理解させるのも子供への教育

空腹の動物を見ていられないーその「思いやり」の気持はよくわかります。動物にはかわいそうですが、子どもに「思いやり」の心を育てるには、一時は、心を鬼にすることが大切になるのです。動物がどんなにかわいそう …

no image

子どもの一人遊びは口を出さずに放置したほうがいい

両親は、身勝手に、自分の手のあいているときに、子どもの相手をしたがります。そのような両親は、子どもが一人遊びを楽しんでいるときに、それに割り込んでいくでしょう。それを子どもがうるさがるようなことがある …