スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

母親が子供の栄養について配慮する場合

投稿日:

栄養について配慮しているお母さんであれば、身長や体重は気にする必要がない。それは、個々の子どもによってちがった発育をするからです。たくさん食べて、よく太る子どももあれば、余り太らない子どももいますし、食事の量が少なくやせている子どももいます。

子どものからだについて、お母さんやお父さんが第一に思い浮べるのは、身長や体重ではないでしょうか。子どもの年齢が低ければ低いほど、体重の増し方が気になるでしょう。そして、育児書に書いてある平均値と比較して、喜んでみたり、焦ったりするのではないでしようか。しかし、これは全くむだなことです。

何とかして太った子どもにしようと、食事を強制しないでほしいのです。やせていますと、どうしても貧弱に見えます。お母さんが子どものために何もしてやっていないのではないかいわれる不安もあるでしょう。あるいは、誤って、小児科医や保健婦から「もっと太らせるように」という指導を受けて焦るようになったお母さんがいるかもしれません。

身長や体重を熱心に測る必要はありません

身長や体重を熱心に測る必要はありません。とくに食事量が少なく、しかもやせている子どもを持ったお母さんにお願いしたいことは、決してむりに食べさせないようにして頂きたいということです。

食欲は、どの人間にも備わっている本能です。食欲は、特別の病気のある子ども以外には、どの子どもにも備わっています。ただし、生まれつき、食欲が非常にさかんな子どもとそれほどでもない子どもとがあるようで、これは、乳児期(生後六カ月まで)の子どもを観察していますと、感じ取れます。

少しでも多くの量を食べてもらいたいと、子どもの口に食べ物をつっ込むようになるでしょう。それを続けていると、人間には本能的に備わっている食欲が減退してしまい、ついには食欲のない子どもになってしまいます。ミルク嫌いも、そのような養育を受けた結果ですし、食欲不振も同様です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

喧嘩のできない子ども

自発性の発達していない子どもは、お友だちと遊ぶことを喜びませんし、お友だちもそのような子どもと遊んでも面白くないので、遊ばなくなってしまいます。それは、いたずらをしないからです。子どもが何人か集まると …

no image

家事の時でも子供と遊ぶことはできる

お母さんが、ちょっとでも子どもと遊ぶ心を持っていれば、仕事をしていても、それが短い間であっても、子どもと遊ぶことができます。それが、子どもには、お母さんから暖かく受け入れられたという気持を起こさせ、お …

no image

子供が反抗しないのは逆に問題

反抗をしない子どもについて、どう考えたらよいでしょうか。それには、これまでにいたずらをしてきた子どもか、おとなしかった子どもかどうかを考えてみることです。いたずらをしてきた子ども、そして、それをお母さ …

no image

新生児が微笑みを見せてくれたら

世界のどの国でも、新生児は生後六週日までに、初めて微笑みを見せてくれます。子宮内にいる胎児のにっこり微笑んでいる写真さえ残されているほどですが、まだ小さな赤ちゃんの微笑みを見ることは母親にとって貴重な …

no image

親ってなんだろう

親になろうとしている者にはその前に、必ず国家試験をすべきだーと主張している人がいた。国家試験をして、合格したものに、親になる資格を与える。その例として、「一歳から三歳の間の子どもの行動の特徴をあげなさ …