スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

母親や父親が動物嫌い

投稿日:

動物には、小鳥にせよ、犬や猫にせよ、餌を与えなければなりません。お腹をすかせてはかわいそうです。また、寒い思いをさせてもかわいそうです。お腹がすいていないか、寒い思いをしていないか、さらには、洪しくないかーなど、動物の気持を「思いゃる」ことは、「思いやり」の心を育てているわけです。ですから、栽培や飼育の体験を与えたいのです。

草花の栽培や小動物の飼育は、子どもに「思いやり」の心を育てるには、大切な営みです。第一に、枯らしたり殺したりしないようにしなければなりません。それにはどうしたらよいかを考えるでしょうし、毎日毎日、怠けずに仕事をすることが必要になります。

お父さんの両親から植えつけられたのではないか、小さいときに動物に対して悪い印象を持ったのではないか、そのために動物を可愛く思う心が育っていないのではないかーなどなど。そして、もし、過去に悪い印象を与えられていたならば、それをぬぐい去る努力をしてみてはどうでしょう。

動物ぎらいの人がいます

ところが、お母さんやお父さんの中には、動物ぎらいの人がいます。それをあからさまに口に出して、子どもが、小動物を飼いたいといい出しても、頭ごなしに禁止してしまう人がいます。自分の好き嫌いを優先させて、子どもの気持を汲んであげることのできない両親です。子どもの気持を汲むならば、まず、自分がどうして動物嫌いなのかについて考えてみる必要があります。

それには、子どもに飼育させてみることです。動物を飼うのはよいが、子どもが世話するのは初めのうちだけで、だんだんに世話をしなくなり、結局は私の仕事がふえるだけだーというお母さんは多いと思います。この問題を解決するにはどうしたらよいでしょうか。それには、腹を決めることが必要です。一切、手伝いをしないという決意です。例えば、餌を与えないような日が続いても、お母さんが手を貸さないようにするのです。それが、見ていられなくなるーというところに、問題があるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の知能が低いと思われる場合でも

幼稚園のときにも、先生から、知能の低い子どもではないかと疑われた。しかし、知能テストをしてみますと、ふつうの知能の持ち主であり、友だちとの遊びの中では、けっこう知恵をはたらかせていましたから、よく遊ぶ …

no image

お母さんは大切な時間を小言でつぶしてしまわないようにしましょう

一緒にいる時間が少ないと、一緒にいるときにあれもこれもとワアワア言いたくなるかもしれませんが、せっかくお母さんと過ごせる大切な時間をお小言でつぶしてしまっては残念です。子どもも悲しくなりますし、心に満 …

no image

あんたなんか産むんじゃなかった

小さい頃から「こうしなきゃダメ」「ああしないとダメ」と、ダメダメばかり言われてきた子は、「自分はダメな子なんだ」と思うようになっていきます。「なんであなたはできないの?」「早くしなさい、のろまな子ね」 …

no image

子供の後追いの時期

お母さんの中に、抱いてあげようとしてもいやがるのですがーと悩む人がいますが、それ以前の何らかの機会に、抱かれたいという要求を拒否したか、一人遊びをしていたいと思っているときに抱き上げてしまったかで、い …

no image

母親は子育てのつらい現実を誰にも打ち明けることができない

お母さんが身も心も不安定な時期に、頼みもしないアドバイスを受けると、ますます心が焦り、攻撃的な気分になって、夫にそのはけ口を求めようとします。ときには、神経質になっている赤ちゃんが、そんな母親の精神的 …