スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

母親や父親が動物嫌い

投稿日:

動物には、小鳥にせよ、犬や猫にせよ、餌を与えなければなりません。お腹をすかせてはかわいそうです。また、寒い思いをさせてもかわいそうです。お腹がすいていないか、寒い思いをしていないか、さらには、洪しくないかーなど、動物の気持を「思いゃる」ことは、「思いやり」の心を育てているわけです。ですから、栽培や飼育の体験を与えたいのです。

草花の栽培や小動物の飼育は、子どもに「思いやり」の心を育てるには、大切な営みです。第一に、枯らしたり殺したりしないようにしなければなりません。それにはどうしたらよいかを考えるでしょうし、毎日毎日、怠けずに仕事をすることが必要になります。

お父さんの両親から植えつけられたのではないか、小さいときに動物に対して悪い印象を持ったのではないか、そのために動物を可愛く思う心が育っていないのではないかーなどなど。そして、もし、過去に悪い印象を与えられていたならば、それをぬぐい去る努力をしてみてはどうでしょう。

動物ぎらいの人がいます

ところが、お母さんやお父さんの中には、動物ぎらいの人がいます。それをあからさまに口に出して、子どもが、小動物を飼いたいといい出しても、頭ごなしに禁止してしまう人がいます。自分の好き嫌いを優先させて、子どもの気持を汲んであげることのできない両親です。子どもの気持を汲むならば、まず、自分がどうして動物嫌いなのかについて考えてみる必要があります。

それには、子どもに飼育させてみることです。動物を飼うのはよいが、子どもが世話するのは初めのうちだけで、だんだんに世話をしなくなり、結局は私の仕事がふえるだけだーというお母さんは多いと思います。この問題を解決するにはどうしたらよいでしょうか。それには、腹を決めることが必要です。一切、手伝いをしないという決意です。例えば、餌を与えないような日が続いても、お母さんが手を貸さないようにするのです。それが、見ていられなくなるーというところに、問題があるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の気力や意欲を失わせないために

子供に「塾をさほるなんてどういうこと?勉強が遅れて成績が下がってもいいの?」「髪を金髪に染めるなんて許しません。学校でも禁止されているし、ご近所にもみっともないでしょ!」このように言われ続ければ、子ど …

no image

赤ちゃんは過去の記憶や出来事で今を積み重ねていく

生後二週日(約三カ月)あたりでは、あなたが目の前に置いてあげた物を両手でつかむのに、赤ちゃんは目を凝らし必死になって努力しなければなりませんでした。ところが、今ではよく見ると、赤ちゃんは物を触り、それ …

no image

成果主義を子育てに持ち込むなかれ

許し合い、助け合い、励まし合い、協力し合い、支え合って甘え合える場所。誰でも何の遠慮もなくそこにいていい場所。命のェネルギーを補充する場所。暮らすための事業。命のエネルギーを使う場所。そこは物質的な見 …

no image

赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れる

それぞれの赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れることを忘れないようにして下さい。赤ちゃんに大きな変化、が起きると、例外なく扱いにくい危険な時期、が訪れます。気難しい赤ちゃんは、ふだんから親の注意を引こ …

no image

知識を詰め込むことだけを考えて育児をしてはいけない

いい生活をさせるためにはいい学校に入れなくてはいけない、それにはから何でも自分できちんとできて、考えて動けるような子にしなくては、というようなタイプの親御さんはとても多い。子育ては人の命令で動くロボッ …