スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

母の愛情が不足していると子供はわがままになってしまう

投稿日:

ただ単に事柄だけをやってもらっても、お母さんから愛されている実感をもつことはできません。「自分のことが大好きだからやってくれている」という思いがもてなければ心は満たされることなく、お母さんの愛情を確認しようとして「もっともっと」とわがままになっていきます。

何でも人任せでどんどん依存的になっていくとしたら、それは甘やかしているからなのです。子どもがしてほしいことをしてあげる際、「あなたのことが大好きだからしてげるね」という気持ち、そして言葉を添えながらやってあげれば、それだけで子ともは十分甘えられて心は満足します。

「お母さんは本当に私のことが大好きでやってくれているんだ」と実感できるまで同じです。買ってもらえないと泣き喚き続けるわがままな子に。わがままになるのはモノを買ってもらえないからではなく、お母さんの愛情を実感できないからなのです。

依存的もわがままも、「甘えさせたから」ではなく、むしろ「甘えさせてあげていない」からなっていくのです。子供が依存的になってしまうのは、お母さんが先回りして手を出してしまったことに加えて、「〇ちゃんのことが大好きだからやってあげるね」「お母さんの宝物だから、こうしてあげたいのよ」という言葉でお母さんの愛情を伝えてこなかったことにあります。そのためどこか心に満たされない思いを抱えているのです。

子どもは少しもうれしくありません

「こんなことぐらい自分でやってちょうだいよ。お母さんは忙しいんだから」「もう、うるさいわね。はいはい、わかったから」「もう大きいんだから、本当は自分でやらなきやいけないのよ」とぶつぶつ言いながらやったところで、子どもは少しもうれしくありません。

いくら子どもがしてほしいことをやってあげても、そこに「仕方ない」「本当は自分でやってほしいのに」「しょうのない子」といったお母さんの気持ちがあると、子どもはそのお母さんの「まやかしの心」を敏感に感じ取ります。

反対に「お母さんはイヤイヤやっているんだ。そうか、心から自分のためにやってくれているわけではないんだ」と思うだけでしょう。これは、おいしい心のご飯がほしいと思っているのに、その場しのぎのおやつだけをもらっているようなものです。おやつでは満腹感は得られません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

きょうだい関係の尺度を作り上げること

最も好ましくない父親像は、自分中心の行動の多い父親です。このような父親は、妻に対する「思いやり」もなく、子どもに対する「責任」も持とうとしません。しかも、外で浮気をしているようなことがあれば、妻を嘆か …

no image

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲 …

no image

三歳までの子供にはしつけよりもただ愛情をたっぷり注げばいい

ただただ愛情をたっぷり注いで、かわいがってあげさえすればほぼ大丈夫なのですから。ほんの数年間全力を注いでおくだけで、間違いなく後の子育てがラクになります。そのように思って、わが子に向き合ってあげてくだ …

no image

子供を叱る親がその前にしなくてはいけないこと

子どもは大好きな人の言うことなら何でも聞き入れます。「〇〇しなさい!」「そんなことしちゃダメでしょー」と叱らなくても、ちゃんと言うことを聞こうと思うものです。ただしそうなるには「いつも自分は親から好か …

no image

子供を叱ってもきかない・直らない場合

叱っても直らず、ほとほと困り果てている親御さんたちのご様子が伝わってきて、改めて子どもを育てることの大変さを思います。でも親にとっての子どもの困った行動には、すべて理由があるものです。その理由を考えて …