スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

母の愛情が不足していると子供はわがままになってしまう

投稿日:

ただ単に事柄だけをやってもらっても、お母さんから愛されている実感をもつことはできません。「自分のことが大好きだからやってくれている」という思いがもてなければ心は満たされることなく、お母さんの愛情を確認しようとして「もっともっと」とわがままになっていきます。

何でも人任せでどんどん依存的になっていくとしたら、それは甘やかしているからなのです。子どもがしてほしいことをしてあげる際、「あなたのことが大好きだからしてげるね」という気持ち、そして言葉を添えながらやってあげれば、それだけで子ともは十分甘えられて心は満足します。

「お母さんは本当に私のことが大好きでやってくれているんだ」と実感できるまで同じです。買ってもらえないと泣き喚き続けるわがままな子に。わがままになるのはモノを買ってもらえないからではなく、お母さんの愛情を実感できないからなのです。

依存的もわがままも、「甘えさせたから」ではなく、むしろ「甘えさせてあげていない」からなっていくのです。子供が依存的になってしまうのは、お母さんが先回りして手を出してしまったことに加えて、「〇ちゃんのことが大好きだからやってあげるね」「お母さんの宝物だから、こうしてあげたいのよ」という言葉でお母さんの愛情を伝えてこなかったことにあります。そのためどこか心に満たされない思いを抱えているのです。

子どもは少しもうれしくありません

「こんなことぐらい自分でやってちょうだいよ。お母さんは忙しいんだから」「もう、うるさいわね。はいはい、わかったから」「もう大きいんだから、本当は自分でやらなきやいけないのよ」とぶつぶつ言いながらやったところで、子どもは少しもうれしくありません。

いくら子どもがしてほしいことをやってあげても、そこに「仕方ない」「本当は自分でやってほしいのに」「しょうのない子」といったお母さんの気持ちがあると、子どもはそのお母さんの「まやかしの心」を敏感に感じ取ります。

反対に「お母さんはイヤイヤやっているんだ。そうか、心から自分のためにやってくれているわけではないんだ」と思うだけでしょう。これは、おいしい心のご飯がほしいと思っているのに、その場しのぎのおやつだけをもらっているようなものです。おやつでは満腹感は得られません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

生きる力、暮らす力などを身につける

「生きる力」に加えて、そこから派生するプラスの力が強く、大きくなっていけば、その次には社会の中で生きていく力、すなわち「暮らす力」というものも身についていきます。 「暮らす力」とは、 ・生活力(達成感 …

no image

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちになる

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちでしか生きていくことができなくなります。寂しさや不安で、いつまで経っても自立できず、人に依存し、自ら行動を起こすこともできなくなっていきます。反対に存分に甘 …

no image

夫への不満やストレスで離婚をする前にすべきこと

暴力を振るわれている、夫から虐待されているといった拠所ない事情がある場合は別です。自分や子どもに危害が及びそうな環境にいる場合は一刻も早くそこから逃げなければなりません。しかし「冷たい夫とはわかり合え …

no image

親がしてあげられることは環境を整えてやることぐらい

身体は環境さえ整っていればある程度、成長していきます。親でなくとも口から栄養が取れれば、五歳なら五歳の身体、十五歳なら十五歳の身体、二十歳なら二十歳の身体になっていきます。しかし心の部分はそうはいかな …

no image

口を出さないという教育

「まかせる」という教育は、子どもがしていることをじっと見つめながら、口を出さない、手を貸さない教育です。子どもを見ていると、その行動には未熟な面がたくさんにありますので、つい口を出したり手を貸したりす …