スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

母の愛情が不足していると子供はわがままになってしまう

投稿日:

ただ単に事柄だけをやってもらっても、お母さんから愛されている実感をもつことはできません。「自分のことが大好きだからやってくれている」という思いがもてなければ心は満たされることなく、お母さんの愛情を確認しようとして「もっともっと」とわがままになっていきます。

何でも人任せでどんどん依存的になっていくとしたら、それは甘やかしているからなのです。子どもがしてほしいことをしてあげる際、「あなたのことが大好きだからしてげるね」という気持ち、そして言葉を添えながらやってあげれば、それだけで子ともは十分甘えられて心は満足します。

「お母さんは本当に私のことが大好きでやってくれているんだ」と実感できるまで同じです。買ってもらえないと泣き喚き続けるわがままな子に。わがままになるのはモノを買ってもらえないからではなく、お母さんの愛情を実感できないからなのです。

依存的もわがままも、「甘えさせたから」ではなく、むしろ「甘えさせてあげていない」からなっていくのです。子供が依存的になってしまうのは、お母さんが先回りして手を出してしまったことに加えて、「〇ちゃんのことが大好きだからやってあげるね」「お母さんの宝物だから、こうしてあげたいのよ」という言葉でお母さんの愛情を伝えてこなかったことにあります。そのためどこか心に満たされない思いを抱えているのです。

子どもは少しもうれしくありません

「こんなことぐらい自分でやってちょうだいよ。お母さんは忙しいんだから」「もう、うるさいわね。はいはい、わかったから」「もう大きいんだから、本当は自分でやらなきやいけないのよ」とぶつぶつ言いながらやったところで、子どもは少しもうれしくありません。

いくら子どもがしてほしいことをやってあげても、そこに「仕方ない」「本当は自分でやってほしいのに」「しょうのない子」といったお母さんの気持ちがあると、子どもはそのお母さんの「まやかしの心」を敏感に感じ取ります。

反対に「お母さんはイヤイヤやっているんだ。そうか、心から自分のためにやってくれているわけではないんだ」と思うだけでしょう。これは、おいしい心のご飯がほしいと思っているのに、その場しのぎのおやつだけをもらっているようなものです。おやつでは満腹感は得られません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんはいつも同じ物を見て退屈しています

赤ちゃんは生まれて初めて、同じオモチャ、同じ景色、同じ音、布や物質の同じ感触、同じ味覚などにうんざりする。赤ちゃんはさまざまな変化が好きで、そこから多くのことを学び取るのです。もし、赤ちゃんが退屈して …

no image

子どもの死因でかなり多いのは「不慮の事故」

山をのぼり始めて間もなく、「何でこんなことをさせるのかよう」とくってかかる子どももいる。このような子どもは、ちょっとした困難に出あっても、すぐに挫折してしまうでしょう。どうか、休日などには自然の中に連 …

no image

事柄・事項にだけ答えてもダメ

「こうしたらいいんじゃない?」と子どもなりに考えて提案してきたことに、「そんなの無理に決まっているじゃないの」「何をバカなこと言っているの」「できっこないのに、そんなこと言わないの!」と言い放てば、子 …

no image

ありがたいと思う気持ちほどポジティブな考え方の芽をたくさんくれる

あなた次第でどんな人生にもしていけるのに、自らマイナスばかり拾って不幸せな気分で生きていくなんて、なんと損なのだろうと思いませんか?子育ても人間関係も、あなた自身の生き方も、気持ちのもち方ひとつでいか …

no image

赤ちゃんの心を育てる

赤ちゃんが少し大きくなった時には、どんな物でもかそばにいて欲しいと思うようになります。ときどき、赤ちゃんは小頃のように、思い切りあなたにしがみついてきたりするでしょう。これは不安な気持ちをおさえ、赤ち …