スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

母の愛情が不足していると子供はわがままになってしまう

投稿日:

ただ単に事柄だけをやってもらっても、お母さんから愛されている実感をもつことはできません。「自分のことが大好きだからやってくれている」という思いがもてなければ心は満たされることなく、お母さんの愛情を確認しようとして「もっともっと」とわがままになっていきます。

何でも人任せでどんどん依存的になっていくとしたら、それは甘やかしているからなのです。子どもがしてほしいことをしてあげる際、「あなたのことが大好きだからしてげるね」という気持ち、そして言葉を添えながらやってあげれば、それだけで子ともは十分甘えられて心は満足します。

「お母さんは本当に私のことが大好きでやってくれているんだ」と実感できるまで同じです。買ってもらえないと泣き喚き続けるわがままな子に。わがままになるのはモノを買ってもらえないからではなく、お母さんの愛情を実感できないからなのです。

依存的もわがままも、「甘えさせたから」ではなく、むしろ「甘えさせてあげていない」からなっていくのです。子供が依存的になってしまうのは、お母さんが先回りして手を出してしまったことに加えて、「〇ちゃんのことが大好きだからやってあげるね」「お母さんの宝物だから、こうしてあげたいのよ」という言葉でお母さんの愛情を伝えてこなかったことにあります。そのためどこか心に満たされない思いを抱えているのです。

子どもは少しもうれしくありません

「こんなことぐらい自分でやってちょうだいよ。お母さんは忙しいんだから」「もう、うるさいわね。はいはい、わかったから」「もう大きいんだから、本当は自分でやらなきやいけないのよ」とぶつぶつ言いながらやったところで、子どもは少しもうれしくありません。

いくら子どもがしてほしいことをやってあげても、そこに「仕方ない」「本当は自分でやってほしいのに」「しょうのない子」といったお母さんの気持ちがあると、子どもはそのお母さんの「まやかしの心」を敏感に感じ取ります。

反対に「お母さんはイヤイヤやっているんだ。そうか、心から自分のためにやってくれているわけではないんだ」と思うだけでしょう。これは、おいしい心のご飯がほしいと思っているのに、その場しのぎのおやつだけをもらっているようなものです。おやつでは満腹感は得られません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

他人の赤ちゃんを抱っこしてみて下さい

どの赤ちゃんもその姿形が違うように、性質や特徴もそれぞれ異なっています。もし母親が許してくれるなら、他人の赤ちゃんを腕に抱き上げてみて下さい。どこか違う感覚を味わうはずです。そして、赤ちゃんがあなたの …

no image

子供の喧嘩を裁判のように裁いてはいけない

引っ込み思案の大きな原因は、親から過保護を受けたことにあるのです。子どものけんかには親が出るなーということは、くり返しくり返し叫ばなければなりません。 子どものけんかの原因は、ちょっと手がさわっただの …

no image

親ってなんだろう

親になろうとしている者にはその前に、必ず国家試験をすべきだーと主張している人がいた。国家試験をして、合格したものに、親になる資格を与える。その例として、「一歳から三歳の間の子どもの行動の特徴をあげなさ …

no image

赤ちゃんの反応がないかちゃんと観察しましょう

新生児はキューピー人形のようにかわいい姿をしています。自慢するかのように、目立って大きな頭は背丈の三分の一もあります。それに、丸い大きな目とふっくらした真ん丸いほっぺは何とも言えません。 あなたの赤ち …

no image

子どもとゆっくりつき合うよいチャンス

下の子が寝ているときに、十分に相手をしてあげることが必要です。また、就寝の時間になっているのに、なかなか寝床に入ろうとしないときには、「早く寝なさい」などといって叱らずに、子どもとゆっくりつき合うよい …