スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

肌の色は血の色の影響などもある

投稿日:

白人の肌の色は真っ白だと思われがちですが、よく観察してみると、やや黄色みがかった肌色をしていることがわかると思います。これは、皮膚の下にある脂肪の色がそのまま反映されているということです。また皮膚に含まれているカロチン色素もやや黄色みをおびています。

肌の色は、ある3つの要素から決まる。肌の色の決め手となる要素には、まず皮下脂肪の色があります。皮下脂肪というのは、肌(皮膚)の下にある脂肪のことで、やや黄色っぽい色をしています。ですから、もともとの人間の肌の色というのは黄色っぽいものです。

もう1つ肌の色の決め手となる要素に、血液の色があります。私たちの肌は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からできています。そのうち、真皮の表・裏両面には毛細血管が張りめぐらされていて、そこを血液が流れています。その色が肌の色として見えるのです。

単純に肌の色が白いか黒いかを決めるのに

肌の色を決める要素のうち、単純に「肌の色が白いか黒いか」を決めるのに、もっとも深く関与しているのはメラニン細胞です。メラニン細胞は全身のなかで、顔に多く分布しています。メラニン細胞は、紫外線『UV(UltraVoletrays)を浴びると、活性化されてメラニン色素を出し、皮膚の色を黒っぽくします。

肌の色の決め手となる最後の要素として、皆さんよくご存じのメラニン細胞の存在があります。メラニン細胞は、表皮と真皮の間にあって、メラニン色素をつくっています。このメラニン色素の量によっても、皮膚の色は決まります。男性に比べて女性の顔の皮膚はとても薄く、下を流れる血管が透けて見えるほどなので、血液成分による影響は大きいといえるでしょう。これらの要素で、あなたの肌の色は決定されているのです。

なぜメラニン細胞がそのような働きをする(皮膚を黒くする)かというと、紫外線から身を守るためです。つまり、肌が黒くなるというのは、日焼けした結果であると同時に、紫外線がそれ以上体の奥深くまで入り込まないようにする防衛反応でもあるのです。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

しみレーザー治療の仕組み

しみを治療するレーザー光は、肌内部のメラニンに吸収されて熱エネルギーに変わります。その結果、しみの部分だけがごく浅いやけどを起こし、その後に薄いかさぶたとなってはがれ落ちるのです。ほくろやしみ取りに用 …

no image

皮脂膜、天然保湿因子、角質細胞間脂質を補うことがポイント

おなか周りやヒップは皮下脂肪が多いので、たるみが出やすい部分です。顔とあわせて体のたるみも気になってくる40代。若い頃に比べて運動量が減り、筋肉も衰えて基礎代謝も低下するので、食事の量は減っても太りや …

no image

目の下のくまやしわの改善

・目の下のクマとシワ・タルミの併発 血行不良や、色素沈着によってできた目の下のクマが、加齢による老化でできるシワ・タルミによって、より一層目立つのが原因です。もとからあった日の下のクマが、シワやタルミ …

no image

ニキビの塗り薬で市販のものには注意しよう

ニキビを想定した塗り薬のなかには、皮脂抑制の効果によって皮フの保湿性が失われたり、かえって角化異常が起こってニキビができやすくなることもあるので、こうした市販薬を使う場合は自分の症状に適したものを選ぶ …

no image

顔以外のニキビにも気をつけよう

いくらスキンケアしてもニキビが全然治らない。そんな声を聞くことがありますが、原因が体内にあるニキビは、外側からのケアでは予防できにくいのです。体の中からニキビを追放するために漢方薬を利用する方法があり …