スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

肌の触れ合いによって気持が落ちつく赤ん坊

投稿日:

生後二、三カ月もすると、いわゆる抱きぐせがつく状態が現われますが、これは、抱かれることの快さを味わったからです。子どもは、生まれながらにして、肌のふれ合いを求めているといってもよいでしょう。その点で母乳を与えることは、自然のなりゆきの中で、全面的に肌のふれ合いを実現することになるわけです。

生後間もなくの赤ん坊が泣いているときに、抱き上げてあげると、泣きやむでしょう。それは、肌のふれ合いによって、気持が落ちつくからです。もし、抱き上げても激しく泣き続けるようであれば、からだのどこかに重大な病気があるはずです。

お乳を与えたあと、さあ栄養の補給が終わったとばかり、赤ん坊を寝かしてしまう母さんは、非常に少ないのではないでしょうか。そのようなことをすれば、あとでお乳を吐く(吐乳)ことが多くなるでしょう。しばらく抱いていて、背中を軽く叩き、胃の中に溜った空気(げっぶ)を出してから寝かせる必要があるのです。

外界の刺激を受け取り情緒を発達

人工栄養を与えるときにも、きちっと抱いて与えることは、この肌のふれ合いを大切にしようという意味もあるのです。とくに、生後五、六カ月になるまでは、目がょく見えませんから、肌で感ずること(皮ふ感覚)と耳できくこと(聴覚)との二つで、外界の刺激を受け取り、情緒を発達させているのです。

生理的な問題ばかりでなく、目をきょろきょろと動かしている赤ん坊に対して、頼をつついてみたり、舌を鳴らしてみたり、声をかけてみたくなるでしょう。そのような刺激に対して、ほほ笑みを現わすのは、生後二カ月ごろです。

お母さんは、可愛さで胸がいっばいになるでしょうし、赤ん坊もまた、「うくん、うくん」といって、刺激を求めるようになってきますし、だんだんにお母さんの声のするほうに顔を向けるようになります。このような状態の中から、子どもの情緒が発達し、相手を求める気持が育ってくるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の甘えを受け入れられないのはよくない

お母さんとの関係は、「人見知り」が始まってから、だんだんと緊密になっていきます。他の家族より、お母さんに寄りすがることを好むでしょう。それを受け入れることによって、お母さんのよいイメージが子どもの心に …

no image

新生児が微笑みを見せてくれたら

世界のどの国でも、新生児は生後六週日までに、初めて微笑みを見せてくれます。子宮内にいる胎児のにっこり微笑んでいる写真さえ残されているほどですが、まだ小さな赤ちゃんの微笑みを見ることは母親にとって貴重な …

no image

出産直後の赤ちゃんとの時間

母親は何よりもまず、赤ちゃんを上手に取り扱うことに自信をつけること。そして赤ちゃんの要求に応えてあげることのできる十分な感受性を身に付けることが大切です。赤ちゃんを腕に抱いてあげるだけでなく、母親は自 …

no image

赤ちゃんの新しい仕草や行動に注意して下さい

生後八週目(約二カ月)ぐらいになると、脳レベルでの大きな変化、は赤ちゃんが初めて、何らかの単純な形を認識することを可能にする。例外なく大きな変化、が現われる最初の扱いにくい困難な時期が過ぎ去ったら、赤 …

no image

赤ちゃんの色々な動き

・赤ちゃんの動き あなたの手指につかまって、寝ている姿勢から座ろうとする。胸に抱いていると、立ち上がろうとしてあなたの手(指)を握ってくる。幼児用のイスやベビーサークルで座らせると、多前に歩こう、とし …