スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

肌の乾燥を防ぎ潤いを保つには

投稿日:

肌のターンオーバーが乱れると、皮膚表面に古くしなびた細胞が長くとどまることになり、うるおいのないガサガサした肌になってしまいます。しっとりとしたきめ細かな、質のいい肌をつくるには、新しい表皮細胞がどんどん生まれ、ターンオーバーがスムーズに行なわれることが重要です。

肌の乾燥を防ぎ、うるおいを保つには、脂肪分の多い食べものをとること。このとき、毛細血管の血流をよくする働きのあるしそ油をとると、非常に効果的です。料理をするときには、積極的にしそ油を使うようにしましょう。また、肌のうるおいを保つには、入浴時のケアも忘れてはいけません。肌の乾燥しやすい人は、お風呂からあがる直前に足もとに冷たい水をサッとかけ、毛穴をきっちり閉じて、必要以上の水分の蒸発を防いでください。それでも、まだ肌がしっとりしないようなら、肌の状態に合わせて、化粧水やボデイクリームなどで水分や油分を補給しましょう。

日頃からバランスのとれた食事を心がけ、美肌に効くビタミン類をしっかりととりましょう。葉酸はその名のとおり、キャベツやホウレンソウなど、葉もの野菜に多く含まれています。一方のビタミンBはレバーやタラコなど、動物性食品に多く含まれています。

葉酸とビタミンB

葉酸とビタミンBは協同して働いたほうがいいので、この2つのビタミンは一緒にとることが重要です。肉好きで野菜嫌いという人や、逆にベジタリアンの人は、これらのビタミンが不足することが考えられます。

葉酸とビタミンBは、どちらも水溶性のビタミンで、表皮と真皮の境目にある肝芽細胞の分裂や成長を促す働きがあります。いわば、つねに肌をピチピチとした新しい細胞で満たしてくれるわけで、美肌には欠かせない栄養素です。

また、私たちの肌には3つの保湿機能(皮膚の表面に皮脂膜を張る、細胞の隙間を細胞間脂質で満たす、角質をつくる)が備わっています。このうち、皮脂膜と細胞間脂質を補うのに役立つのが、食事でとる油を効率よく肌のすみずみまで反映させることです。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

皮脂の過剰分泌などの治療

皮脂の過剰分泌が見られる場合には、ニキビ治療と毛穴の開きの治療は並行して行うことができ、皮フの老化が原因と判断できる場合は、タルミの治療と並行して行うこともできます。毛穴の開きにはニキビと同じく、ホル …

no image

顔のたるみ解消は表情筋トレーニングで

・表情筋を鍛えてたるみを解消 加齢により表情筋自体の緊張は低下してきます。顔には約40種類もの筋肉があり、私たちの感情を表現するために絶えず動いていますが、普段の生活ではこの表情筋を約30%しか使って …

no image

ニキビがよくできる人の対策のポイント

ニキビを気にして指で触るクセはダメ。できるだけニキビのことを忘れる努力をしながら、つい指で触ってしまうクセもなくしましょう。知らずに触れたニキビに細菌がついて、二キビが進行したり、いいことはないのです …

no image

ニキビや吹き出物の予防方法

私たちは日々、必要な栄養を摂り入れ、不要なものを外に出すということを繰り返しています。きちんと排出されなかった不要物が、吹き出物となって現れるのです。夢中になってチョコレートを食べた翌日に、ポチッと吹 …

no image

ダニでニキビになるって本当?

ニキビに関する間違ったケア法がたくさん、あることを知っていますか?また、ひとりよがりのニキビ治療をしていると、よけいニキビがひどくなることがあるのです。ここでウソ?ホント?をあれこれ確かめてみましょう …