スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ギャングエイジの体験の子供には必要

投稿日:

二人あるいはそれ以上の子どもたちが仲よくなり、秘密を作って守り合う状態が生じます。その秘密の内容は、いたずらであったり冒険であったりしますが、それを親や先生に内緒にすることを誓い合う。もちろん、それはじきにバレるわけで、そうなると「うそつき」ということになりますが、いたずらや冒険を許してくれるような親や教師にはうそをつかないものです。

七〜九歳になると、友だちとの関係は、頂点に達します。友だちと徒党を組んで遊ぶ姿になれば、自発性の発達は順調に営まれていることになります。それゆえに、児童心理学では、ギャングエイジと呼んでいるのです。

これは、私どもが毎年実施していた小学生を対象とした合宿ではっきりしています。その合宿は、子どもたちのいたずらや冒険を歓迎し、われわれ大人たちもそれを子どもたちといっしょになってしたので、子どもたちはいたずらや冒険をさかんにしました。ですから、まじめですなおな子は、親や先生が作った「うそつき」の子どもといってもよいでしょう。いたずらや冒険をしたいという子どもの欲求に圧力を加えているのです。

ギャングエイジがなかった

思春期以後において孤独になる子どもには、このギャングエイジがなかったのです。中には、いたずらをしないまじめな子ども、きちっとしている子どもとしてほめられていた子どももいます。親や先生に対して秘密にし、それを守り合おうという子ども同士の誓いは、友だちとの関係を深める意味で、非常に大切です。本当の意味での友情の芽ばえがこのときに作られます。それが花を咲かせるのが思春期以後です。

お友だちとよく遊ぶことのできる子どもにするためには、まじめやきちっとしている姿をくずしてあげなければなりません。まじめは、完全主義の親や先生から、外面的な「わく」をはめ込まれてしまっている子どもであり、それがにせものであることに気づいていないのです。こうしたまじめな子どもとはつき合いにくいので、子どもらしい子どもたちは、そうした子どもを仲間に入れようとはしないでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分はどういう親から生まれてきたのかを整理する作業

数えることすらできないほどの数の祖先たちの論が紡がれ、あなたは存在している。あなた自身もその命のリレーの紡ぎ手なのです。それだけでもあなたがこの世に存在する大きな大きな意義があります。親がいたからこそ …

no image

愛情不足の子の飢餓の連鎖から解き放ってあげよう

嫉妬とは自分にないものをもっている相手へのねたみの感情です。親子関係が寂しいまま育ってきた人は、子どもをかわいがりたくても、心のどこかに「私はしてもらえてこなかったのに」という思いをもってしまい、心の …

no image

心の土台を育てること

土台がぐちゃぐちゃだったら、立派な建物を建てようとして懸命にトンカントンカンやっても、骨組みさえしっかり建てられないでしょう。「きちんとご挨拶しなさい」「人には親切にしなさい」と言われても、自分が大好 …

no image

喧嘩のできない子ども

自発性の発達していない子どもは、お友だちと遊ぶことを喜びませんし、お友だちもそのような子どもと遊んでも面白くないので、遊ばなくなってしまいます。それは、いたずらをしないからです。子どもが何人か集まると …

no image

完全を求めることは不可能

子どもに不自由をさせたくないーなどの考え方があれば、よい教育はできません。もう一度、日常生活の中にむだがないかを点検してみましょう。そして、むだをしていたことがあれば、それを一つずつ取り除いていきまし …