バイク

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわかるはず。しかも危険が伴う。進行方向とは異なるハンドルの切り方、中途半端な後輪のグリップが最良のバランスを与えてくれるはずはない。初心者はとかく格好を気にするが、逆ハンをカッコイイと思うヒマがあったら、いかに逆ハンなしでコーナーをクリアできるかを考えたほうがいい。

逆ハンで危険を乗り切れるライダーはそんな走り方はしなように、どんなテクニックを使っても速く走らなければいければならないが、それでもできれば使わないほうがいい。一般路を走るのに逆ハンを使わなければならないような状況におちいる運転をすることこそ、そもそも間違い。
なぜなら、逆ハンとスムーズな走りは相反するものなのだからだ。逆ハンは進行方向とは逆にハンドルを切る。すると当然、そこには不自然さが発生する。つまりバイクの慣性にさからっているのだ。

リーンウイズで乗りこなす

リーンウイズで乗りこなすのがいちばんいい。ガッチリとニーグリップをきかして人車一体。これがベストだ。リーンインは車体をあまり寝かさずにコーナリングができ、リーンアウトは車体は深く傾斜するがライダーの体が起きているのでスリップしにくい、という特徴を持ってはいる。だが、こんな姿勢を公道で、しかもハイテクニックを持っていない人間がやるのは危険そのもの。

リーンイン、リーンウイズ、リーンアウトー乗車姿勢にこの3つがあることは自分でオートバイに乗るひとならだれでも知っていることだろう。そうして、これがだれにでも使えるかのごとく雑誌や2輪テクニック入門書に書いてある。だが、初心者にこれをやれというほうが無理。リーンウイズでさえできないものが、リーンアウトやリーンインができるはずがない。それにリーンウイズ以外の走法を使うような場所をだれが走るのか。ともにプロなみのテクニックを持っている人間が限られた場所で使うテクニックなのだ。それを公道で使おうと思っても使えるものではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加