スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

投稿日:

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわかるはず。しかも危険が伴う。進行方向とは異なるハンドルの切り方、中途半端な後輪のグリップが最良のバランスを与えてくれるはずはない。初心者はとかく格好を気にするが、逆ハンをカッコイイと思うヒマがあったら、いかに逆ハンなしでコーナーをクリアできるかを考えたほうがいい。

逆ハンで危険を乗り切れるライダーはそんな走り方はしなように、どんなテクニックを使っても速く走らなければいければならないが、それでもできれば使わないほうがいい。一般路を走るのに逆ハンを使わなければならないような状況におちいる運転をすることこそ、そもそも間違い。
なぜなら、逆ハンとスムーズな走りは相反するものなのだからだ。逆ハンは進行方向とは逆にハンドルを切る。すると当然、そこには不自然さが発生する。つまりバイクの慣性にさからっているのだ。

リーンウイズで乗りこなす

リーンウイズで乗りこなすのがいちばんいい。ガッチリとニーグリップをきかして人車一体。これがベストだ。リーンインは車体をあまり寝かさずにコーナリングができ、リーンアウトは車体は深く傾斜するがライダーの体が起きているのでスリップしにくい、という特徴を持ってはいる。だが、こんな姿勢を公道で、しかもハイテクニックを持っていない人間がやるのは危険そのもの。

リーンイン、リーンウイズ、リーンアウトー乗車姿勢にこの3つがあることは自分でオートバイに乗るひとならだれでも知っていることだろう。そうして、これがだれにでも使えるかのごとく雑誌や2輪テクニック入門書に書いてある。だが、初心者にこれをやれというほうが無理。リーンウイズでさえできないものが、リーンアウトやリーンインができるはずがない。それにリーンウイズ以外の走法を使うような場所をだれが走るのか。ともにプロなみのテクニックを持っている人間が限られた場所で使うテクニックなのだ。それを公道で使おうと思っても使えるものではない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味 …

no image

ファミリーバイクは最も安く手軽に買えるが

バイクをまず最初に手に入れるとしよう。最も安く手軽に買えるのはファミリーバイク。車種構成も豊富でデザインもバリエーションに富んでいる。しかしファミリーバイクのメカニズムをよく調べてみよう。エンジンはほ …

no image

車の間をバイクですり抜けていく危険

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいが …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …