スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

投稿日:

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわかるはず。しかも危険が伴う。進行方向とは異なるハンドルの切り方、中途半端な後輪のグリップが最良のバランスを与えてくれるはずはない。初心者はとかく格好を気にするが、逆ハンをカッコイイと思うヒマがあったら、いかに逆ハンなしでコーナーをクリアできるかを考えたほうがいい。

逆ハンで危険を乗り切れるライダーはそんな走り方はしなように、どんなテクニックを使っても速く走らなければいければならないが、それでもできれば使わないほうがいい。一般路を走るのに逆ハンを使わなければならないような状況におちいる運転をすることこそ、そもそも間違い。
なぜなら、逆ハンとスムーズな走りは相反するものなのだからだ。逆ハンは進行方向とは逆にハンドルを切る。すると当然、そこには不自然さが発生する。つまりバイクの慣性にさからっているのだ。

リーンウイズで乗りこなす

リーンウイズで乗りこなすのがいちばんいい。ガッチリとニーグリップをきかして人車一体。これがベストだ。リーンインは車体をあまり寝かさずにコーナリングができ、リーンアウトは車体は深く傾斜するがライダーの体が起きているのでスリップしにくい、という特徴を持ってはいる。だが、こんな姿勢を公道で、しかもハイテクニックを持っていない人間がやるのは危険そのもの。

リーンイン、リーンウイズ、リーンアウトー乗車姿勢にこの3つがあることは自分でオートバイに乗るひとならだれでも知っていることだろう。そうして、これがだれにでも使えるかのごとく雑誌や2輪テクニック入門書に書いてある。だが、初心者にこれをやれというほうが無理。リーンウイズでさえできないものが、リーンアウトやリーンインができるはずがない。それにリーンウイズ以外の走法を使うような場所をだれが走るのか。ともにプロなみのテクニックを持っている人間が限られた場所で使うテクニックなのだ。それを公道で使おうと思っても使えるものではない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクを寝かせるまでのコツ

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つ …

no image

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力が …

no image

ソロツーリングの楽しみ方

ソロツーリングは、文字通りひとりでツーリングすることであり、自由にコースやスケジュールを組んで、気分に合った走りを楽しむことができるのが最大のメリットといえる。だれにも遠慮はいらないし、規制されること …

no image

工事用ヘルメットでバイクに乗ってはいけない

2輪に工事用へルメットをかぶって乗るのは、山に海水パンツを、海に登山靴をはいていくのとまったく同じこと。へルメットをかぶっていればいいだろう、くらいに思って本人は乗っているのだろうが、とんでもない話。 …

no image

バイクのスタートの上手、下手-クラッチなどのメカニズム

スタートの上手、下手は、その人の運転テクニックとともに2輪のメカニズムの知識のほどがよくわかる。テクニック的にうまくなくても、メカニズムを知っていればガツン、という音を発しての発進などしない。回転を上 …