スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

投稿日:

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれなりの現実感というものを持っている。

この「偶然の出会い」が二度、三度となると、かなり状況が違ってくる。ドラマ性に対して貧欲であるという女の本性が、グイッグイッと表に引っ張り出されてくるのだ。

もし、「偶然の出会い」を三回演出することができれば、彼女に「これは運命かもしれない」と思わせることは請け合いである。「運命だ」と思わせれば、勝ったも同然。彼女は、たとえあなたに恋心を抱くことがなくても、その「運命」に恋をしんこうしてくれる。

男が偶然と呼ぶものを女は運命と呼ぶ

何年かぶりでかかってきた男性からの電話よりも、何年かぶりの男性との思わぬ出会いのほうに強く惹かれる。男が「偶然」と呼ぶものを、女は「運命」と呼ぶ。たぶん、それは自分の人生に対する執着度合いの違いからきているのだろう。男は、自分の人生にドラマ(ロマン)がなくても衣食住が足りていれば0K、というところがあるだが、人生のドラマ性に貧欲な女にとって、衣食住が足りているだけの人生ほど味気ないものはない。

テレビで、こんな海外ドラマが放送された。ヒロインは、運命の出会いを信じてやまない女性である。彼女は、少女のころから運命の男性に出会うことにあこがれており、その男性にいくつかの条件をあてはめていた。いかにも少女らしい、どんな言葉を吐くとか、どこそこで現れるとかの、おまじない的な条件である。

ところが、さすがドラマだけあって、たまたまその条件にぴったり合う男性が現れてしまう。面白いのは、彼女はこの男性にまったく恋心を感じていないくせに、少女のころからの運命論に固執して、その男性にこだわり続けるところだ。そんなふうに、女性には、とかく運命にあこがれる傾向があるのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

社内のイベントでは世話をする役目に徹してみる

社内のイベントでは世話役に徹するカルト漫画の永遠の古典というべき『かっこいいスキヤキ』(泉昌之著)には、こんなセリフが登場する。「スキヤキの肉を横目に、しらたきを食うオレって、シブいなあ」ここで光を当 …

no image

化粧の濃いのが嫌いな彼氏

きちんとお化粧することを、彼は化粧が濃いと受け取るのですが、と語るある女性。私は自分ではそんなに濃いメイクをしているとは思っていません。でも、男の人の目は違うのでしょうか?女性のメイクってなんのためな …

no image

恋は麻疹に似ているともいわれるが

ひょっとして、恋人になれるのかなという可能性を秘めた男友達と会う時が、一番、ドキドキして楽しい時間ではないか、と思ってしまう。恋人になってしまえば、こんどはその関係を維持することに神経を使わねばならな …

no image

教養は必要か-彼の話が理解できない

先日、彼と彼の友人三人とお酒を飲んだときのことです。私にはよくわからない話が出てきました、と語るある女性。 教養、って何ですか?人を好きになる、あるいは好きになってもらう資格のひとつに教養は必要ですか …

no image

恋に必要なのは感受性だけ

恋に必要なのは、感受性だけ。知性も富も地位も、恋とは無関係です。もし、これら肩書きによって今の恋人を選んだとしていたら、アナタのしているものは恋でも何でもないのです。相手はただの見栄で選んだお気に入り …