スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

投稿日:

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれなりの現実感というものを持っている。

この「偶然の出会い」が二度、三度となると、かなり状況が違ってくる。ドラマ性に対して貧欲であるという女の本性が、グイッグイッと表に引っ張り出されてくるのだ。

もし、「偶然の出会い」を三回演出することができれば、彼女に「これは運命かもしれない」と思わせることは請け合いである。「運命だ」と思わせれば、勝ったも同然。彼女は、たとえあなたに恋心を抱くことがなくても、その「運命」に恋をしんこうしてくれる。

男が偶然と呼ぶものを女は運命と呼ぶ

何年かぶりでかかってきた男性からの電話よりも、何年かぶりの男性との思わぬ出会いのほうに強く惹かれる。男が「偶然」と呼ぶものを、女は「運命」と呼ぶ。たぶん、それは自分の人生に対する執着度合いの違いからきているのだろう。男は、自分の人生にドラマ(ロマン)がなくても衣食住が足りていれば0K、というところがあるだが、人生のドラマ性に貧欲な女にとって、衣食住が足りているだけの人生ほど味気ないものはない。

テレビで、こんな海外ドラマが放送された。ヒロインは、運命の出会いを信じてやまない女性である。彼女は、少女のころから運命の男性に出会うことにあこがれており、その男性にいくつかの条件をあてはめていた。いかにも少女らしい、どんな言葉を吐くとか、どこそこで現れるとかの、おまじない的な条件である。

ところが、さすがドラマだけあって、たまたまその条件にぴったり合う男性が現れてしまう。面白いのは、彼女はこの男性にまったく恋心を感じていないくせに、少女のころからの運命論に固執して、その男性にこだわり続けるところだ。そんなふうに、女性には、とかく運命にあこがれる傾向があるのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

最初嫌いなのに好きになる

そして、時こそ今は——–と、口に出してつぶやくたびに、感動で涙に襲われてしまう。のちに、恋人、長谷川泰子は中也を捨て、近代日本の知性、小林秀雄の元へ去ってしまう。中也は自らを、 …

no image

説教すると女性に好意を持たれると勘違いしている男

ずいぶん昔の話になるが、有名作詞家が自分の知識を披露することで基有名性歌手のハートをつかんだ。二人は、恋愛を成就させて結婚した。だが、皮肉なことに、その作詞家が自分の知識と教養を妻に伝え続けようとした …

no image

バラも色気も崩れ落ちる寸前になぜか心魅かれてしまう

切り花と庭木の花の違いは、花壺に生けられた花はしぼみかけるとすぐ捨てられるが、に植えられた花は、最後の花びら一枚が地面に落ちるまでその姿をさらしているという点にある。生け花としてはとてもつとまらないよ …

no image

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある

主催者側も、ものすごいキャスティングをしたものだ。しかし、Kさんもおとななら、いやあ、女房がお世話になっちゃってのジョークの一つも言えばいいのに。それか、逆に、マッチが出るなら、司会は嫌だとゴネるとか …

no image

握手には印象に残る心理効果がある

会社の送別会で送られる人は、最後のお別れのあとに握手を求めてくる相手に特別の印象を抱く。「そうか、こいつとこいつは、本気でオレが去るのを惜しんでくれているのだな」というぐあいに。 日本の文化には、「握 …