スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

グリップ・トラクションなどの用語

投稿日:

・グリップ・トラクション

単に「グリップ」という場合は、タイヤが路面をとらえる表現として使用される。「トラクション」という場合は、そのマシンのサスペンション性能+タイヤのグリップを総合して判断した場合に用いられる。

・キャンバースラスト

オートバイのコーナーリングは、主としてこのキャンバースラストを発生させて方向を変えている。垂直に回転し、直進している円板を内側に傾けると、傾けた方向に向きが変化する。これがキャンベースラストである。コーナーでは車体をバンクさせることによって、ホイールにキャンバースラストを起こさせ、向きを変えているのである。

・コントローラブル

主にブレーキ関係のインプレッションに使用され、握力や踏力に応じて、比例的に効くブレーキを、「コントローラブルなブレーキ」と称する。逆に、一発目のタッチからカクンと強力に作動するブレーキは、コントローラブルとはいわれない。

・クルージング性能

一定スピードで長時間(時間はたいして問題ではなく、外乱を多く受けるという意味のほうが強い)巡行した場合のフィーリングで、「クルージング性が低くストレスがたまる」「クルージングに最適なエンジン」というように表現する。

追越加速

ギヤを選び(通常トップギヤを含めた上3速)、一定スピードで走行し、そこからフル加速に移り、決められたスピードへ到達するまでの時間を計測する。もちろん、時間が短いほど加速がよいということになる。

・キャンバー

路面が傾斜している場合に、「キャンバーがついている」と表現する。これと同じ意味で、「バンク」という言葉もある。カーブの内側が低くなっていることを「正バンク」、外側が低くなっていることを「逆バンク」という。

・外乱

よく目にする言葉である。路面の凹凸、段差、マンホールのふた、軌のみならず、横風も含まれる。外乱の吸収程度によって、「ステアリングを乱される」とか「シャープに反応する」というように使用される。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

タイトコーナーで重要なのはブレーキングと失速しないこと

タイトコーナーで最も重要なのは、ブレーキングはもちろんだが失速しないことである。つまり、減速オーバーにならないということだ。コーナーの入口では、2速なり3速に減速されていることはもとより、パワーバンド …

no image

バイクのタンクパッドでニーグリップ

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るた …

no image

バイクウェアなどの革製品の手入れ

レザーウェア、グローブ、ブーツなどは手入れの仕方しだいでは一生もつほどになる。小まめに手入れをすれば、革というものはそれにこたえて、いつまででもライダーのために働いてくれるものなのだ。最近は、グリップ …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

ハイウェイには危険がいっぱい

ハイウェイには危険がいっぱい。一歩間違えば、直接、死につながる。そこのところをよく考えて、服装を完全にととのえ、マシンをじゅうぶん点検し、気がまえもシャンとしたうえで、ハイウェイに乗り込もう。国内の高 …