スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

グリップ・トラクションなどの用語

投稿日:

・グリップ・トラクション

単に「グリップ」という場合は、タイヤが路面をとらえる表現として使用される。「トラクション」という場合は、そのマシンのサスペンション性能+タイヤのグリップを総合して判断した場合に用いられる。

・キャンバースラスト

オートバイのコーナーリングは、主としてこのキャンバースラストを発生させて方向を変えている。垂直に回転し、直進している円板を内側に傾けると、傾けた方向に向きが変化する。これがキャンベースラストである。コーナーでは車体をバンクさせることによって、ホイールにキャンバースラストを起こさせ、向きを変えているのである。

・コントローラブル

主にブレーキ関係のインプレッションに使用され、握力や踏力に応じて、比例的に効くブレーキを、「コントローラブルなブレーキ」と称する。逆に、一発目のタッチからカクンと強力に作動するブレーキは、コントローラブルとはいわれない。

・クルージング性能

一定スピードで長時間(時間はたいして問題ではなく、外乱を多く受けるという意味のほうが強い)巡行した場合のフィーリングで、「クルージング性が低くストレスがたまる」「クルージングに最適なエンジン」というように表現する。

追越加速

ギヤを選び(通常トップギヤを含めた上3速)、一定スピードで走行し、そこからフル加速に移り、決められたスピードへ到達するまでの時間を計測する。もちろん、時間が短いほど加速がよいということになる。

・キャンバー

路面が傾斜している場合に、「キャンバーがついている」と表現する。これと同じ意味で、「バンク」という言葉もある。カーブの内側が低くなっていることを「正バンク」、外側が低くなっていることを「逆バンク」という。

・外乱

よく目にする言葉である。路面の凹凸、段差、マンホールのふた、軌のみならず、横風も含まれる。外乱の吸収程度によって、「ステアリングを乱される」とか「シャープに反応する」というように使用される。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのブレーキングテクニックをマスターできるのか

ブレーキングのテクニックは無限の広がりを持つ。これほどむずかしいブレーキのかけ方を1カ月やそこらでマスターできるはずがない。しかし、走り出したからには止まらなければならない。ブレーキングに自信のない人 …

no image

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキッ …

no image

バイクのセットアップはソロ用にマッチングされている

日本で発売されている多くのバイクはそのほとんどが、2人乗りができるように設計されていて、ダブルシート、タンデムステップ、シートなど必要な装備がされている。しかし、ソロライディングが多いことはいうまでも …

no image

フットレスト&ハンドなどのバイクの構造

・フートレスト&ハンド オートバイは、フートレストの位置とハンドルの形状によって、用途にマッチしたライディングホジションが確保されている。この2つは、非常に重要な部分であり、フートレスト位置やヘンドル …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …