スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

グリップ・トラクションなどの用語

投稿日:

・グリップ・トラクション

単に「グリップ」という場合は、タイヤが路面をとらえる表現として使用される。「トラクション」という場合は、そのマシンのサスペンション性能+タイヤのグリップを総合して判断した場合に用いられる。

・キャンバースラスト

オートバイのコーナーリングは、主としてこのキャンバースラストを発生させて方向を変えている。垂直に回転し、直進している円板を内側に傾けると、傾けた方向に向きが変化する。これがキャンベースラストである。コーナーでは車体をバンクさせることによって、ホイールにキャンバースラストを起こさせ、向きを変えているのである。

・コントローラブル

主にブレーキ関係のインプレッションに使用され、握力や踏力に応じて、比例的に効くブレーキを、「コントローラブルなブレーキ」と称する。逆に、一発目のタッチからカクンと強力に作動するブレーキは、コントローラブルとはいわれない。

・クルージング性能

一定スピードで長時間(時間はたいして問題ではなく、外乱を多く受けるという意味のほうが強い)巡行した場合のフィーリングで、「クルージング性が低くストレスがたまる」「クルージングに最適なエンジン」というように表現する。

追越加速

ギヤを選び(通常トップギヤを含めた上3速)、一定スピードで走行し、そこからフル加速に移り、決められたスピードへ到達するまでの時間を計測する。もちろん、時間が短いほど加速がよいということになる。

・キャンバー

路面が傾斜している場合に、「キャンバーがついている」と表現する。これと同じ意味で、「バンク」という言葉もある。カーブの内側が低くなっていることを「正バンク」、外側が低くなっていることを「逆バンク」という。

・外乱

よく目にする言葉である。路面の凹凸、段差、マンホールのふた、軌のみならず、横風も含まれる。外乱の吸収程度によって、「ステアリングを乱される」とか「シャープに反応する」というように使用される。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

二輪の半クラッチのコツ

半クラッチが効果的なのはクラッチを切った瞬間にレスポンスが回復するエンジンで、4ストロークの単気筒ではほとんど必要ない。ゆるい上り坂で瞬時に追い越しを必要とするときに、シフトダウンすると回転が上がりす …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

バイクで雨天に走行する際の注意

雨天での走行は、気持ちの対応が最も大切になる。もちろん最近はブレーキ性能の向上やタイヤの性能アップが著しく、以前のように極端にスピードを殺して走行しなければならないことがなくなったのは、うれしい限りが …

no image

上手いブレーキングはジワッときかせること

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。 …

no image

バイクでの雨中走行

雨中の走行で気を付けなければならないのはライダーのウェアだ。しっかりしたレインウェアを着用していなければ快適な走りは望めないし、ライダーの心理状態にもスキができてしまう。レインスーツ、ブーツカバー、グ …