スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

グレーゾーンを子育てに作ってあげよう

投稿日:

自分はいけないことをしたんだと子ども自身が納得するためには、事柄だけで決め付けず、子どもの思いに目を向けて、そうせざるを得なかった気持ちを汲み取ってあげることが先決なのです。たとえ子どもが万引きをしても、善悪だけで判断し、厳しく叱責して「二度とこんなことをするんじゃない!」と叱りつけるだけでなく、子どもがなぜそんなことをしたのか、しなければならなかったか、という理由やプロセス、その裏にある気持ちをしっかりと聞き出して、そのうえで「でも、それはいけないことだ」と教えていくことが、子どもの成長につながるしつけ。

日本の文化には「あいまい」「あやふや」といったグレーゾーンを受け入れ、大切にするところがあります。これは柔軟性を大事にするということです。多少悪さをしても、少しぐらい何かができなくても、目をつむって子どもを信じ、すべてを許して、すべてをわかってあげる度量が子育てには必要です。

愛情が揺るぎないものであることを実感させる

そして「何をしても味方だからね」「あなたのことが本当に大事なの」と親の愛情が揺るぎないものであることを実感させ、安心感をもたせて。必要です。車のハンドルも、遊びの部分がなければかえって事故が増えてしまいます。レーシングカーのように、キュッとハンドルを切ったときにキュッと車が曲がってしまったら、街中で安全に車を走らせることはできません。

いろいろなを受け止め、瞬時瞬時で判断しながら柔軟に対応していく姿勢がなけれ子どもをとことん甘えさせ、温めてあげることもできない。グレーゾーンを大切にし、柔軟に子どもと向き合っていくということを実践していただきたいと思います。子どもを育てる中では予測ができないこと、理不尽なこともたくす。しかしそれはどれも子どもの成長にとって意味があることなのでゼロか一かの正論だけでは、子どもを育てることはできません。どうか子育てにグレーゾーンを設けてあげてください。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

成功するために失敗を体験させることも大事

もし、子どもがそば屋さんのまねをしていて食器を落としてこわしてしまったとしたら、どのように扱ったらよいでしょうか。そのような冒険心の現われに喜びを感じている両親であれば、そば屋さんの持ち方ができるよう …

no image

子どもの力を信じることが必要

西ドイツでは、クリスマスツリーを買ってもらった子どもは、ときどき手を休めながらも、その木を家にまで運んでいきました。お母さんは、「がんばれ」といった顔つきで、腕を組んだままそばについて歩いています。日 …

no image

手の届かない所にある物をつかもうとするなどの赤ちゃんの特徴

赤ちゃんの特徴には色々ある 手の届かない所にある物をつかもうとする。 とりわけ、オモチャや自分の手、ロなどは細かい部分まで念入りに調べようとする。 魅せられたように繰り返しの動作をじっと眺める。例えば …

no image

自分は幸せだと思う人は幸せになれる

自分を幸せだと思っている人は、さまざまなことに「有難い」と思うことができます。例えば家計の収入が減ってしまって暮らしが苦しくなったとき、「難有り」と思う人は、「子どもを私立の学校に行かせようと思ってい …

no image

子どもを「よい人間」に育てるために

子どもを「よい人間」に育てるために、お母さんやお父さんが、もう一度、自分の情操について見つめてみてください。そして、少しでもそれを高めるための努力を始めましょう。それが、子どもに対する情操教育の前提で …