スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

グレーゾーンを子育てに作ってあげよう

投稿日:

自分はいけないことをしたんだと子ども自身が納得するためには、事柄だけで決め付けず、子どもの思いに目を向けて、そうせざるを得なかった気持ちを汲み取ってあげることが先決なのです。たとえ子どもが万引きをしても、善悪だけで判断し、厳しく叱責して「二度とこんなことをするんじゃない!」と叱りつけるだけでなく、子どもがなぜそんなことをしたのか、しなければならなかったか、という理由やプロセス、その裏にある気持ちをしっかりと聞き出して、そのうえで「でも、それはいけないことだ」と教えていくことが、子どもの成長につながるしつけ。

日本の文化には「あいまい」「あやふや」といったグレーゾーンを受け入れ、大切にするところがあります。これは柔軟性を大事にするということです。多少悪さをしても、少しぐらい何かができなくても、目をつむって子どもを信じ、すべてを許して、すべてをわかってあげる度量が子育てには必要です。

愛情が揺るぎないものであることを実感させる

そして「何をしても味方だからね」「あなたのことが本当に大事なの」と親の愛情が揺るぎないものであることを実感させ、安心感をもたせて。必要です。車のハンドルも、遊びの部分がなければかえって事故が増えてしまいます。レーシングカーのように、キュッとハンドルを切ったときにキュッと車が曲がってしまったら、街中で安全に車を走らせることはできません。

いろいろなを受け止め、瞬時瞬時で判断しながら柔軟に対応していく姿勢がなけれ子どもをとことん甘えさせ、温めてあげることもできない。グレーゾーンを大切にし、柔軟に子どもと向き合っていくということを実践していただきたいと思います。子どもを育てる中では予測ができないこと、理不尽なこともたくす。しかしそれはどれも子どもの成長にとって意味があることなのでゼロか一かの正論だけでは、子どもを育てることはできません。どうか子育てにグレーゾーンを設けてあげてください。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

家庭の中の暖かい雰囲気を味わうことの重要性

「思いやり」のないお母さんは、子どもが学校から帰ってくると、待ち構えていたように、「どんな勉強をしたの?」「宿題は?」などと、勉強の話を持ち出します。そのようなお母さんは、学習にばかりこだわって、子ど …

no image

自分から進んで勉強するようにする

自発性の発達しているお父さんは、子どもに問題が起きるまでは妻まかせにしていても、いざとなると妻といっしょに相談を受けにやってきます。そして、積極的に問題の解決に当ろうとします。 子供の自発性が発達して …

no image

子どもの力を信じることが必要

西ドイツでは、クリスマスツリーを買ってもらった子どもは、ときどき手を休めながらも、その木を家にまで運んでいきました。お母さんは、「がんばれ」といった顔つきで、腕を組んだままそばについて歩いています。日 …

no image

家の周りの子供にとっての危険

引越し先の家の周囲で、子どもが活動しそうな範囲内を、お母さんとお父さんとで点検をしておく必要がありますし、すでに同じところに永く住んでいる両親でも、休日の朝早くに、二人でゆっくりと危険の有無を点検し直 …

no image

赤ちゃんが安心や心の安らぎや保護を求めるのは当然

スキンシップは、赤ちゃんが子宮の中にいるような安心できる世界を再現するのに最適な方法です。それは赤ちゃんの心の支えになるのです。赤ちゃんの頭には子宮が自分の体を包み込み、あなたが動くたびに体をマッサー …