スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

グレーゾーンを子育てに作ってあげよう

投稿日:

自分はいけないことをしたんだと子ども自身が納得するためには、事柄だけで決め付けず、子どもの思いに目を向けて、そうせざるを得なかった気持ちを汲み取ってあげることが先決なのです。たとえ子どもが万引きをしても、善悪だけで判断し、厳しく叱責して「二度とこんなことをするんじゃない!」と叱りつけるだけでなく、子どもがなぜそんなことをしたのか、しなければならなかったか、という理由やプロセス、その裏にある気持ちをしっかりと聞き出して、そのうえで「でも、それはいけないことだ」と教えていくことが、子どもの成長につながるしつけ。

日本の文化には「あいまい」「あやふや」といったグレーゾーンを受け入れ、大切にするところがあります。これは柔軟性を大事にするということです。多少悪さをしても、少しぐらい何かができなくても、目をつむって子どもを信じ、すべてを許して、すべてをわかってあげる度量が子育てには必要です。

愛情が揺るぎないものであることを実感させる

そして「何をしても味方だからね」「あなたのことが本当に大事なの」と親の愛情が揺るぎないものであることを実感させ、安心感をもたせて。必要です。車のハンドルも、遊びの部分がなければかえって事故が増えてしまいます。レーシングカーのように、キュッとハンドルを切ったときにキュッと車が曲がってしまったら、街中で安全に車を走らせることはできません。

いろいろなを受け止め、瞬時瞬時で判断しながら柔軟に対応していく姿勢がなけれ子どもをとことん甘えさせ、温めてあげることもできない。グレーゾーンを大切にし、柔軟に子どもと向き合っていくということを実践していただきたいと思います。子どもを育てる中では予測ができないこと、理不尽なこともたくす。しかしそれはどれも子どもの成長にとって意味があることなのでゼロか一かの正論だけでは、子どもを育てることはできません。どうか子育てにグレーゾーンを設けてあげてください。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

肌の触れ合いによって気持が落ちつく赤ん坊

生後二、三カ月もすると、いわゆる抱きぐせがつく状態が現われますが、これは、抱かれることの快さを味わったからです。子どもは、生まれながらにして、肌のふれ合いを求めているといってもよいでしょう。その点で母 …

no image

不満が爆発してしまう前に

子どもが小さいときも、洗濯物の山の前で「なんで毎日毎日こんなに汚してくるのかしらーどうして私ばかりがこんなことをしなきゃならないの!」と不満が爆発しそうになることがしょっちゅう。そのときも「でも、もし …

no image

子供と休日にお出かけする際に車を使わない

サービスという形をとる場合には、運転者としてのお父さんは疲れるばかりで、そうしたサービスは永続きはしません。ついには、お父さんだけがレジャーを楽しみ、お母さんや子どもたちは家にごろごろしているという休 …

no image

赤ちゃんの休みない生命活動

誕生直後とはがらりと姿を変えた。この新たな世界は、赤ちゃんを悩ませます。その最初の反応は、離れたばかりの住み慣れた安全な場所、つまり母親の子宮の中に戻りたいという欲求なのです。 赤ちゃんは急にあなたに …

no image

強制は子どもを抑圧する

六歳になるまで、非常に少食で、体重も十四キロという子どもを治療したことがあります、というある人。お母さんが食べさせることが多かったので、著を使う技術も習得していなかったからです。そこで、一年かかって食 …