哲学入門

ゴータマ・ブッダはべチレスにとどまっていたのちに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴータマ・ブッダはべチレスにとどまっていたのち、かつてさとりを開いた場所であるウルヴェーラーに向って旅に出た。あるとき、かれは道を離れて一つの密林のところに到り、その中に入って一樹のもとに巫した。

そのとき三十人の友人たちがそれぞれ妻を伴ってその林の中で遊んでいた。ところが一人は妻をもっていなかったので、そのために「ひとりの遊女を雇うた」ところ、かれが遊び楽しんでいるうちに、遊女は、かれらの財物を取って逃げてしまった。

「尊師は一人の女を見ましたか?」「若者どもよ。きみたちは婦女によってどうしようというのです?」「いまわたくしたち三十人の友人は、夫人たちを伴ってこの密林に遊んでいました。しかし一人は夫人をっれていないので、そのために遊女をつれて来ました。かれらはその友人を助けて、遊女を探し求め、その密林のうちを御しているとき、プッダが一本の樹木のもとで巫しているのを見た。そうして釈尊のいるところへ行ってたずねた。

ゴータマ・ブッダは尋ねた

ゴータマ・ブッダは尋ねた、「若者どもよ。きみたちはどう思いますか。婦女を尋ねもとめることと自己を尋ねもとめることと、きみらはどちらが勝れていると思いますか?」「われわれは自己を尋ねもとめるほうが勝れていると思います。」「若者どもよ。では、お巫りなさい。きみらのために法を説きましょう。」「どうぞ。」そこで釈尊は教えを説き、かれらはさとりに到達して出家したという。

われわれが遊び楽しんでいた間に、その遊女は財物を取って逃げてしまいました。故にわれわれは友人として、その友を助けてその女を探し出そうとして、この密林のなかを俳御しているのです。

儒学の伝統の中で特に自我の自覚として取り上げるべきは、王陽明およびその学徒である。王陽明は好んで「己」「吾心」を問題とした。そこには恐らく、仏教や神の影響があると考えられる。「自己」の問題は、古代西洋哲学における主要な論題としては立てられなかったかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加