スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

銀行系カードはカード業界をリード

投稿日:2019年9月9日 更新日:

4大メガバンクをバックに加盟店数、サービスとも充実しているグループがある。銀行系カードを取扱高別にみると、最大手がJCB、次がVISAジャパン(三井住友カード・三井住友FG)、UCカード(みずほフィナンシャルグループ)、DCカード(三菱東京フィナンシャルグループ)、UFJカード(UFJグループ)となっており、4大メガバンク・グループ系のカード会社が上位を占めている。グループ別でみると、一時、2位のVISAジャパンが首位のJCBに肉薄したが、ここにきて再びJCBが引き離してきている一方、6位のDCが5位のUCに差を詰めてきている。

以前、信販系カードは第2位を占めていたが、2000年に流通系カードに逆転され、その後若干差は縮まったものの、依然第3位となっているようだ。また、メーカー系カードのカード取扱高全体に占める割合は小さいものの、トヨタやソニーはブランド力と組織力で大きく伸びる可能性が高い。

銀行系カードの勢力図はさらに変化が予想

三菱東京とUFJの統合などで銀行系カードの勢力図はさらに変化が予想される。また、アウトソーシングに積極的で、他企業のカードビジネスを請け負ったり、ICカードのソリーションにまで手を染める会社もでてきている。これら大手銀行系カード会社は、名実ともにクレジットカード業界をリードする存在である。加盟店数が多く、チケット予約や通販、情報サービスなど付帯サービスも充実しているため、バランスの取れたカードが多い。

クレジットカードは系列別に見ると大きく4つに分けられる。銀行の系列子会社が発行する銀行系クレジットカード、信販会社が発行する信販系クレジットカード、スーパーや百貨店などが発行する流通系クレジットカード、一般の企業・団体が発行するメーカー系クレジットカードの4つである。このうち発行枚数がもっとも多いのが銀行系カードで、全体の約40%を占める。次は流通系カード、つづいて信販系カード、メーカー系カードはの順である。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

真実擬制を適用して債務者側の推定計算の主張を事実と認める裁判例は多い

真実擬制の効果は絶大。文書提出命令の決定が出たときは、貸金業者に対して極めて大きなダメージを与えることになります。真実擬制を適用して債務者側の推定計算の主張を事実と認め、過払金の返還を命じた裁判例も多 …

no image

営業譲渡で旧債務は引き継がないと主張された場合

営業譲渡で旧債務は引き継がないと主張された場合。営業譲渡によって顧客(債務者)を獲得した貸金業者は「譲渡前の債務については営業譲渡契約上、譲渡する営業の内容から除外しているので『過払金返還債務」は引き …

no image

文書提出命令の申立てと真実擬制

・文書提出命令の申立てと真実擬制 裁判後、法廷で事実上開示を求めても、当事者照会を行っても、貸金業者は態度を全く改めることなく、頑として取引履歴を開示しません。貸金業者が全取引履歴を開示しないので、仕 …

no image

文書提出命令を出し貸金業者が従わず取引履歴を出さなかった場合に

文書提出命令の決定が出ると、原告の主張(推定計算)が真実と認められる可能性が出てくるため、貸金業者は文書の提出を余儀なくされます。したがって、取引履歴を開示する気のない貸金業者は、文書提出命令の申立て …

no image

新たな借入れは順番に古い過払金の弁済(債務の承認)と評価される

10年以上前にいったん完済し、その後取引が中断した後、再び同じ業者から借り入れた場合について(便宜上、いったん完済した借入れを第1借入れ、その後の借入れを第2借入れといいます)、この場合、第1借入れに …