スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ギブ・ギブ・ギブから始めましょう

投稿日:

ご主人や周りの人たちに甘え、その人たちから心のエネルギーをもらうことならできます。「ギブ・ギブ・ギブ」から始めましょう。ただし、そのためには甘えられる人間関係をつくっていくことも大切です。人に好かれることで自分の気持ちも正直に伝えていける、そのような土台をどうっくるが大切になります。人に好かれるための原則は、相手が喜ぶことをすることです。

親に甘えることができなかった方は自分自身も誰かに甘えられることが必要です。それができないでいると、子どもを甘えさせてあげることもできないままとなってしまいます。とはいっても子ども時代とは異なり、親からたっぷりの愛情をもらうことはもうむずかしいでしょう。

相手の話にきちんと耳を傾けて聴く、「あなたのこういうところがステキだと思う」「そこがとてもいいところだと思う」と素直に賛美する、「こういうことをしてくれてありがとう」と感謝する、それしかありません。

ちょうだい、ちょうだい

「ちょうだい、ちょうだい」と「テイク&テイク」ばかりの人には、何もあげたくなくなるのが人の心というものです。甘え、甘えさせられる関係づくりも、自分が人に対してどれだけギブできるかが先です。それも「ギブ&テイク」では足りません。

「私だって甘えたいの!誰か私を温めて!」と言うだけでは人に受け入れてもらうことはむずかしくなります。世の中は「ギブ&テイク」で成り立っていると言われますが、喜びに満ちた幸せな人生であるためには、「ギブ&ギブ&ギブ」でやっていくことが大切です。「そんなことは神様じゃないんだから無理ですよ」と言う人もいますが、誰かに何かをいただきたかったら、自分からまず与えることが大事なのです。

とことん自分のほうから与え続けるぐらいの気持ちでやっととんとんになるのです。太陽は「あなたは温めてあげる、あなたには熱はあげない」と区別することなく、誰にも無条件で暖かさを分け与えています。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供と真剣に向き合うとともに一所懸命に考えれば直感力がつく

お母さんの直感こそが、愛情ある子育ての最高の教科書となります。子どもと真剣に向き合い、「今この子にとって何が一番必要なのだろう」と一所懸命に考えれば直感力も出てきます。そのためには子どもの姿をよく目を …

no image

赤ちゃんが手に負えないとき

赤ちゃんが泣いて手に負えない時期には、多くの母親は肉体疲労、頭痛、吐き気、背中の痛み、および心気症などに苦しめられます。障害の理由は、そんな赤ちゃんの世話を休みなく続けなければならないことにある。かか …

no image

赤ちゃんはどんな遊びも活動も一人でやりたいと思っている

赤ちゃんはどんな遊びでも活動でも、一人でやりたいと思っています。ですから、あなたの励ましはそれが上手にできるように手を添えるだけで十分です。あまりやり過ぎないようにしながら、赤ちゃんに新たな挑戦をさせ …

no image

赤ちゃんは過去の記憶や出来事で今を積み重ねていく

生後二週日(約三カ月)あたりでは、あなたが目の前に置いてあげた物を両手でつかむのに、赤ちゃんは目を凝らし必死になって努力しなければなりませんでした。ところが、今ではよく見ると、赤ちゃんは物を触り、それ …

no image

親ってなんだろう

親になろうとしている者にはその前に、必ず国家試験をすべきだーと主張している人がいた。国家試験をして、合格したものに、親になる資格を与える。その例として、「一歳から三歳の間の子どもの行動の特徴をあげなさ …