スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ギブ・ギブ・ギブから始めましょう

投稿日:

ご主人や周りの人たちに甘え、その人たちから心のエネルギーをもらうことならできます。「ギブ・ギブ・ギブ」から始めましょう。ただし、そのためには甘えられる人間関係をつくっていくことも大切です。人に好かれることで自分の気持ちも正直に伝えていける、そのような土台をどうっくるが大切になります。人に好かれるための原則は、相手が喜ぶことをすることです。

親に甘えることができなかった方は自分自身も誰かに甘えられることが必要です。それができないでいると、子どもを甘えさせてあげることもできないままとなってしまいます。とはいっても子ども時代とは異なり、親からたっぷりの愛情をもらうことはもうむずかしいでしょう。

相手の話にきちんと耳を傾けて聴く、「あなたのこういうところがステキだと思う」「そこがとてもいいところだと思う」と素直に賛美する、「こういうことをしてくれてありがとう」と感謝する、それしかありません。

ちょうだい、ちょうだい

「ちょうだい、ちょうだい」と「テイク&テイク」ばかりの人には、何もあげたくなくなるのが人の心というものです。甘え、甘えさせられる関係づくりも、自分が人に対してどれだけギブできるかが先です。それも「ギブ&テイク」では足りません。

「私だって甘えたいの!誰か私を温めて!」と言うだけでは人に受け入れてもらうことはむずかしくなります。世の中は「ギブ&テイク」で成り立っていると言われますが、喜びに満ちた幸せな人生であるためには、「ギブ&ギブ&ギブ」でやっていくことが大切です。「そんなことは神様じゃないんだから無理ですよ」と言う人もいますが、誰かに何かをいただきたかったら、自分からまず与えることが大事なのです。

とことん自分のほうから与え続けるぐらいの気持ちでやっととんとんになるのです。太陽は「あなたは温めてあげる、あなたには熱はあげない」と区別することなく、誰にも無条件で暖かさを分け与えています。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

礼儀正しい人の育てられた人の根っこは弱い

メロメロになるほど甘えさせてもらった子、甘えきった子は、生きる土台となる根っこの部分ががっしりと強固です。自分に自信があり、安心していますから、人の日を気にしないで自分を堂々と出すことができます。百パ …

no image

子供が注意を聞かない場合に聞かせる方法

「何が悪い小学生以上の子であれば、いけないことをしたときに、「そんなことをしたらもったいないんじゃない?」「あなたとしたことがもったいないわよ」「それじゃあ、あなたの値打ちを落とすことになるわよ」とい …

no image

夫への不満やストレスで離婚をする前にすべきこと

暴力を振るわれている、夫から虐待されているといった拠所ない事情がある場合は別です。自分や子どもに危害が及びそうな環境にいる場合は一刻も早くそこから逃げなければなりません。しかし「冷たい夫とはわかり合え …

no image

幼稚園くらいの子供のケンカに親の仲裁は必要か?

昔から、子どものけんかに親が出るなーといわれてきたのは、まさに名言といえる。ところが、お母さんやお父さんの中には、子ども同士のけんかに口を出したり、それをとめにかかったりする人が少なくありません。とく …

no image

一年生ママにとってつらい時期

「ミルクが足りないのかしら?どこか体の具合が悪いの?私が何かまちがったことをしたのかしら?おむつが濡れているのかな?抱いてあげると泣き止むところをみると、抱き癖がついたのかしら?」誰しもこのような疑問 …