スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

芸能人の恋の話

投稿日:

正露丸や龍角散。名前からして、由緒のありそうな薬たち。パブロンやルルよりは、古くから伝わってる薬だとすぐわかる。その長く愛された秘密は(薬の効用はもちろんだが)、どこか、一度好きになったら、ものすごく好きにならざるを得ない味わいを隠しもっているからではないだろうか。もちろんこれは勝手な解釈で、あの味を一つとも愛してる私は、日本国内で珍しい存在かもしれないが。

昔のことになるが、美空ひばりさんの葬儀風景をテレビで見ていたら、郷ひろみと近藤マッチが並んで、告別の歌を歌っていた。すごいなあと、思った。この場に、松田聖子と中森明菜が加わっていたら、どんな図になったことだろうか。芸能界はすごい、と思ってしまった、とある人は語る。

芸能界相姦図が昔から話題になるが、それもそのはず。絶対人数が少ないのだから、ダブるしかない。離れ島の小さな分校で、校内恋愛するのと同じようなものである。しかも日本中が、その推移を熟知していて、おまけに、人の記憶が薄れかけてくると、テレビ局所有のVTRが、何度も何度も過去のスキャンダルを放映する。

売れっ子の歌手なんて一握り

思えば、売れっ子の歌手なんて、一握りである。ニューミュージックと演歌をのぞいた売れっ子なんて、一人そこそこのものではないか。売れっ子だから、恋のお相手は、もちろん、自分と同じくらい売れっ子でなければ、プライドが許さない。これでは、かちあってもしょうがないなと思えてくる。

一般的な恋の公式は当てはまらない。主人公の女の子が、過去の恋の失敗を現在の恋人に知られまいと、ドギマギする心理など、芸能界では通用しないのだから。だから、芸能人同士の恋愛は、一般人には、なんのお手本にもならないし、教訓もない。他人の恋の話を聞いて、漫画のストーリーのヒントにすることが多いのだが、芸能人からだけは、恋の話を聞きたいとは思わない。特殊すぎて、大勢の人の共感を得るのが難しいと思えるからだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

5年つきあってふられた彼氏は私の部下

5年つきあってふられた彼は私の部下、とある人は語る。1年で忘れられる男であっても、当座はやはりイラつくと思います。それはしかたのないことです。スポーツするなり、趣味を見つけるなり、何か気をまぎらわせる …

no image

社内のイベントでは世話をする役目に徹してみる

社内のイベントでは世話役に徹するカルト漫画の永遠の古典というべき『かっこいいスキヤキ』(泉昌之著)には、こんなセリフが登場する。「スキヤキの肉を横目に、しらたきを食うオレって、シブいなあ」ここで光を当 …

no image

いつも明るい彼女にあえて元気がないと言う

某県で、政庁をあげてのゴルフ賭博が発覚した。結果、数十人の公務員が書類送検と警戒免職の憂き目となった。本来ならば、公務員たる者は、四角四面の人格を演じていなければならない。その真面目な顔こそが、彼らの …

no image

恋愛におけるムード戦略は逆効果になることのほうが多い理由

最初の関門は、デートコースをどう設定するか。男は、女をできるだけムーディーなスポットに誘おうとする。キャンドルライトがゆらめくイタリアンレストラン。街の夜景を見下ろす高層ビルのバー。しかし、結論を先に …

no image

大人同士のクリスマスプレゼントの交換

本来、恋愛とは、対等でフェアな人格同士の魂のぶっかり合いであると。金で買われた、その金が安すぎる、云々は、恋愛から最も遠くかけ離れた次元の問題である。すごくステキな男性でも、その奥さんを見たとたん、が …