スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

GCASC会員の中には

投稿日:

ロドリゲスは、DOLの対応例をひとつ挙げた。工場の通路は法律で約九一センチと義務付けられている。これがもし一センチでも足りなかったら、工場主は罰金を科せられ、その工場は一応スウェットショップということにされてしまうのである。

GCASC会員の中には、六人の従業員のうち五人がタイムカードにサインしなかった週があるというだけで罰金を科された工場もあったという(全工程で六人しかいない工場なのに?)。「この工場は超過勤務に関する規則に違反していると考えられるわけですか?」。ロドリゲスがDOLに尋ねると、「そうです」という答えが返ってきた。「では、ここはスウェットショップなのですね?」「まあ・・そうなりますね」。

彼は、DOLのようなお役所の態度は、自分たちの都合でころころ変わるものだと信じている。「彼らはこうした統計をまとめて大裂梁な見出しを付け、自分たちの仕事の足場を固めているのです。そうやって、検査や検査官をもっと増やさなければならないと世間に知らしめようとしてるんですよ」。

「そんなことで争っても無意味ですよ。問題なのは、甚だしい虐待行為を行っている工場なんですから。そういう問題こそ話し合わなきゃいけないのに、調査の結果について、重箱の隅をつつくようなことをしている場合じゃないでしょう」。

世界の工場の状況は確かによくないのかもしれないが

そのようなわけで、世界の工場の状況は確かによくないのかもしれないが、調査結果が示すほどひどくはないことも考えられる。それでも、こうした統計は絶えずスウェットショップ反対運動に便利な材料として利用されており、悪質なことはやっていない企業まで巻き込まれてしまうケースがある。

一九九七年以来、ホンジュラスで製造を行っているランド・アパレル社のゼネラル・マネージャー、W・レイン・タールトンがこぼす。「アメリカに来るたびに、あれえ、スウェットショップにご勤務なんですか?、なんて言われちゃうんですよ」。

昨今では、何かとスウェットショップ呼ばわりする風潮が強まり、アパレル製造業界全体が汚名を着せられている格好だ。「海外工場といえばみんなスウェットショップだと思われてしまってね」。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

魔女狩り現象のようなものが生まれてきた

一九九八年、LAのスポーツウェア・メーカーであるカレン・ケインが、犯罪行為に連座したと言われて標的にされた。この会社は卸売価格にして年間およそ七〇〇〇万ドル分のアパレル製品を製造していたが、そのうち七 …

no image

ドライクリーニングの環境への影響

「アーカイプス・オブ・エンパイアロンメンタル・ヘルス」誌によれば、一九九〇年代初期パーク汚染された水を飲んだマサチューセッツ住民の場合、白血病のリスクが通常の二倍から八倍、勝跳癌も四倍になったという。 …

no image

リーバイスの工場の閉鎖

レイオフされた労働者たちは、互いの話に耳を傾けながら、元雇用主に対して行動を起こそうと計画を練った。マタとビオラ・カサレスが共同でコーディネーターを務めるこの団体には、初年度にして七〇〇人の会員が集ま …

no image

ドライ・クリーニング業者に責任転嫁

洗える衣類であっても「ドラリーニングのこと」というラベルを貼る。これは、単に服がダメージを受ける可能性を少ないうだけでなく、ドライ・クリーニング業者に責任転嫁するということでもある。 私たちはなぜ服を …

no image

工場の閉鎖、解雇-製造拠点がコスタ・リカに移された

マタと同僚たちは、不審に思いながら、丸テーブルについてじっと待っていた。やがてドアが勢いよく開くと、リーバイスが雇ったケースワーカーが列を成してずんずん入ってきて、各人に包みを渡したー工場が閉鎖される …