スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

GCASC会員の中には

投稿日:

ロドリゲスは、DOLの対応例をひとつ挙げた。工場の通路は法律で約九一センチと義務付けられている。これがもし一センチでも足りなかったら、工場主は罰金を科せられ、その工場は一応スウェットショップということにされてしまうのである。

GCASC会員の中には、六人の従業員のうち五人がタイムカードにサインしなかった週があるというだけで罰金を科された工場もあったという(全工程で六人しかいない工場なのに?)。「この工場は超過勤務に関する規則に違反していると考えられるわけですか?」。ロドリゲスがDOLに尋ねると、「そうです」という答えが返ってきた。「では、ここはスウェットショップなのですね?」「まあ・・そうなりますね」。

彼は、DOLのようなお役所の態度は、自分たちの都合でころころ変わるものだと信じている。「彼らはこうした統計をまとめて大裂梁な見出しを付け、自分たちの仕事の足場を固めているのです。そうやって、検査や検査官をもっと増やさなければならないと世間に知らしめようとしてるんですよ」。

「そんなことで争っても無意味ですよ。問題なのは、甚だしい虐待行為を行っている工場なんですから。そういう問題こそ話し合わなきゃいけないのに、調査の結果について、重箱の隅をつつくようなことをしている場合じゃないでしょう」。

世界の工場の状況は確かによくないのかもしれないが

そのようなわけで、世界の工場の状況は確かによくないのかもしれないが、調査結果が示すほどひどくはないことも考えられる。それでも、こうした統計は絶えずスウェットショップ反対運動に便利な材料として利用されており、悪質なことはやっていない企業まで巻き込まれてしまうケースがある。

一九九七年以来、ホンジュラスで製造を行っているランド・アパレル社のゼネラル・マネージャー、W・レイン・タールトンがこぼす。「アメリカに来るたびに、あれえ、スウェットショップにご勤務なんですか?、なんて言われちゃうんですよ」。

昨今では、何かとスウェットショップ呼ばわりする風潮が強まり、アパレル製造業界全体が汚名を着せられている格好だ。「海外工場といえばみんなスウェットショップだと思われてしまってね」。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

リーバイス製品を見るととても誇らしく思った

問題の根底にあるのは、アメリカ・メキシコ・カナダ間で関税や輸出入量の割当を段階的に廃止していく北米自由貿易協定(NAFTA)のような自由貿易協定である。一九九九年の『ネーション』誌の記事によれば、アメ …

no image

いい加減な関税システムのおかげで

いい加減な関税システムのおかげで、輸入テキスタイルなどの材料も必ずしも到着時にチェックを受けるとは限らず、割当量が決まっていたり課税対象だったりする国の生地でもそのまま入ってきてしまうことがある、とい …

no image

労働者の劣悪な環境

工場側は、自宅労働者を雇うことーアメリカでは違法とする州もあるーで、監督者の厳しい目を逃れることも多い。ジョバーが女性たちに裁断した生地の束を渡して、家で縫わせるのだ。こうすれば、家賃、電気代、業務用 …

no image

セレブは社会が理想とする体型に常に影響を及ぼしてきた

私たちは、一九八〇年代にはやや軟弱な感じだったマドンナが、九〇年代に筋肉質な体つきへと変貌していくさまを見届けてきた。ジャネット・ジャクソンも激しいワークアウトで体脂肪を減らし、鍛え上げた腹筋を見せる …

no image

痩せすぎ女優を表現するのに使われた言葉

虚弱そうな、やつれた感じレールみたいに細い骨と皮骨が浮き出て見えるほどスキニー棒のように細い姿危ないくらいに病的ファッション・ページの紙よりも厚みのない姿マドラーみたいな姿気持ち悪いほど骨ばっている。 …