スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ガミガミと叱る母親と反発する子供

投稿日:

もし子供がおもしろいもの、楽しいと思ったものを発見して、「ねえママ!おもしろいものがあるよー」と声をかけたのに、「何よーうるさいわねー」「そんなことより早く歩きなさい!」とお母さんに怒られれば子どもは悲しくなります。ワクワク感でパアッとふくらんだ心の中の風船は、一気にしほんでいってしまいます。

好きではない人の言葉は聞きたくなくなります。むしろ親への反発の気持ちのほうが強くなっていきます。しかも心の中は「嫌だ、悔しい、悲しい、寂しい」の感情に占領された状態が続き、他のことに意欲を向けていくこともできなくなります。やがて心のエネルギータンクにも赤ランプがつき、残ったわずかなエネルギーを守るために閉じこもっていくようになるのです。
「うちの親は怒ってばかりで少しも自分を愛そうとしてくれない」と思う気持ちのほうが強くなっていくはずです。

おもしろい、楽しい、ステキだ、すごい、こうしたことを感じ取る感性・感覚を自ら麻痺させ、無気力、無関心、無感動、無感覚、無責任になってしまう。それが思春期に不登校や親への暴力となって現れて、はじめてわが子の心の中を知らされることになる親たちは少なくありません。

ガミガミ叱りつけて育てること

ガミガミ叱りつけて育てることが、子育てにおいて一番の愚の骨頂であることはおわかりいただけるでしょうか?そうしたことが繰り返されていけば、やがて子どもは自分の気持ちを言わなくなります。「また怒られて、楽しい気持ちが悲しくなっちゃうのは嫌だな」と思うからです。さらに、悲しい思いを二度と味わいたくないという心の作用が働いて、おもしろいものを発見しても、「おもしろい」と思うことそれ自体をやめてしまうようになります。

子どもと向き合い、硬く葉委縮してしまった子どもの心をほぐしていくには、親子ともに大変なエネルギーと体力の消耗を要します。親を嫌いになってしまった子どもほど悲しい存在はありません。それゆえ、自分を好きになれない、自分を信じることができない子どもほどつらい存在はありません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

抱いて欲しいと赤ん坊がサインを出したら

四カ月の赤ん坊ですから、まだ目はよく見えません。ですから、抱かれ心地で、お母さんを見分けたのだと思います。そこで、赤ん坊の気持を「思いやる」ならば、抱いてほしいと赤ん坊が要求しているときに、抱いてあげ …

no image

無言の子育てという方法もある

親に「まかされる」ことによって自発性が発達すると、「口答え」がでてきますし、行儀が悪くなったりします。ところが、友だちとはよく遊ぶことができるようになります。友だちを呼んできたり、友だちの家に呼ばれた …

no image

赤ちゃんは過去の記憶や出来事で今を積み重ねていく

生後二週日(約三カ月)あたりでは、あなたが目の前に置いてあげた物を両手でつかむのに、赤ちゃんは目を凝らし必死になって努力しなければなりませんでした。ところが、今ではよく見ると、赤ちゃんは物を触り、それ …

no image

不満が爆発してしまう前に

子どもが小さいときも、洗濯物の山の前で「なんで毎日毎日こんなに汚してくるのかしらーどうして私ばかりがこんなことをしなきゃならないの!」と不満が爆発しそうになることがしょっちゅう。そのときも「でも、もし …

no image

口を出さないという教育

「まかせる」という教育は、子どもがしていることをじっと見つめながら、口を出さない、手を貸さない教育です。子どもを見ていると、その行動には未熟な面がたくさんにありますので、つい口を出したり手を貸したりす …