スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ガミガミと叱る母親と反発する子供

投稿日:

もし子供がおもしろいもの、楽しいと思ったものを発見して、「ねえママ!おもしろいものがあるよー」と声をかけたのに、「何よーうるさいわねー」「そんなことより早く歩きなさい!」とお母さんに怒られれば子どもは悲しくなります。ワクワク感でパアッとふくらんだ心の中の風船は、一気にしほんでいってしまいます。

好きではない人の言葉は聞きたくなくなります。むしろ親への反発の気持ちのほうが強くなっていきます。しかも心の中は「嫌だ、悔しい、悲しい、寂しい」の感情に占領された状態が続き、他のことに意欲を向けていくこともできなくなります。やがて心のエネルギータンクにも赤ランプがつき、残ったわずかなエネルギーを守るために閉じこもっていくようになるのです。
「うちの親は怒ってばかりで少しも自分を愛そうとしてくれない」と思う気持ちのほうが強くなっていくはずです。

おもしろい、楽しい、ステキだ、すごい、こうしたことを感じ取る感性・感覚を自ら麻痺させ、無気力、無関心、無感動、無感覚、無責任になってしまう。それが思春期に不登校や親への暴力となって現れて、はじめてわが子の心の中を知らされることになる親たちは少なくありません。

ガミガミ叱りつけて育てること

ガミガミ叱りつけて育てることが、子育てにおいて一番の愚の骨頂であることはおわかりいただけるでしょうか?そうしたことが繰り返されていけば、やがて子どもは自分の気持ちを言わなくなります。「また怒られて、楽しい気持ちが悲しくなっちゃうのは嫌だな」と思うからです。さらに、悲しい思いを二度と味わいたくないという心の作用が働いて、おもしろいものを発見しても、「おもしろい」と思うことそれ自体をやめてしまうようになります。

子どもと向き合い、硬く葉委縮してしまった子どもの心をほぐしていくには、親子ともに大変なエネルギーと体力の消耗を要します。親を嫌いになってしまった子どもほど悲しい存在はありません。それゆえ、自分を好きになれない、自分を信じることができない子どもほどつらい存在はありません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親として伝えるべきこと

親御さんがこうしてほしいと思っていること、それはやめてほしいと思っていることなど、親御さんの主張を叱らずに伝えていくことができれば、感情的になって子どもを攻撃してしまうことも減っていきます。 子どもの …

no image

子供が扱いにくい時期に関するある研究

いわゆる扱いにくい時期、(私たちが生後二〇カ月の間に特定した時期)の一〇回のうち六回にまで、赤ちゃんの脳に大きな変化が見られたことを明らかにしています。そして、それぞれの時期のすぐ後には、精神的な発達 …

no image

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要

お母さんが投げかけている言葉が、わが子を創りあげていることをお母さんたちにはもっと自覚していただきたい。子どもは声の波長にも敏感です。叫ぶことなく低めの落ち着いた優しく明るい声で話すようにしましょう。 …

no image

子育ては楽しいことと感じていますか?

誰かに甘えることができるように、人の喜ぶことをして、人の役に立つことから始めましょう。それによって人から好かれていき、好意や愛情というかたちとなって結果があなたのところに還ってきます。それがあなたの心 …

no image

子供から目を離す親

運転している者は、子どもに対して絶えず注意を払うことが必要で、そのためのドライバーの教育を徹底することを切に望みたいのです。不注意は、お母さんの側にあります。交通事故にあうことの最も多い子どもの年が、 …