スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

学校から帰ってきた子どもに「何をしてきたの?」と聞きすぎない

投稿日:

幼稚園や小学校から帰ってきた子どもを、お母さんは、どのように迎えているでしょうか。お腹もすいているでしょうから、子どもの好きなお菓子を与え、楽しいお話を聞かせたり、それが終わったならば、ひざの上にのせて本を読んであげるなど、ひとときのいこいの場を与えてあげましょう。

家庭外に出てひとりで活動している子どもは、そこで楽しい体験もしていますが、一方では、緊張の体験、つまり、つらい体験や悲しい体験もしているのです。そのことを思うならば、まず、緊張をほぐすことを考えるのが、「思いやり」というものです。

ところが、子どもが帰ってくるやいなや、「今日は、何をしてきたの?」と性急にきこうとするお母さんがいます。初めのうちは話をする子どももいるでしょうが、だんだんに不倫快になって、「何にもしない」などと答えたり、黙ってしまう子どももいるでしょう。これでは、家庭に帰ってきたときの「くつろぎ」の気持を味わうことができません。

うちの子は学校の話を何もしない

「うちの子は、学校の話を何もしない」とか、「親に話をしない」などの相談を受けることがしばしばありますが、そのようなお母さんは身勝手で、子どもに対する「思いやり」がないのが特徴です。そして、かたくなに学校の話をしない子どもになってしまいます。

お母さんのイメージは悪いものになってしまいます。とくに小学校は、楽しいことが少なく、先生に叱られたり、友だちと争ったりすることがしばしばです。ですから、お母さんから「何をしたの?」ときかれても、子どもは困ってしまうのです。そうなると、お母さんはむきになって、「何にもしないことはないでしょう」などと声を荒げることになるでしょう。

よく「親子の間に対話が大切だ」といわれますが、子どもとの対話は、子どもがお母さんに話したいという雰囲気をどのように作るかが鍵となります。お母さんの方が一方的におしゃべりをしているのでは、子どもは話したくなくなってしまいます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

上の子を怒ってばかりいないで特別な思いをさせましょう

上の子が下の子をいじめたり、いじわるや乱暴をするようになったら、下の子はほうっておいてでも、しばらく上の子に特別な思いをさせましょう。子どもが「弟と私とどっちが好き?」と聞いてきたら、「〇ちゃんはママ …

no image

義理の母親が過干渉で孫を奪い取る

孫ができると、孫を母親から奪い取ってしまうお年寄りがいます。それは、自分なりの老後設計がないからです。お母さんは「子どもをおばあちゃんに取られてしまった」という表現をします。 似て非なるとは、「意気地 …

no image

無言の子育てという方法もある

親に「まかされる」ことによって自発性が発達すると、「口答え」がでてきますし、行儀が悪くなったりします。ところが、友だちとはよく遊ぶことができるようになります。友だちを呼んできたり、友だちの家に呼ばれた …

no image

子供のいたずらについて

子供のいたずらは、お母さんやお父さんがうける被害も少なくないのです。それだからこそ「いたずら(悪戯)」といってとめたくもなるのですが、子どもの立場にたっていうならば、児童心理学ですでにいわれているよう …

no image

三歳以降のしつけで叩くよりも生きてくるのが言葉の力

三歳を過ぎると、歯磨きができる、ひとりでお着替えができる、挨拶や「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるなど、生活習慣や礼儀についても身につけさせていきたい時期です。これは裏返すと、お母さんの「ダメ」「 …