スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

学校から帰ってきた子どもに「何をしてきたの?」と聞きすぎない

投稿日:

幼稚園や小学校から帰ってきた子どもを、お母さんは、どのように迎えているでしょうか。お腹もすいているでしょうから、子どもの好きなお菓子を与え、楽しいお話を聞かせたり、それが終わったならば、ひざの上にのせて本を読んであげるなど、ひとときのいこいの場を与えてあげましょう。

家庭外に出てひとりで活動している子どもは、そこで楽しい体験もしていますが、一方では、緊張の体験、つまり、つらい体験や悲しい体験もしているのです。そのことを思うならば、まず、緊張をほぐすことを考えるのが、「思いやり」というものです。

ところが、子どもが帰ってくるやいなや、「今日は、何をしてきたの?」と性急にきこうとするお母さんがいます。初めのうちは話をする子どももいるでしょうが、だんだんに不倫快になって、「何にもしない」などと答えたり、黙ってしまう子どももいるでしょう。これでは、家庭に帰ってきたときの「くつろぎ」の気持を味わうことができません。

うちの子は学校の話を何もしない

「うちの子は、学校の話を何もしない」とか、「親に話をしない」などの相談を受けることがしばしばありますが、そのようなお母さんは身勝手で、子どもに対する「思いやり」がないのが特徴です。そして、かたくなに学校の話をしない子どもになってしまいます。

お母さんのイメージは悪いものになってしまいます。とくに小学校は、楽しいことが少なく、先生に叱られたり、友だちと争ったりすることがしばしばです。ですから、お母さんから「何をしたの?」ときかれても、子どもは困ってしまうのです。そうなると、お母さんはむきになって、「何にもしないことはないでしょう」などと声を荒げることになるでしょう。

よく「親子の間に対話が大切だ」といわれますが、子どもとの対話は、子どもがお母さんに話したいという雰囲気をどのように作るかが鍵となります。お母さんの方が一方的におしゃべりをしているのでは、子どもは話したくなくなってしまいます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分から進んで勉強するようにする

自発性の発達しているお父さんは、子どもに問題が起きるまでは妻まかせにしていても、いざとなると妻といっしょに相談を受けにやってきます。そして、積極的に問題の解決に当ろうとします。 子供の自発性が発達して …

no image

子供の知能が低いと思われる場合でも

幼稚園のときにも、先生から、知能の低い子どもではないかと疑われた。しかし、知能テストをしてみますと、ふつうの知能の持ち主であり、友だちとの遊びの中では、けっこう知恵をはたらかせていましたから、よく遊ぶ …

no image

赤ちゃんにとっての幸せとは?

大抵の母親は赤ちゃんの反応を「試してみたくなる」ものです。赤ちゃんがどんなことに満足したり、喜んだりするのか見つけたいと思うのです。それについて、母親は規則やきまりを嫌がりますが、適切なアドバイスはよ …

no image

子供の怪我をいつまでも怖いとばかり言っていてはダメ

活動的な子どもは、それだけけがを多くします。いろいろなけがの体験は、それに対しての注意力を養うのには大切なことで、それによって、大きなけがを防ぐことができるのです。小さなけがをしたことから、だんだんに …

no image

赤ちゃんがよく泣く、欲求が強くなるなどの兆候が出ると

生後八週目から九週目にかけて、あなたの赤ちゃんは以前より欲求が強くなり、大声で泣くことも多くなります。これは赤ちゃんにとって、身心の変化による心の緊張を表現する手段となるからです。この月齢になると、泣 …