スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

夫婦話し合いをする方法やその時間

投稿日:

話し合う時間は、どのようなときがよいでしょうか。それは、子どもたちが寝しずまってからのひとときです。二人でお茶を飲みながら、家事や育児について話し合うことができれば、最もよい条件を作り出していることになります。

家事にせよ育児にせよ、夫婦で家庭を運営していく以上、二人の間でよく話し合うことが必要です。その点を、結婚式のスピーチなどで「二人三脚」という言葉で表現しています。どの夫婦も、この「二人三脚」を期待して結婚したことでしょう。その期待どおりに、二人の間で話し合いが続いている家庭には、「二人三脚」の明るさと暖かさがあります。つまり、団らんのある家庭です。

妻が子どもの話をするときには、発達のすばらしさやともに遊ぶ楽しさを報告することを忘れてはならないでしょう。子どもについて扱いにくい問題ばかり話されたのでは、それをきく側の夫は、くさくさしてしまいます。

お母さんが家庭の主婦であれば

お母さんが家庭の主婦であれば、家事や育児の実際はお母さんの手にゆだねられているわけですが、その中で、一人で心を合せておく必要のあることや、決定しておかなければならないいくつかのことがあるはずです。その点で、積極的に耳を貸し、自分なりの意見をいってくれる夫であってこそ、妻の情緒は安定します。

疲れて帰ってきたときなどは、妻からそうした話をきかされることには、くさくさしてしまう夫がいるかも知れませんが、自分の両親の面倒をみてもらっていることを思えば、その点はがまんをしなければならない。

話の内容が、明るいものであることが、夫婦の話し合いを継続するコツともいえましよう。しかし、お年寄りといっしょに住んでいるときには、妻はつらい思いをすることが少なくないので、夫はその話をきいてあげる役割をになってほしいのです。話を親身になってきいてもらえるだけで、妻の心のしこりはとれるからです。夫婦が共働きをしているときには、家事や育児は共同の責任になりますから、いっそう二人の間の話し合いは重要です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

黙っていてもわかり合うことができる関係に

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ …

no image

あんたなんか産むんじゃなかった

小さい頃から「こうしなきゃダメ」「ああしないとダメ」と、ダメダメばかり言われてきた子は、「自分はダメな子なんだ」と思うようになっていきます。「なんであなたはできないの?」「早くしなさい、のろまな子ね」 …

no image

いたずらっ子は探究心の現われ

早くからお母さんから離れていても平気な子どもがいて、お母さんにとっては独立心のある子のように思えるかも知れませんが、そうではないのです。お母さんとの情緒的な心の結びつきができなかったために、お母さんに …

no image

生後11週以降の赤ちゃんの仕草や行動

生後一一週から一二週にかけて、あなたの赤ちゃんは次に紹介するような一連の仕草や行動を見せてくれるでしょう。これは移り変わる世界、で、次の成長のステップをク迎える準備をしているサインなのです。 ・親指を …

no image

幼稚園くらいの子供のケンカに親の仲裁は必要か?

昔から、子どものけんかに親が出るなーといわれてきたのは、まさに名言といえる。ところが、お母さんやお父さんの中には、子ども同士のけんかに口を出したり、それをとめにかかったりする人が少なくありません。とく …